9)そして2年・・
 97/11/23


 そ〜して2年後の今年。倉庫で眠ったままのタイヤが「勿体ないなぁ」などと漠然と考えていると、「また走行会を始めたからよろしく」とのお誘いが。(レーシングパークは再びオートポリスの名前に戻って営業を再開してたのだそ〜でした)

 う〜ん、でもあれ以来すっかりオジサン的運転しかできなくなってる私です。なのにそんな動機で果たしてサーキットが走れるものでしょうか?なんてことも少しだけ考えましたけど内心は固まってました。「行くっきゃない!」

 再びゴソゴソとコース図を引っ張り出すと、さすが2年のブランクは長かった?せっかく考えてたラインとか、細かいことはすっかり忘れてしまってました。けれど前回のビデオテープが残ってましたんで、復習は割と順調に。残る問題は当日の天候だけ!

久住山を背景に2 4KB  受付に集まった参加車両 5KB
 初めて好天に恵まれる     ゲート前で受付を待つ参加車

 そして走行会当日。今回は天候もバッチリ。間違いなく過去最高。むしろ天気が良すぎて気温が心配なくらいの好天です。で、今回からデジカメも持参してましたので、受付に集まった他の参加車両もパチリ。車種を見るといつも一番多いシビックが意外に少なく、そのせいかかなりバラエティーに富んでます。(初代RX−7やソアラがわかります?)

走行準備 4KB  車載カメラ 4KB
 走行前の下準備        助手席のビデオカメラ

 ちゃんと走れたのは1回きりの私ですけど、走行会への参加は今日でもう4回め。おかげで下準備だけは手慣れたもの。受付を済ますとレンズ類の飛散防止を施して、冷却のためにナンバープレートも外します。(車種によっては体感できるほどパワーアップしますよ)

 残念なのは、今回一人で来たためストップウォッチを押してくれる人が居ないこと。オートポリスには1/1000秒まで測れる計測器もあるのですが、私の参加してる走行会では使えません。なのでビデオカメラだけが頼りです。(あとで録画を見て測るつもり)

 幸い今日は参加台数も少なく走りやすそう。考えてきたラインがどこまで通用するか楽しみです。いちよタイムは15秒短縮の2分38秒が目標ですけど、さすがに4回目ともなるとまったく緊張してません。リラックスしてます。むしろ緊張感がちょっと足りないんじゃ?ってぐらい・・。


 ←前へ   次へ→ 

↑メニューに戻る