BuNGO Channel 第3期ブロードバンドコンテンツつくり勉強会

鶏めし保存会ビデオ撮影会


2005年1月30日、NPO法人「BuNGO Channel」の企画で
受講生・スタッフ総勢約30名で吉野鶏めし保存会の
ビデオ撮影会がありました。

BuNGO Channelのホームページ


   
観光バスをチャーターしました。

バスの中では狩谷講師による
受講生の作品の講評が行われています。

的確なご指摘が大変勉強になります。


山中でバスを降りてテクテクと。


吉野の里はこんなにのどかな所です。
春夏はさぞや緑が綺麗でしょう。

見えてきました。
鶏めし保存会の調理場です。


昔は「鳥」の字だったんですね。
キジや山鳥の肉を使っていた頃も
あったそうです。

調理場の入り口です。

靴を脱いで中に入りましょう。

帆足社長から保存会の歴史について
お話していただきました。




長い歴史にはいろいろな苦労も
ありましたが、
吉野に大きな収入と雇用を創出
できたそうです。
地域起こしの大成功例ですね。

さて、具の材料。

脂ののった美味しそうな鶏肉です。

設備を観察する受講生の方々。


隣の部屋では今日の分の鶏めしを
作っています。

BuNGO Channelスタッフ男性陣。

同じく女性陣。

まずは脂を炒めて、鶏肉を炒めます。

味わい豊かな吉野のゴボウ。

お米をバケツにザーッと入れて・・・


自動とぎ器で一気にとぎます。
お米は吉野で作ったヒノヒカリ。

こちらには釜が並んでいます。

釜でご飯を炊きます。

具も出来ました。

炊き上がったご飯に具をドバッと。

かき混ぜずにそのまま再度炊きます。


「火はこうやって撮ればいいですよ。」
狩谷講師のレクチャーです。

炊き上がったご飯を・・・

木の桶にドサッ。

底の方はまだ白いお米です。

それをかき混ぜかき混ぜ・・・

受講生もかき混ぜ体験。


みんな構図を考えながら
ビデオ撮影しています。

隣の部屋に移って、パック詰めです。


湯気がこもらないように
扇風機で切ります。

手早く漬物を置いて・・・

最後に梅干を乗せます。

出来立ての鶏めし。
美味しかったですよ。

こちらはお土産として買って帰ります。


外に出ても狩谷講師のレクチャーは
続きます。

「曇ってて色が足りないなぁ・・・
ちょっとそこを赤いジャンパー
斜めに向かって歩いてください。」
「はい。 (^^;」

鶏めし保存会の皆様、お世話になりました。
本当にありがとうございました。

私はデジカメOnlyでしたが、受講生の皆さんが作った動画コンテンツを
見せてもらうのも楽しみです。(^_^