PR: ビックカメラ.com
PR: 【価格.com 自動車保険】あなたにぴったりの保険を探そう!

ディーラーでの下取りは損?!

カーディーラーで下取りを依頼すると、下取り価格と、割引価格が同時に見積もられます。
この場合の問題点は、割引価格と下取り価格の線引きが曖昧になってしまうことです。

下取り価格と値引き価格は、はっきり分ける

1枚の見積もり書に下取り価格と値引き価格を書いていると、ざっくりした合計にしか目が行きません。
見積もりを出した人の裁量によって、値引きを大きく見せて、下取りを買い叩いたり、割り引かない分下取り価格に上乗せしたり、
など、テクニック次第で何とでもなるのです。

”値引きは値引き”、”下取りは下取り”とそれぞれ交渉するべきですが、現実的にはなかなか難しいものです。

何故難しいか?

それは、”本当の査定額が判らない”からです。

中古車の本当の価値を知る

買取価格は、その時の中古車の相場で決まります。

なので、”実際いくらで売れているのか?”を調べるのが最善なのですが、素人ではこれが難しい。

しかし、本当の適正査定価格はともかく、売却する方から言わせて貰えば、
査定は高ければ高いほど良いということになります。

最も高い査定、これは”この価格で買い取っても十分儲かる”というギリギリの価格で、
はっきり言って、これが適正価格なのです。

適正価格を知ることで、値引き交渉も有利に展開できる。

ディーラーに値引き交渉しているときも、下取り有りと下取り無しの両方の見積もりを取ることは重要です。
さらに、きちんと査定した場合、査定額がいくらになるのか知っておけば、その下取り価格が高いか、安いか、
また、値引きの分を下取りに上乗せしていないかなどが見抜けるようになります。

キチンと査定することは”高く売る”だけが目的ではなく、自動車の本当の価値を知るという事です。

高額査定(本当の価値)を知るために

価格.com自動車保険 比較・見積もり

とにかく必要なのは、査定を受けることです。
そこが、”適正価格”かどうかの判断です。

できるだけたくさんの査定を受ける。

価格交渉たって、前述のように中古車の相場をしらなければ交渉のしようがありません。
しかし本当の価値を調べるのは簡単です。自動車買取業者の見積もりを取ればよいのです。
しかも、たくさん!!←ここがキモ!!

実は買取の交渉などしなくても良いのです。
いろんなところからたくさんの買取見積もりを取って一番高い価格を調べます
これが適正価格になります。

たくさんの見積もりを取る、これが可能なのは、無料だからです。
多くの業者が無料で簡単に買取価格を出してくれます。
これを利用しな手はありません。

たくさんのお店の見積もりを取るのには、理由があります。

買い取りサービス各店は、当然売るために買うわけです。
ですから、売れる車を手に入れるために必至なわけです。

この”売れる車”は、各店によって売れ筋が違っています。
同じ車でも、店によって、良く売れたり全く売れなかったりと、それぞれ状況が違うわけです。
だから、同じ車でも、「欲しいお店」「要らないお店」とあるわけです。

「この車は売れる、ぜひ欲しい」と思うお店は、買い取り価格が高くなります。
「こんな車、買い取っても売れないから要らない」と思うお店は買い取り価格が安くなります。
同じ車でも買取サービスのお店によって価格差があるのはこのためです。

驚きの価格で買い取ってくれる裏技とは?

たくさんのお店に見積もりを取ってもらうと、当然時間がかかりますよね。
時間をかけて、高値買取のお店を捜していると、お店の方から「見積もりを出した車、まだありますか?
売ってくれませんか?」と店の方から頼んでくる場合があります。

実際に管理人が体験した、2つのケースを紹介しましょう。

一つ目のケースは、マニュアル車です。
一度は、「マニュアルは買い取れない」と断られた、ある買取サービスのお店から電話がかかってきて、
「昨日の車、ぜひ買い取らせて欲しい」と言ってきたのです。
マニュアル車は、売れにくい車なので、買取価格は叩かれる傾向にあるのですが、客が「絶対マニュアルが欲しい」という話になれば別です。
一転、マニュアル車は貴重になり、高値で売れました。

2つ目のケースは、実は、超人気車だった・・というケースです。

ディーラーに下取りするつもりで、新車の購入見積もりに下取りを入れていたのですが、とりあえず、見積もりを取ってみました。
そこで、下取りは損という話を僕がしたところ、その車を中古車センターに持ち込んだそうです。
その店の買い取り価格は、最初の見積もりでは、下取りと大差なかったのですが、次の日、買い取りサービスの店に見積もりを取ったところ、若干買い取り価格が高くなっていたらしいのですが、まだまだ下取りと大差ありません。
そこに、前述の中古車屋から電話がかかったそうなんです。
「昨日の車を買い取らせて欲しい」と。
これが、驚きの高額買取価格で、本人は大変喜んでいました。

後で判ったのですが、その車、中古車市場では超人気車で色も最適。
元々不当に安い値段で買われようとしていたようです。
ディーラーも基準価格しか提示しないし、中古車屋も足元を見てたわけですね。
そんな状態だったのに、買い取り価格を比較していると気づいたので、慌てて連絡してきたわけです。

「売れる車は、欲しい」のが本音。
でも、相手も商売だから、最初から高値を提示しないんですよね。
この辺り、言い値にならないように、ちゃんと複数の業者と比較して最終決定意するべきです。

以上、2つのケースから言えることは、2つ。
”売り急がない” ”複数の業者で比較する”という事です。

できるだけたくさんの見積もりを取るのが理想ですが、どうしてもめんどくさい方には、一括で、たくさんの見積もりを取る方法もあります。
下↓のリンクは一括買い取り見積もりのサービスです。

*注意
一括で見積もりを取得した場合も、比較検討は必要です。
言い値で手放してしまうのだけは避けましょう。

オークションで売る

これは、いくらで売れるか判らないし、車は所有権の移動、登録地の変更、車庫証明など、いろいろとややこしいので、ある程度の知識が必要だと思います。
もちろん、自分でできれば高く売ることも可能ですので、チャレンジの価値は十分にあると思います。
むしろオークションで売買の経験のある方は、どんどんやってみるべきでしょう。

まずは、下のリンクで、自分の車と同程度の車が、幾らいくらで落札されているか調べてみましょう。

廃車するにもお金がかかります。

あまり古すぎるなどの理由で、売れなかった場合、廃車となるわけですが、昨今は廃車にもお金がかかります。
この廃車費用もなるべく安くしたいわけですし、無料!とか、万が一でも価格が付くかもしれません。
やはり、見積もりは一応ゲットするべきでしょう。