PR: 【中古車毎日入荷中!】ガリバー中古車ご提案サービス
PR: 中古車を探すならココ!全国20万台から検索できるよ!【カーセンサー】

燃費の良い車を選ぶ!!

最近はエコブームの盛り上がりと共に、燃費の良い車=維持費の安い車というイメージが定着しています。
ここでは、燃費の良い車の選び方を紹介しましょう。

カタログ・データの読み方

自動車の燃費の良し悪しを判断する最も簡単な方法はカタログを見ることです。
下の表は、プリウスの諸元表に書かれているデータです。

実際のHPは、コチラ ⇒ プリウスの諸元表

燃費を現しているのは、「燃料消費率」です。
1リットルあたりのガソリンで走る距離ですから、数値が大きいほど、燃費が良いということになります。

さて「10・15モード」と、「8モード」がありますね。
この数値が違うのは、燃費を測定する条件が違うのです。
条件というのは、車というのは、ずっと走っているわけではなく、加速したり、減速したり、
また、高速走行したり、低速走行したりと、いろいろな環境が考えられますよね。
できるだけ実際の走行状態に近い数値を出すために、国土交通省もいろいろ工夫しているのですが、
これも日進月歩で、”今のところ”8モードが一番実際に近いと言われています。

が・・・、実はこれは気にしなくて良いんです。
肝心なのは、「実際、どれくら燃費が良いのか?」ではなく、
比較検討するライバルに比べてどうなのか?って事です。
これは、車選びのための資料なのですから、同じ条件で比較するための資料と考えましょう。

ま、早い話、カタログ・データのような数値は、実際は出ませんから・・・。

エコカー減税

燃費の良い車を選ぶと、単にガソリン代が安くなるだけではありません。
けっこう大きいのが、

減税効果です。

燃費の良い車は、いわゆるエコカー減税によって、取得税、自動車税、重量税が減税されます。
取得税はともかく、自動車税と重量税は定期的に払わなければならない税金なので、
これが減税されるとなると効果は絶大です。

*注意!!

エコカー減税については、”単に燃費が良い”というだけでは対象になりません。
いろいろ条件があるので、適合車かどうかは、事前に確認しましょう。
詳しくは、↓のページで紹介しています。

エコカー減税の真実と裏技

ハイブリッド・・関係ないよ。

ここでアドバイスを一つ。

カタログを見るときに思い込みは厳禁!

って事です。

「ハイブリッド・カーは燃費が良い」とか「CVTは燃費が良い」。
「4WDは燃費が悪い」とか、「エコポイントが低いのは燃費が悪い」とか、
こういうのは、”思い込み”です。
実際のデータは、こういった前提には”ある程度しか”反映されません。
肝心なのは、「実際はどうなのか?」です。
装備や宣伝に惑わされないようにしましょうね。

税金の安い自動車

自動車を維持する上で、避けて通れないのが税金です。
乗らなくても必要な税金を安くする方法は、
”自動車を買う時に、税金の安い車を買う”しかありません。
では、”税金の安い車とは?

自動車税

毎年やってくる自動車税。
まとまった額がやってくるので、けっこう大変ですよね。
自動車税は、車の排気量で決まるので、自動車購入と同時に税額は決まってしまいます。
以下の表をご覧ください。

車種  自家用 
乗用車
(総排気量)
1リットル以下 29,500
1リットル超〜1.5リットル以下 34,500
1.5リットル超〜2リットル以下 39,500
2リットル超〜2.5リットル以下 45,000
2.5リットル超〜3リットル以下 51,000
3リットル超〜3.5リットル以下 58,000
3.5リットル超〜4リットル以下 66,500
4リットル超〜4.5リットル以下 76,500
4.5リットル超〜6リットル以下 88,000
6リットル超 111,000
(注)乗用車のみです  (単位:円)。

これは、自動車の選び方|排気量の決め方に掲載した税額の表です。
表を見れば一目瞭然、排気量が小さいほど自動車税は安くなります。
500ccごとに5,000円というのが相場です。

この表には載っていませんが、軽自動車(排気量660cc)では破格の7,200円になります。
1リットルのいわゆるリッターカーの税金は、29,500円、
リッターカーより、340ccだけ小さいエンジンの軽自動車は、7,200円。
その差は、なんと22,300円!!
340cc差で22,300円ですよ。
軽自動車の人気の理由はここにあるのです。

エコカー減税で重量税を節約!!

重量税にもエコカー減税が適応されます。
ですから、
重い車でも、減税適合車であれば、適合していない軽い車よりも税金がやすい場合がある
のです。

”自動車は軽い方が良い”という個人的な思いはあるのですが、実際は上記のような制度になっていますので、
事前にちゃんと確認してください。
詳しくは、↓のページで説明しています。

エコカー減税の真実と裏技

自動車税を節税する

自動車税を節税する方法は2つ。

この2つです。
車を選ぶ際には、実際の自動車税を確認してから検討の基準にしてください。

重量税

なんと自動車には、”重さ”に税金がかかっています。
「重い車に乗るやつは、金払え!」ってもんです。

これは、自動車の選び方|ボディサイズの決め方に掲載した税額の表です。

車両重量 3年(新車購入時) 2年(車検実施時)
軽自動車 11,400 円 7,600 円
〜500kg以下 15,000 円 10,000 円
〜1,000kg以下 30,000 円 20,000 円
〜1,500kg以下 45,000 円 30,000 円
〜2,000kg以下 60,000 円 40,000 円
〜2,500kg以下 75,000 円 50,000 円
〜3,000kg以下 90,000 円 60,000 円

いかがですか?

車は軽ければ軽いほど税金が安くなります。
軽自動車でければ燃費も良いはずなので、一石二鳥ですね。

もちろん重量税もエコカー減税が適応されます。
ですから燃費の良い自動車を選ぶと、ここでも節税効果が発揮されることになります。

自動車重量税は、車検時に払うものです。
車検の費用については、削減方法を含め、↓のページで紹介しています。

車検代を下げる

自動車取得税

自動車を購入する最初に必要になるのが、自動車取得税です。
取得税は、消費税のように自動車の価格にかかってます。
税率は、

となっています。
「またか!」と思わされるほど、またまた軽自動車は優遇されていますね。

自動車取得税を節税する

これは簡単、価格にかかってくるのですから”安い車を買う”という事に尽きます。
もう一つは、エコカー減税適合車にするとうい方法ですね。

中古車は、自動車取得税がお得

中古車も、基本的には価格と取得税は連動するのですが、
消費税とは違って実は微妙に変わる部分があります。
それは、あらかじめ定められた、減価償却費に連動して自動車取得税がかかってくるのです。

仮に”事故車だから大幅に値段が下がった”としても、自動車取得税は減免されません。

*注意!

自動車取得税は車種だけでなく、グレードやエアコンの有無なども含まれますし、
中古車の場合計算法も複雑で素人では計算できません。
ですから、必ず事前に確認するようにしましょう。


PR: 【便利!】欲しい車がきっと見つかる!ガリバー中古車ご提案サービス

まだまだ続くよ、維持費の安い車の選び方

自動車維持費を下げる方法は、”今乗っている車の維持費を節約や裏技を使って下げる方法”と
維持費の安い車に乗り換える方法”の2通りあります。

どちらの方法も詳しく説明しますので、ぜひ、隅々までごらんください。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】