PR: ガリバーの中古車販売

4WDの旋回特性

FFは、アンダーステア、FRはアンダーからオーバーに変化する、リバース・ステア。
これに対して4WDはニュートラル・ステアと言います。

ニュートラル・ステア

4WDの場合は、4輪全てが駆動輪ですから、トラクションは前後の区別がありません。
アクセルを踏んでいる時は、4輪全てが同様にトラクションが低くなります。
したがって、4WDの場合は、「滑る時は4輪同時に滑る」というわけです。

オン・ザ・レールが4WDの醍醐味

内側にも外側にもいかない、ハンドルを切った方向に素直に曲がっていく、
これが4WDの特徴です。
車の設計が絶妙で、ハンドル、サス、トルク配分などが完璧な4WDは、ほとんど内側にも外側にもずれません。
このような車は完璧に曲がるので、”列車が線路の上を走っているように”という意味で、
「オン・ザ・レール」と呼ばれます。
4WDの車の設計は、この「オン・ザ・レール」を目指しているのです。

ちなみに、筆者の愛車レガシィは、最も「オン・ザ・レール」に近い4WDとして人気があるんですよ。

自慢かい? o(`ε´)=====〇  m(_ _)m

ミッド・シップ・レイアウトの場合

FFレイアウト まずは4WDの場合です。
これまでの説明のように、4輪とも、ほぼ同じようにトラクションがかかりますから、遠心力は車の中央に働きます。
このため、車の速度、アクセルの開閉度に関係なく、ハンドルを切った方向に進みやすくなってます。
ミッドシップ 一方MRの場合です。
左の図を見てわかるように、元々の重心が後ろにあるだけでなく、駆動輪が後輪のため、滑りやすいのも後輪です。

と言うことは・・
とにかく「MRは尻を振りやすい」という事です。

MRが運転が難しく、特殊なスポーツ・カーにしか採用されない理由はここにもあります。

とにかくスピンしやすいので、気軽にハンドルを回すととんでもない方向に車が進みます。

したがって、いつでもカウンター・ステアに入れるように、緊張感を持って運転するできでしょう。

かつて、安価なミッド・シップとして、トヨタのMR2が発売されました。

イタリアン・カーのようなエクステリアもあって、人気がありましたが、とにかく事故率が高く「最も危険な車」として有名になったものです。
yahooオークションに登場した
ランボルギーニ・ムルシエラゴ


もちろんミッド・シップ・レイアウトです。

それでも魅力的なミッド・シップ・レイアウト

ミッド・シップの車を乗りこなすには、相当の腕が必要ですが、逆に腕のあるドライバーが車を操るという意味では、こんな楽しい乗り物はありません。
なにしろ普通エンジンがあるべき、前方には、何もないのですから、前方はかなり軽くなっています。
という事は、頭の方向を変えやすい⇒ハンドルが敏感だと、言えます。
この敏感さが、スピンを生むのですが、これを利用するとなると、非常に運転が楽しいのです。

また、最初からカウンター・ステア(ドリフト)を狙っているのであれば、簡単にリアが流れるので、手軽にドリフト走行を楽しめます。

まぁ、簡単にドリフトするものだから、「運転が上手くなった」と勘違いするドライバーを生みかねませんが・・・。

駆動形式の特徴をまとめました。

それぞれの駆動形式の特徴をまとめてみましたので、車選びの参考にしてみてください。

FF(フロント・エンジン、フロント・ドライブ) 相対的に室内を広く設定できる。
車体を軽くできる。
加速、登坂に弱い。
アンダー・ステアなので、運転がしやすい。
FR(フロント・エンジン、リア・ドライブ) 相対的に室内が狭くなる。
FFに比べると重くなる。
加速には有利。
アンダーステアからオーバーステアに変化する
リバース・ステアなので、極端な運転をすると危険。
4WD FRよりも、室内は若干狭くなる。
かなり重く、燃費を悪化させる原因になる。
加速には非常に有利
ニュートラル・ステアで非常に運転がしやすい。
MR 室内は極端に狭くなり、ほとんど2人乗り。
軽く作れる。
加速には有利。
オーバーステアで、運転が難しい。

おおまかに説明すれば、およそこのような特性を持っています。
もちろん、技術の進歩によって、それぞれの短所は、かなり改善されていますし、
車種によっても、かなり違いがあります。
しかし、このような特徴をしっておくと、車選びには非常に有利になりますから、頭の片隅に入れておいてください。


PR: 新車・新車情報新車値引きはカーネット

PR: クルマはネットでお買い得。ガリバーの「ネット割」