PR: 買い取り・下取り・査定⇒ガリバーはこちら
PR: 太陽光発電のお見積り・価格比較はイエソラへ

HDDか、SSD(フラッシュメモリー)メモリーか?

カーナビの最初の分かれ道は、HDDか?SSDか?です。
HDDとは何か?SSDとは何か?よりも重要なのは、性能と価格のバランスです。
カーナビの選び方に書いたように、比較すると以下のようになります。

HDD:高機能・高性能だけど、高価
PND:それなりの性能だけど安価

これを踏まえて考えてみます。

このサイトは、車に関する、お得な情報がメイン・テーマです。
お得という意味では、一押しはSSD(メモリー)・ナビです。
その理由ですが・・・

まず、安い!!
最安値では2万円を切るモデルなどもあり、これで何の不足があろうかというほど、
カーナビとしての機能は優れています。

次に、車の乗せ換えが簡単!
車を2台以上持っている場合、それぞれの車にカーナビを取り付けるは
果たして得と言えるでしょうか?
タクシーならともかく、本当に道案内が必要なケースがそうそうありませんよね。
ですから、カーナビは、一家に一台あればよし、使う時に車に乗せればよいわけです。
その点、メモリーナビは、コンパクトで、モデルによっては、電源まで一体になっているものや
バッテリーを内蔵した物まであって、簡単に載せ換えが可能ということで
大変お得なわけです。

十分実用的なナビが”1万円未満


カイホウジャパン(KAIHOU) 7inch ポータブルナビゲーション 【品番】 TNK-706

レンタカーにも簡単設置できる!

レンタカーを借りる場合にも役に立ちます。
「ナビ付きのレンタカーを借りれば良い」と、思うでしょ?
そんな事はないんですよ。

レンタカーに付いているナビは、そのレンタカーを借りないと使えません。
だから、あらかじめ検索したり、ルートを設定したりという事ができません。
ところがPNDなら、借りる前にある程度セットしておけば車を受け取ってから、すぐに出発できます。
旅行などでも役に立ちますが、なんてったってレンタカーは”時間単位”で借ります。
少しでも長く乗るためには、カーナビのセットなど、時間の無駄でしょう。

・・・とは言いつつ、趣味性もステイタスもあるカーナビですから、
お得だけでは語れないところもあります。
そういった場合にも、知識は必要ですから、以下、管理人お勧めのカーナビ選びの方法を紹介しましょう。

安い海外製品は、お勧めしません。

最近、激安品で目にするのが、1万円を切るような海外製品です。
ドライブ・レコーダーのところでも説明していますが、機能が多いことと、性能が良いことは違います。

購入した直後は、まともに動いても、すぐに動作不良を起こしたり、不具合があっても保障がなかったりと、
全てがそうだとはいいませんが、怪しい製品が多いのは事実です。

また、製品自体に不具合がなくても、説明書が無かったり、判りにくかったり、日本人には使いにくかったりと、
様々な問題があるようです。

何台かカーナビを使いこなして、慣れている方とか、少々の不具合は気にしない方、
どうしても、安いものが欲しい方以外は、避けたほうが良いと思います。

激安には魅力があるのは事実なのですが。。。。

無難な選択をするのならは、やはりブランド品の中から選ぶのもコツの一つだと思います。

PNDと言えばGORILLAです。

Panasonic Gorilla SSDポータブルカーナビゲーション 7V型 CN-GP740D

まずは、ナビ利用の頻度を考える

知らない場所に行くことが頻繁にあるか?

カーナビは”道案内”をする機械です。
ですから、知っている場所にしか行かないのであれば必要ありません。

例えば、タクシーや配送などの仕事ならば知らない場所に行くケースは多いでしょう。
しかし、主な自動車利用が通勤だったどうでしょうか?
めったにナビゲーション機能は使わないのではないでしょうか?

あまりナビゲーションを使わない場合

私の場合、日常的に知らない場所に行く必要はないのですが、
スポーツの試合があちこちで開催されるので、知らないところに行くこともあります。
ですから、「ナビは必要だが、頻繁に使うわけではない」
⇒ 「ナビは欲しいが高級機である必要はない」という事で、PNDとなりました。

ナビゲーションを使うことは少ないけれど、充実したAV機能が欲しい

実は、このように考える方も多いのではないでしょうか?
自宅が狭いとか、遮音性が低く大きな音を出せないなどの悩みをお持ちの方は、
車に充実したAV機能を持たせることで、フラストレーションを解消できます。

もちろん、自動車でも、窓を開けっぱなしで深夜大音量を流されると迷惑には違いないのですが、
そこは自動車、同じ場所に留まるわけではないので、大きな問題にはなりにくいです。

見た目も大事

実はカーナビもカー・インテリアの一つです。
エクステリアに懲りまくっているのに、車に乗り込んだら、小さなPNDがスタンドで付いていたというのは、
どうもギャップがありすぎでしょう。

最近は少ないと聞きますが、”ドライブでデート”なんてことになれば、やはり見た目も大事。
スムーズに音楽を選局するのも大事です。

ここは多少不合理でも、HDD仕様の高級機でも悪くないと思います。
カーナビも道具なのですから、使いこなしてナンボでしょう。

品揃え豊富!取付も安心!オートバックスのネット通販サイト

カーナビの付加機能

付加機能、これ比較的重要です。
というのも、最近のカーナビは道案内だけではなく、いろんな楽しいことをやってくれるんです、
これを見逃す手はありませんよ。
特に、車の標準装備に見られるHDDタイプの高級機の場合は、
ここが一番の特徴になってくるので、より良い機種を安くと考えている方は、
この辺りのチェックが必要です。

AV機能

カーナビについている画面を利用してTVやDVDを楽しむ機能です。
AV機能を重視するなら、TVのワンセグorフルセグの確認を忘れないようにしてください。
ワンセグは画質も動きも問題ありです。
DVD付きは、DVDの動画(映画など)を再生できるので、アドバンテージはここにあります。

HDDナビの場合はAV機能もかなり便利が良いです。
HDDは容量が大きいので、地図データだけでなく、音楽ぐらいだったら
ディスクやネットから取り込んでしまうのです。
CDをプレーヤー(ドライブ)に入れて、音をHDDに取り込めます。(いわゆるリッピング)
そうすると、音源であるCDは必要なくなり、あとはi-pod感覚で聞けてしまうのです。
運転しながらCDをセットするのは、手間がかかるし、そもそも危険です。
そういう心配がなくなるのは、さすがにHDDだと思います。

もっと簡単にやると、スマホや携帯で音楽をダウンロードするわけです。
そうすると、CD購入の手間もありません。
曲名やアーティスト名、アルバムタイトルなどは、FM DE Titleなどでダウンロードできるので、
これまた打ち込む手間がありません。
いわゆるメモリーオーディオと同様に使えます。
HDDナビの場合、3D表示だけでなく、こういった使い勝手も魅力になるわけです。
確かに高いだけはあるなぁ・・・(;^_^A アセアセ・・・

ALPINE(アルパイン) KTX-H613VG(グレー) ステップワゴン(サンルーフ無)用 フリップダウンモニター取付キット PCX-R3500/R3300・TMX-R3200/R3000シリーズ用 後部座席用とフリップダウンモニターのセットです。
リアシートのの子供たちも大喜び!!

ALPINE(アルパイン) KTX-H613VG(グレー) ステップワゴン(サンルーフ無)用 フリップダウンモニター取付キット PCX-R3500/R3300・TMX-R3200/R3000シリーズ用

HDD VS PND まとめ

ナビは欲しいが、あまり使わないし、道案内だけすればよい

この場合は間違いなくPNDです。
安いし、他の車にも、徒歩にも、自転車にも使えるタイプがよいでしょう。

知らない場所に行くことが多い、またはAV機能を重視

この場合は間違いなくHDDです。
ナビゲーション機能を優先するかAV機能を優先するかは、また別の話ですが、
とりあえず、HDDナビの中からの選択になります。

もっと簡単にやると、スマホや携帯で音楽をダウンロードするわけです。
そうすると、CD購入の手間もありません。