23)オフィシャル初体験
 99/01/15


 11月21日、今回は自分が走るんでなくってレースのオフィシャルに行ってきました。旗振りのお手伝いです。だけど私はまったくのド素人。そんなんでもい〜のか聞くと「経験者とペアを組むんで大丈夫。それにコースの真横で見れるから勉強にもなりますよ〜」とのお誘いで決定。

 この日のレースはゴールドカップ最終戦。メインイベントはツーリングカーによる500km耐久です。現地集合が朝6時半と早朝なので、出発はまだ真っ暗な午前4時。APに到着した午前6時でもまだ星が奇麗でした・・。

オフィシャルミーティング 6KB
未明のミーティング。外はまだ真っ暗。

 夜も白々と明け始める頃、オフィシャルミーティングの開始。内容はいつものドラミに少し似てるものの、さらに詳しく説明を受ける。例えば黄旗2本振動と1本振動の違い等。なるほど・・。(いやしかし、夜明けのサーキットは某TVゲームのオープニングムービーそのまんま)

 うかつだったのはミーティング後。すぐに現場に配置開始だったのですが、呑気な私は準備の時間ぐらいあるだろうと、荷物をまったく持たずに出席してたのです。おかげで少し慌てる羽目に。どーりで皆んなおっきな荷物を持参してたわけだ・・。それと現場への配置に車が足らず、私らが乗せられたのは救急車。私、生まれてはじめて救急車に乗りました。はは。

コーナーポスト 7KB  20番ポスト 7KB
 20番ポスト            目の前はコース

 私が担当したのは20番ポスト。複合コーナー出口の場所です。ポストはコースのすぐ脇なんで、レース見物には確かに最高の場所。だけどやってみるとただでさえ初めてなのに、常にコースに注意してないとならないんでけっこ〜大変。しかも風は冷たいし雨まで降ってくるし、だのにレースは夕方5時までつづく長丁場だしで、けっこ〜くたびれたのも事実でした。

ポスト左手 5KB  ポスト右手 5KB
ポスト左手はブリッジ下         ポスト右手は複合  

 上はポストから左右を見渡したところ。右手は複合から立ち上がる部分なんで、各車のラインの違いがよくわかります。途中、小雨が降り始めて多重衝突が発生!SC(セーフティーカー)導入なんて緊迫した場面もありました・・。

相棒のN村さん 7KB  あんまりお世話になりたくないキャタ 10KB
 低速車だ!それ白旗だ!      レスキュー班のキャタピラ車

 左上の写真は私とペアを組んだ熊本のN村さん。コントロールタワーと各ポストは、電話と無線機(固定機とハンディー機)を使ってしょっちゅう連絡を取り合ってます。室内にはストーブもあるんですが、窓を全開にしてるため効果なし。寒かった・・。

 印象深かったのはレース終了直後。ドライバーの健闘をたたえて各ポストでありったけの旗を振るんですけど、通過するドライバーも手を上げたりパッシングして応えてくれるんです。あれってなんだかすごく嬉しかったなぁ・・。


 ←前へ   次へ→ 

↑メニューに戻る