チューリッヒ保険







マイルド・ハイブリッドとSエネチャージ

スズキ ソリオに搭載されたマイルド・ハイブリッド実は、軽自動車に搭載されているSエネチャージと全く同じものだと、ごぞんじでしょうか?

理由は良く判らないのですが、同じものでも軽自動車と小型車で名称を変えて使い分けているんです。

予想するに、Sエネチャージという名前の浸透がイマイチだったので、耳馴染みの良い”ハイブリッド”という言葉を入れたのではないでしょうか?

それでは、”マイルド”の意味を探っていきましょう!

マイルド ハイブリッドの構造は”シンプル”

僕が考えるに”マイルド”の意味は、”シンプル”だと思います。

特に、構造が同じモーターと発電機(ジェネレーター)を分けずに兼用としたことに特徴があると思います。

モーターと発電機

モーターは電気⇒回転力、発電機は、回転力⇒電気と、同じ構造でも働きは違います。

ですので、モーターと発電機は、それぞれ性能を向上させるために仕組みは違ったものになっています。

だから、モーターは専ら回転力を得るための物、発電機は、専ら電気を起こすためのものと、使い分けた方が効率が良いというのが、これまでの考え方でした。

しかし、発電機につも使えるモーターと、モーターにも使える発電機を積んでいたのでは、重くなるし大きくなるしで、小型車には向かないものになってしまいます。

スズキは、この辺りを割り切って、性能的には中途半端なモーター兼発電機を採用したと言っていいでしょう。

大きな出力を得るモーターでもないし、高効率の発電機でもないけれど、小さいし軽いので、効果は十分なのです。

スズキでは、このモーター 兼 発電機を「ISG(モーター機能付発電機)」と呼んでいます。

基本はエンジンによる走行

主に走行の基本はエンジンです。
運転する感覚は、ほとんど普通のエンジン仕様車と変わらないでしょう。
プリウスのような特別感はありません。

モーター(モーター兼発電機)は、加速時にエンジンをアシストするだけですので、EVのような感覚はありません。

ホンダが昔採用していた、”IMA”というモーターアシスト機能付エンジンに原理は似ています。

減速時にはモーター兼発電機が電気を作る

そして、スズキのお得意な減速時するときのエネルギーを電気に変えて蓄える仕組み。

これは、モーター兼発電機「ISG」が行います。

セル・モーターはある

ISGは、モーターですが、発電機と兼用するので、パワーがありません。

アイドリング・ストップなど、エンジンを再始動する場合は、エンジンが温まっているので、モーターにパワーは必要ありませんので、ISGで十分ですし、静音性の高いベルト駆動でもOKです。

ところが、朝一のエンジン始動は、そうはいきません。

冷え切ってオイルも固まった状態なので、モーター(蓄電池も)に大きなパワーが必要です。

ですから、最初の始動用に、専用のセル・モーターと専用の鉛蓄電池を持っています。

したがって、同じ仕事をするモーターが2つ、バッテリーも2つと、イマイチな仕組みが残っています。

今後は、これも兼用できるように、さらに技術が進むのでしょうね。

PR: 自動車バッテリーの価格破壊に挑戦

”マイルド”の意味は、”中途半端””なのだろうか?

ここまで読んでいただけると判ると思うのですが、モーターのアシストが弱くエンジン主体のシステムであることが判ります。

従来のセル・モーターもバッテリーも残った状態ですから、”既存の車にアシスト機能をくっつけた”感は否めません。

モーターだけで走る機能もないので、運転していてエンジンとモーターを使い分けているといったスペシャルな感覚は望めないでしょう。
あくまでも燃費を良くする機能と考えるべきです。


コスモ石油でガソリン・
灯油が会員価格

強いて書けば、アイドリング・ストップからの再始動がスムーズになったぐらいでしょう。

とすると、車両本体価格分を燃費で取り戻せるか?というのが課題になります。

ソリオの場合、ガソリン・エンジンのみの”G”が1,454,760円(税込)、
ハイブリッドの”MX”が1,695,600円と、25万円ほどの差があります。

ところが燃費の差が、24.8km/L 27.8km/Lと、その差は、わずか3km/Lなので、
これはシュミレーションをするまでもなく、価格差を燃費で取り戻すのは難儀です。

この辺り、燃費性能も”マイルド”という事が判りますよね。

自動車 購入経費 維持費 自動計算 シュミレーション

しかし・・・ここからがスズキのウマイところで、
ハイブリッドを選択すると、装備が全く違うのです。

アルミホィールが標準装備されているなど、ハイブリッドは、装備が充実しているので、
燃費性能どうこう言う前に、25万円分の装備は持っていると考えてよいのです。

さらに、デュアルカメラブレーキサポート装着車は、ハイブリッドしか選べなくなっています。

どうしても、ハイブリッドを売りたいスズキの戦略でしょうねぇ。

装備重視ならハイブリッドか?

あくまでもソリオの場合ですが・・・、
特にハイブリッドだから”得”とか、ドライブ・フィールが楽しいなどと言ったことはないでしょう。
モーターアシストの分、多少加速が良くなるとは思いますが・・・。

ただ、前述のとおり、装備が良いグレードは、その分”お買い得”ではあるので、買って後悔することはないでしょう。

全国の正規新車ディーラーからネットで見積もりが取れる。もちろん無料

自動車の維持費を考える