2005.07.17 長者原 
今日は、ブンゴチャンネルの大石隊長企画のアウトドア部・光画部共同イベントのブンゴデイキャンプに行きました。

11時30分に大分を出発した森隊員、石田隊員、池田隊員の3名は、長者原で大石隊長と合流でした。
さっそく設営地の探索をすませた大石隊長はコケモモアイスを食しておられました。なので、隊長に続け!ということで、隊員3名もコケモモアイスを購入、おいしくいただきました(写真忘れた…)

設営地はくじゅうやまなみキャンプ場(だったっけ?)に決まり、隊長の指令のもと、着々と本日の任務は遂行されていくのでありました。

さすが隊長、手際よく調理が進んでいきます。隊員3名は調味料の準備や火器の準備、食器の洗浄、水の調達等に走ります。
さらに、ピラフに使う米はすでに洗米、計量済み!環境にも段取りにも心配りのある隊長でありました。

ここで、想定外のアクシデントが発生!火器準備の森隊員より、使う予定のコンロがひとつ、どうも使えない模様と報告が!?
うろたえる隊員に「まあ、ひとつでも大丈夫」と言いながら調理に余念のない隊長。パスタはできるのかちょっと心配する池田隊員。

ピラフの加熱が終わった時点で、鍋をおろし後は余熱で調理。なので、空いたコンロでまずはお湯を沸かします。本日のパスタは辛子明太子とカルボナーラ。こちらはちょっとラクしてインスタント。ソースを温めるだけです。ここで調理法に物言いが!石田・池田両隊員は日頃主婦業にいそしんでおり、パスタとレトルトのソースは一緒に湯がいちゃって良いんじゃない?と進言。隊長は不本意のようでありましたが、いいでしょ?と押し切る隊員に「ゆでてよし」と許可がおりました。

その上、森隊員に至っては「多すぎるのではないか」と危惧する隊長の制止を押し切ってパスタを全量鍋に投入。後で苦しい思いをするのでありました。とはいえ、ぶじ調理は完了。
ピラフとパスタ二種が完成しました。

さて食べようと思ったら、急に雲行きが怪しくなり、大粒の雨が落ちてきました。急遽屋根のある場所に避難し、そのまま食事に突入でありました。ピラフは、隊長の手際が良かったからかとても簡単にできて、おいしくいただきました。思わず池田隊員は帰りにダッチオーブンを買いたくなってしまったり…(後日ちょこっと見に行った模様)終了後、キャンプ場の管理人に「大石以下4名、帰ります!」と挨拶。極秘任務にかかわらず、礼儀正しさを見せる隊長に隊員一同敬礼!でありました。設営から撤収まで2時間あまり、何事もなくキャンプ場を後にすることができたのは大石隊長の調理・撤収の早さだったからかもしれない。。。

アウトドア部の活動もひとくぎりしたので、雨も上がった長者原で光画部撮影会でした。あやめや、、、ああ、花の名前が今ひとつわからないけれど、小さなお花がさいていました。残念ながら志半ばにして、カミナリがなり始めたので撤収でした。

撮影が短時間で残念でしたが、かわりに温泉にはいって帰りました。星生ホテルの露天風呂を堪能しました。温めのお湯だったのでゆっくりはいることができました。帰りはお肌がツルツルになって帰りました。(これまた写真撮りそこないました)その後、大石隊長以下3名は夜の大分市へ。次の会合へ向かうのでありました。

関連リンクはこちら