PR:価格で選べる【Goo-net】の車検
PR: 【価格.com】自動車保険を徹底比較!

車検にかかる費用

皆さん!車検にかかる費用って、本当に知ってますか?

実は、車検にかかる費用は、重量税、自賠責保険が大部分です。
重量税と自賠責保険は車によって決まっている費用ですから、調べてみれば、すぐ判ります。

自分の自動車を車検に出すときは、見積もりを取りますよね。
その見積もりから、重量税と自賠責保険代を引いた価格、これは車検とは直接関係のない点検費用や消耗品の部品代、そして点検・修理にかかる人件費、業者の利益などになります。

自分の自動車の重量税、自賠責保険がいくらになるのか、↓コチラのシュミレーションで判ります。

自動車 購入経費 維持費 自動計算 シュミレーション 

エコカー減税の効果

実は、車検にかかる費用の中で大きいのは重量税です。
そしてこの重量税は、エコカー減税の対象になります。

エコカーの維持費が安くなる理由はこのようなところにもあります。

ディーラー車検

車を購入したディーラーで受ける車検。
基本料金が高いので、敬遠する方も多いとは思いますが、実はメリットもたくさんあり
無視できない方法です。

管理人は、通常ユーザー車検を行っていますが、今までに2度ほど
車を購入したディーラーに出しています。
もちろん費用以上のメリットがあったからです。

実は、2回とも、たまたま車に不具合があって、修理を考えていたのです。
一回目は、ヘッドライトの曇りで、HIDがまだ高価だった頃だったので、
修理費が30万前後の見積もりでした。
この費用を車検込みの保障で捻出してもらったのです。
これは大きな節約でした。

2回目は、エアコンの温度調節ボタンの不良。
これも、車検を受ける引き換えに保障に入って、無料で交換してもらいました。
これも4〜5万円ぐらいの費用が無料になっています。

上記は車検に絡んだ交渉をディーラーのセールスと行った結果、
先方が誠意を見せてくれたものです。
こういう結果がついてくれば、ディーラー車検も高くないという結論でした。

それにオマケも付いています。
ディーラーから代車を持ってセールスが車を取りに来るので、
時間的なロス、車がないという不便さがありませんでした。

民間車検場

次に一般的なのが、ホリデー車検 のような民間車検場でしょう。
実は、ここ2回ほど管理人は、民間車検場を利用しています。
これにも、もちろん理由があります。
一つは、車検をすればグッズが安くなるというメリットを生かしました。
利用したのはガソリン・スタンドが併設している車検場で、
車検と同時にスタッドレス・タイヤを購入したのです。
これも交渉の結果、新製品のタイヤが3割引の上、工賃無料という大サービス
勝ち取りました。
さらに、キャンペーン中という事で、オイル交換も無料で、2回ほどやってくれました。
これはかなりお得だったと思います。

格安車検も見積もりを取って費用を比較するのが大事

もう一つは、本当に安い民間車検場があったからです。
「これ」と決めず、いろいろな車検場から見積もりを取ってみて、
「安い」と感じたので、物は試しと出したことがあるんです。
思い込まずに、たくさんの見積もりを取ってみる必要はありますが、
安いのに簡単、安心なのは、民間車検場だと思います。
ネット予約で特典の付く民間車検場もあるので、
電話する前に一度ネットで調べてみてください。

ユーザー車検

安い車検でまず思い浮かぶのがユーザー車検ではないでしょうか?
管理人も、このユーザー車検を基本としています。

ユーザー車検にかかる費用

皆さん!車検にかかる費用車検代 検査料・・・・・・・・・・・・1,400円
     重量税・・・・・・・・・・・・8.800円
自賠責保険・・・・・・・・・・2万円強

車検の費用と言っても中身は、ほとんど重量税と



実はユーザー車検にも2種類あるはご存知でしょうか?
一つは、自分で車検を受ける、ノーマルな方法。
もう一つは、ユーザー車検を代わりにやってくれる業者に依頼する
ユーザー車検代行です。

自分でユーザー車検を行う方法は、一番安い車検という以外にも、
自分の車を知る、そして車の税金を知るという意味でお勧めです。
普通車と軽自動車では、少し違うので別々に紹介しています。
体験記なので、特に初めての方にお勧めです。ぜひご覧下さい。

ユーザー車検体験日記

テリオスキッドの車検 テリオスキッドの車検をする筆者

ユーザー車検は、確かに安上がりなのですが、僕の場合ディーラーによる車検、民間車検場による車検の3通りを使い分けています。
それは、車の調子や自分の仕事の都合など臨機応変に対応しているからです。

ユーザー車検は、税金と自賠責を除けば、あとはほとんどタダみたいなものですが、半日は費やしてしまいます。
車検に出せば、この時間は浮くので、1万円〜2万円ぐらいは人件費と考えれば、そんなに高くないと思います。
ですから、「何が何でもユーザー車検」ではなく、自分の都合、車のコンディションなど、様々な要因を検討して、何が有利なのか検討するべきでしょう。

ユーザー車検代行だけは勧めません。

さて、問題はユーザー車検代行です。
仕組みはこうです・・・。

上記で紹介しているように、ユーザー車検では、車検場に車を持ち込んで、
検査を受けなければいけません。
この部分を代行するわけです。

民間車検場と違うのは、あくまでも車検に合格させることが目的になっていますから、
検査で不合格(あえて不具合とは書きません)になったら、
その部分だけを修理して、再度受験して、不合格ならまた修理して
という事を合格するまで繰り返します。

受験する人と修理する人は別の人物でも構わないため、
不合格になった部分は修理工場に持ち込んで、そこの部分だけを修理して、修理代は実費で客に請求します。

極端な話、僕がアルバイトで1万円ほどもらって、他の誰かの車の車検を通すことは可能なのです。
その際に不合格になった部分の修理は、修理工場に持ち込んで実費を請求すれば代行費用は丸儲けです。

ここまで読んでいただければ、僕がユーザー車検代行を使わない理由が
お判りになっていただけると思います。
代行に頼むぐらいだったら自分でやった方がよいし、代行に出すお金があるんだったら
ディーラーに任せた方が安心です。

ユーザー車検の受け方


PR: うつ病・不眠症が治った!?快眠シート セラピュア・セーラ スーパーX