PR: ニッポンレンタカー ご利用の1時間前までネット予約ができる!
PR: 200円〜/15分でクルマに乗れる!タイムズカープラス

自動車を買わないという選択肢を考える

ガソリン代、車検代、税金、駐車場代・・・これらの自動車に関する全ての維持費、そして自動車の購入費を一気に削減できる方法があります。
それは、”自動車を買わない(所有しない)という選択です。

「なんだ・・」と思われるかもしれませんが、”自動車は便利な移動する手段”と割り切れば、自動車を所有しないという選択肢は実に合理的です。
特に、通勤や業務に使わない方、走行距離の少ない方には、お勧めです。

車を借りると言えば、ちょっと前まではレンタカーしか選択肢がありませんでしたが、最近は、カーシェアリングというサービスが始まりました。
また、どうしても自動車を自宅に置きたい方には、カーリースという方法もあります。

自動車維持費に困っている方はぜひご一読ください。

レンタカーとカーシェアリングの違い

”自動車を借りる”という意味では、レンタカーとカーシェアリングは同じです。
ここでは主な違いを紹介しましょう。

貸し出しの単位時間が短い

レンタカーは、○○時間という長時間単位のレンタルが基本です。
6時間、12時間・・・などが一般的でしょう。
プリウスなどのエコカーで、ニッポンレンタカーだと、6時間:7,350円、12時間:8,400円程度です。
これに延長料金が1時間ごとにかかるというサービスです。

一方、カーシェアリングでは、15分単位と、ぐっと短くなります。
タイムズカープラスですと、15分200円が基本で、アウディやBMWといったプレミアムカーが400円となります。

カーシェアリングはガソリン代不要

レンタカーは借りた車を返す時に満タンにしてガソリン代は、車を借りた人(ガソリンを使った人)持ちになります。
一方カーシェアリングではガソリン代は使用料に含まれています。

タイムズカープラスの場合、使用料の200円にはガソリン代も含まれています。
ガソリンが半分以下に減っていたという場合、車に備えているカードを使って給油すれば別途の支払いはありません。
給油にかかる時間(15分)は使用料からサービスとして減額されます。

また、タイムズカープラスが面白いのは、”車が汚れている”と思って、自分で洗車すれば、これまた15分割引になります。
合理的で納得のサービスですね。

車検で得する節約術!裏技!!

レンタカーとカーシェアリングのメリットを比較

レンタカーのメリット

拠点の数が多い

なんと言っても、カーシェアリングに比べると歴史が違います。
サービスの拠点数、都会から地方まで、たくさんのお店があります。
近所のお店を捜すのも簡単だし、旅行先で探すのも簡単に見つかるでしょう。

用意されている車が豊富

レンタカーは用意されている車種が多いのも魅力です。
軽自動車からエコカー、ワゴンなど、いろいろな車があります。
新型車も多いので新車購入前に試乗するなどの使い方もできまし、「買うのはちょっと・・」とためらうような
スペシャリティ・カーも借りられます。

また、トラックやバスなどといった特殊車両の種類も多いのです。
引越しや、大人数での利用に便利です。

さらに、サービスの種類も豊富です。
例えば、乗り捨て(ワンウェイ)などのサービスが充実しています。

カーシェアリングのメリット

安い!

なんといっても安いのが魅力でしょう。
15分単位なので、”ちょっとそこ”までなんていう乗り方も可能です。
レンタカーは長時間借りれば、大差ないのですが、短い時間だと不利になります。

ガソリン代を気にしなくて良い

ガソリン代は利用料に含まれているので、ガソリン代を気にしなくても良いです。
また、ガソリンが半分以上残っている状態なら、給油も免除されますので、”ちょっとしか乗ってないのにガソリンスタンドに行く”なんていう面倒がありません。

【価格.com】自動車保険を徹底比較!

レンタカーとカーシェアリングを使い分ける

以上のようにレンタカーとカーシェアリングは特徴が違います。
メリット・デメリットがそれぞれありますので、時と場合によって使い分けるのが良いでしょう。

ただカーシェアリングの方が、使い勝手(手続きや返却)が良いし、利用料も安いのは確かです。
なので、基本カーシェアリングを利用して、長時間利用する場合や、特殊な車を利用する場合はレンタカーといった
使い方が良いでしょう。