オートバックスドットコム









エスセーヌ・お顔のエステ「ヘッドファーストフェイシャル」
「若見え肌が嬉しい!」体験者I様(40歳)談 など喜びの声が続々!

ネットで売っているタイヤは本当に安いか?

実は、本当に安いです。
さらに有利なのが、お店と違って価格を比較検討できるところです。
楽天やヤフーなどでも出店している店によって、値段が違いますから、
ちゃんと比較してから購入しましょう。

重いから送料が高い?

それが、そうとは限らないんです。
送料代を入れたら地元のお店の方が安かったって話になると、売れないのも判ってるんです。
ですから送料も格安のところが多いのです。
一度に4本まとめて購入する場合は、特に安くなる傾向にあります。
中には「4本まとめて注文だと、500円未満」なんてところもあるぐらいです。

楽天のタイヤ

ヤフーのタイヤ

オークションで掘り出し物・アウトレットをゲット

ネットには、掘り出し物、のタイヤが多数販売されています。
特にお勧めなのが、オークションです。

オークションに出ているアウトレットには、型落ちの商品や、冬の終わりのスタッドレスのように、時期外れの商品などが多数出品されています。

205/60R16 ENASAVE RV503 サマータイヤ1本 ダンロップ エナセーブ

また、個人では、「ホィールを買い換えたので、新品のタイヤが使えなくなった」などの理由で、真新しいタイヤが激安で出品されていることもあるのです。

一度はごらんになってください。

Yahoo!オークション

ドレスアップスーパーフェア

タイヤ交換をどうするか?

僕僕の場合、スタッドレスと、夏用タイヤを履きかえる必要があり、何度もタイヤ交換をしています。
何度もやっているうちに気が付いた事があるので紹介しましょう。

タイヤを買わなくても気軽に交換できる。


まず最初の疑問は、タイヤを購入していないのに、タイヤ交換だけお願いできるのか?
ってところですよね。
答えは「できる」です。
季節ごとの交換ですから、毎回のようにはタイヤを購入しませんよね。
自宅に保管していたタイヤを積んで、お店に持ち込んで交換してもらうわけです。

これ意外に、どのお店も歓迎してくれます。
お店としては、商品を買わなくても「サービス」で売り上げがあがるので、それで良いのでしょう。

タイヤ交換にかかる費用

交換手数料は、店によって大違い!!

管理人がよ良く利用していたのはカー用品店です。
タイヤ1本の交換と、バランス取りで、500円、4本で2,000円の支払いです。
これを春と秋にやるので、年間4,000円のランニングコストですね。

実は、つい最近まで、この作業料2,000円は、相場だと思ってました。
ところが、ある時、「もっと安いところがあるよ」と教えてくれた方がいて、調べてみたんです。
すると、確かに安いところがあるんですよ。これは驚きました。

とりあえず、何も考えず、近所のカー用品店に持ち込んでいたのは、失敗だと判ったのです。

タイヤ交換手数料は店によって違う

タイヤ交換料に相場なんてないという事実は、けっこう衝撃でした。
店によっては、購入・持ち込みに関わらず1率の値段もあれば、持込だと、高額になる場合もあります。
また、1本だけとか、4本まとめてとかで、割引があるケースもあります。
これが、同じ系列でも店や場所によって違うこともあります。
○ー○バックスだったらいくら、とか○○ハットだったらいくらとかの基準もないわけです。

穴場はガソリンスタンド

最近のガソリンスタンドは、主力のガソリンが低価格競争で利益が薄くなっているので、
洗車や車検など、サービスで客を取り込もうと必至です。
タイヤ交換もそういうサービスの一環ですから、気軽にやってくれるのです。

タイヤ交換作業料が安いところを捜そう!

タイヤ交換の作業料金は、ネットでも検索できます。
「タイヤ交換」「料金」「持ち込み」などのキーワードの他、地域でも絞り込んで近くのショップを探します。
手数料が安くても、あまり遠いとガソリン代がかかるので意味がなくなりますよ。

決め手は電話だ!

管理人の場合、最終的にはイエローページを利用して、作業をしてくれそうなところに
片っ端から電話をかけて料金を聞きます。
「カー用品量販店」「ガソリンスタンド」「修理工場」など、その気になれば、対象はかなりあります。
電話をかけて「持ち込みタイヤの交換はいくらかかりますか?」と聞くだけ。
どこも「ぜひ、うちでお願いします」という感じで対応してくれました。
中には「○○は幾らだったよ」と言うと、ディスカウントしてくれるところもありました。
ようするに交換手数料って、基準は何もないんですよね。
幾らと言えば、幾らの世界なのです。

Webで購入 実店舗で交換という手もある。

例えば、イエローハットやオートバックスなど、大手のカーショップは、Webサイトも持っています。
こういうお店はWebで格安タイヤをゲットして実店舗で交換なんていう裏技が使えます。

ネットで新製品をチェックしよう!!

ネットでは情報のスピードが命です。
ですから、新製品でも手に入りやすいし、型落ちしたものは、すぐに安くなります。
また、「タイヤは生もの」と言われるように、使わなくてもだんだんゴムが劣化してきます。
ですから、なるべく新しいタイヤをゲットされることをオススメします。

新製品が出た後の、安くなった型落ちを狙うもGOODですよ。
Yahoo!オークションなどでは、そういったねらい目のタイヤがゲットできます。

最近のトレンドはエコタイヤ

新製品を狙うのならば、エコタイヤがオススメです。
普通のタイヤよりは高価なのですが、燃費が良くなりますので、
「元取る」とはまでは言えませんが、オススメです。

エコタイヤでガソリンを節約

中古タイヤという手もある。

格安という意味では、中古品も見逃せません。
こちらもぜひチェックしてください。

中古タイヤ・ホィール