PR: ビックカメラ.com
PR: 【価格.com 自動車保険】あなたにぴったりの保険を探そう!

めんどくさい装備では使えない

積雪の無い道ではチェーンを付けたまま走れない。
チェーンの最大の欠点はここにあります。
これさえ我慢すれば安くて滑り止め効果の大きいチェーンは非常役に立ちます。
しかし、これを我慢するのが難しい。

例えばトンネルの中は積雪しないので、高速道路などでは必ずチェーンを外さなければいけません。
(ゴム製は許可しているところもある)
トンネルの手前で外して、トンネルから出たらまた着ける。
深夜に、この作業をやっている人を見ると、いくら節約とはいえ「ご苦労様」と思ってしまいます。

しかし雪が降ってる時に、これがめんどくさくなると危険です。
例の「ゆっくりなら大丈夫」とか「短い距離なら大丈夫」なんて、妄想が沸々と沸いていきます。

じゃあ、チェーンの着け外しをマメにやる人なら問題ないか?
というと、これまた「実は・・・」という話があります。

雪の無い道で効果を発揮するスタッドレス・タイヤ

自分の経験で申し訳ないのですが、実は、僕はスタッドレス・タイヤの購入費分ぐらいの元はとったと思っています。
その経験はこうです・・・。

ある朝のことです。
その日は家の前には積雪していたものの、国道の雪は融けているようでした。
大分県内でもけっこう飛ばす人が多いその道で、一瞬ハンドルを取られました。
「あれ?」と思いましたがちょっとフラついた程度で無事会社に到着しました。

しばらくすると会社の同僚から「渋滞じゃなかった?」と聞かれたので、どうしてか聞くと。
どうも、僕が通った後にスリップ事故があったようです。
そう、あのハンドルを取られた場所、そこは凍結していたようなんです。
僕はスタッドレスだったので、なんとかセーフだったわけですね。

もう一つ紹介しましょう。

雪解けの道を快調に走っていると、橋の上だけ凍結しているのを発見!
けっこうな速度だし、直角カーブの先の橋の上です。
完全にヤバイ状況だったのですが、減速が間に合わず、そのまま橋へ突入!
「お願い、曲がって!!」と祈るような気持ちでハンドルを切ったのですが・・。
車は何事もなかったように、普通に橋を渡りました。

これもスタッドレスでなければチェーンを外している状態で橋の上に入ったので、絶対アウトだったでしょうね。

この経験で判ったのは、「凍結はない」と思ってチェーンを外して走っていると、突然現れる氷に対応できないということです。

上記2回の経験では、道路の凍結など、まったく予想していなかったので、スタッドレスでなければかなりヤバイ状況でした。
事故っていたら、物損だけでも10万や20万では収まらなかったでしょうね。
人でも跳ねたら、その後の人生設計が狂ってしまいます。
本当に「スタッドレスでよかった」と思いました。

これで完全に元を取っています。
めんどくさがり屋でなくても、スタッドレスは有効だ!という事を立証した瞬間です。

実はお得なスタッドレス・タイヤ

タイヤのスリップ・サインはご存知でしょうか?
タイヤの溝が減ってきて、スリップ・サインが出ると、交換時期・・という印です。

実は、スタッドレス・タイヤには、このスリップ・サインが2種類付いています。
一つはスタッドレスとしての性能を保証するサイン。
もう一つは、普通のタイヤとしての性能を保障するサインです。

・・・って事は?
そうです、スタッドレス・タイヤって、磨り減って積雪道路で性能を発揮しなくなっても、普通のタイヤとして十分使えるのです。
この普通のタイヤとして使える期間が結構長いので、夏用のタイヤとしても十分満足できます。
ここまで書くと、なんとなく理解できると思いますが、
スタッドレス・タイヤは、ノーマルヤ・タイヤより寿命が長いのです。

うまく、普通のタイヤとして使う期間を夏に合わせれば、とっても寿命がながくなり、かなりお得なのです。

next>> スタッドレス・タイヤの選び方