12)入院
 97/12/15


 さて、あの長いホームストレートでも160km/hしか出なくなった私のランサー。それに最近は燃費もえらく悪かったし、だけどまだまだ乗るぞ〜!ってなわけで、ついに入院させることに。

 ちなみに今月でランサーは満12歳。つまり13年目に入りました。いくら車齢のわりには走行距離が少ない(8万4千km)っても、まだ一度もタイミングベルトもクラッチも交換したことない。だもんでこの際あちこち。

エンジン タイミングベルト交換
バルブクリアランス調整
点火時期(無鉛ハイオク仕様に進角)
補機類 エアフローメーター洗浄
燃料ポンプ&フィルター交換
補機ベルト交換
その他 ミッション&デフオイル交換
サーモスタット&クーラント液交換

 見ての通り、車齢に見合ったごく一般的な内容です。交換パーツもごく普通の純正品。つまりコンセプトは単なるリフレッシュ!(違うのは点火時期を進めた点だけ)

 すると入院先から連絡あり。マフラーが腐ってて「もう限界」とのこと。で、一瞬スポーツマフラーへの交換も考えたのですが、結局また純正品に。ノーマルなら値段が安いってのと、音がうるさいのは嫌だったから。それにここまで来たら半分意地です。それで追加したのが下記のメニュー。

補機類  マフラー交換(純正)       
インテークパイプ交換

 でさてリフレッシュの成果は?試運転すると合格点。中速のトルクがググッと増えて、かなり往年(?)のパワーが戻った感じ。アクセルもずいぶん軽くなりました。これなら燃費もかなり改善してくれそう。うん、まだまだ当分は乗れるぞ!


 ←前へ   次へ→ 

↑メニューに戻る