PR: JCBカードでガソリン代をキャッシュバック
PR: おすすめ特価カー用品

燃費を良くするためのドライビング・テクニック

急が付く動作は、燃費を悪くする。

良く言われることですが、「急発進」をすると燃費が悪くなりますよね。
アクセルを踏み込むので、当然たくさんガソリンがエンジンにたくさん流れますから、
どんどん燃費は悪くなります。

一方、急ブレーキはどうか?
”急”が付くか付かないかに関わらず、ブレーキを多用すると、燃費は悪くなります。

実は、ブレーキは、エンジンの力を使ってかけています。
あなたの足の力だけでは車は止まりません!!
エンジンの力を使うって事は、その分ガソリンを使うって事です。

って事はですよ。
加速したり、減速したり、すればするほど、燃費が悪くなるんですよ。
逆に言えば、一定の速度で走る。
これがガソリンを節約する走行方法です。

ついでに、一応書いておきますが、
ブレーキはエンジンの力を利用してかけていますので、エンジンを切った状態では、
ブレーキはほとんど効かなくなります。
危険ですから、止めて下さいね。

”OD”、”D”、”N"、”2”、”1”レンジの選び方

シフトレバーに付いている”OD”、”D”、”N"、”2”、”1”をちゃんと使い分けていますか?
これを使いこなすことで、燃費を向上できますし、またエンジン・ブレーキを使うことで、
フット・ブレーキの負担を減らし、フェード(異常加熱)を防ぐなど安全に走行することもできます。

”OD”、”D”、”N"、”2”、”1”レンジって何?って方は、
下の方を読んでくださいね。優しく説明しています。
 o( ´_ゝ`)ノ

オートマチックのシフト・レバー(セレクト・レバー)

シフト・レンジの使いこなし

シフト・レンジの意味が判ったところで、今度は使いこなしの話です。
シフト・レンジを使いこなすと燃費が向上してきます。
同じ車でも、運転する人によって燃費が違うでしょ。
アクセルやブレーキの操作も、もちろん関係しますが、一番影響するのは、
シフト・レンジの使いこなしなのです。

止まっている時

止まっているときは、”P”か”N”が基本です。
前述のように、エンジンに負荷がかかっていないので、エンジンを止めない程度、最低限の燃料しか消費していません。

一方、”D”レンジに入れた状態で、フット・ブレーキを踏んで車を止めている場合はどうでしょう?
車が動いてないから同じ?
いえいえ、実は燃費が悪くなるのです。

シフト・レバーを”D”レンジに入れると、車が動いてない状態でも、エンジンの回転はタイヤの方まで伝わっています。
それを強引にフットブレーキで止めているわけです。
要するに、”N”及び”P”レンジから”D”レンジに入れたとたん、エンジンに負荷がかかります。
エンジンに負荷がかかると、エンジンの回転数が下がってしまいます。(アイドリングの低下)
エンジンの回転数が下がると、スタートしにくい状況になるばかりか、エンストしてしまいますので、
実は、回転数を保つために、自動的に燃料を多くエンジンに送り込んで、回転を維持するように制御されているのです。
したがって、”D”レンジに入れたまま、フット・ブレーキで車を止めている状態では、無駄に燃料を消費して、
燃費が悪くなるのです。

通常走行時

通常走行時は”D”レンジに入れます。これは当然。
これは、誰が運転しても結果は変らないと思われそうですが、急加速、急減速をしない、
フットブレーキを使わずに、時間をかけて止める。
などの工夫で燃費は良くなります。

通常走行で”D”以外のレンジに入れると、無駄にエンジンの回転が高くなり、パワーは出ますが、
燃料をたくさん消費し、燃費が悪くなります。

【安心のヒューズ付き】 燃費向上アイテム 【デンゲキパイプ】
効果なければ返品OK! 燃費UP! パワーUP! (燃費改善)

下り坂

これが一番、燃費の左右されるところです。
結果から言えば、「積極的にエンジンブレーキを使用する」事で燃費が良くなります。

下り坂でシフトを”3”とか”2”、”1”のレンジに入れると、エンジンが高回転になりブーンと唸り始めます。
景気良くエンジンの回転が上がるので、さぞ燃料を消費しているようですが、実は違います。

エンジンを制御しているコンピューターは、アクセルを踏まないのに、エンジンの回転が上がると
燃料をカットする
ように制御しています。
メーカーにもよりますが、普通車の場合だいたい3千回転ぐらいで、ほとんど燃料の流量は”0”になります。
要するに、エンジンブレーキ使用中は、ほとんど燃料が減らないので、燃費が良くなるんです。

もう一つ、エンジンブレーキを使った方が燃費が良くなる理由があります。

エンジン・ブレーキを使わない場合、車の速度を抑えるためにフット・ブレーキを使いますよね。
実は、フット・ブレーキってエンジンの力を使って強力な制動力を発揮しています。
それが証拠にエンジンを切るとフットブレーキはほとんど効きません。(危険なので、試さないでね。)
要するにフット・ブレーキは使えば使うほど、燃料を使うので燃費が悪くなるのです。
ですから、フット・ブレーキではなく、エンジン・ブレーキを使いましょう!!

エンジン・ブレーキを多用すれば、燃費も良くなりますし、安全に走行できます。

パーキング・ブレーキとの使い分け

という事で、フット・ブレーキは使えば使うほどガソリンを消費しますので、フット・ブレーキを使わないという意味でも燃費が良くなります。
パーキング・ブレーキはエンジンを切っていても有効になるブレーキですから、これはガソリンを消費しません。
ですから、理論的には、停車中もパーキング・ブレーキの方が燃費は良くなるわけです。

しかし、ここで気をつけて欲しいのは、パーキング・ブレーキは、エンジンの力を使わないだけあって、
力不足は否めないところです。
ですから、万が一追突された場合の力不足や、しっかりかけないと、坂道で動いてしまうなどの
欠点もあるので、この点についても考慮して使い分けて欲しいと思います。

   参考オートマチックのシフト・レバー(セレクト・レバー)

AUTOBACS.COM

燃費ランキング

これまでの話を総合して燃費が良い状態のランキングを紹介しましょう。

1位エンジンブレーキをかけて坂道を下っている状態
2位”N”レンジで停車している状態
3位”D”レンジで、フットブレーキをかけ停車している状態

どうですか?
できるだけ、燃費の良い運転を心がけましょうね。

オートマチック(AT)、シフトレバーの使い方