チューリッヒ保険




PR: あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定
PR: 自動車バッテリーの価格破壊に挑戦

ハイブリッドとガソリン、結局どっちが得か?

前のページではホンダ・フィットを例にハイブリッドとガソリン車を比較し、
どちらが得か検証しました。

ここでは、フィットと同様にハイブリッドとガソリン、
両方のバリエーションを持つ、スバル初のハイブリッドとして話題の
スバルXVを例にハイブリッドとガソリン車を比較してみましょう。

対象のグレードは、ハイブリッドは「HYBRID 2.0i-L EyeSight」
ガソリンは「2.0i-L EyeSight 2.0i-L EyeSight」です。

自動車取得税、重量税は、ガソリンが50%、ハイブリッドが100%減税です。

購入費(初期費用)を比較する

まずは、自動車購入時にかかる車両本体価格と諸経費を比較しましょう。
ここで紹介する見積もりは、スバルオンライン見積もりを利用しています。

スバル・オンライン見積もり

HYBRID 2.0i-L EyeSight

◆ 初期費用合計 2,903,690 円

車両本体価格 2,782,500 円ですが、その他の諸費用が、
以下のようになります。

税金保険料 63,040 円
登録諸費用 45,740 円
リサイクル費用 12,410 円
この合計が 121,190 円ですから、支払い総費用は2,903,690 円となります。

2.0i-L EyeSight

◆ 初期費用合計 2,652,690 円

車両本体価格 2,467,500 円です。

その他諸費用は、
税金保険料 127,040 円
登録諸費用 45,740 円
リサイクル費用 12,410 円
この合計が 121,190 円ですから、支払い総費用は2,903,690 円となります。

ハイブリッドとガソリンの初期費用の違い

スバルXVの場合、約25万円の差があります。
車両本体価格は、30万円超の差があるのですが、自動車取得税、重量税は、ガソリンが50%、ハイブリッドが100%減税ですから、ハイブリッドは5万円ぐらいの節税になりますね。

PR: 自動車バッテリーの価格破壊に挑戦

燃費で初期費用の差をカバーできるか?

さて、初期購入費で25万円差がありますが、フィットと同様に燃費の差で
ガソリン代を取り戻せればハイブリッドの方がお得ということになります。

スバルのホームページによりますと、ハイブリッドの燃費は、JC08モード燃費  20.0km/L。
2LクラスのSUVとしては確かに優秀です。

一方、ガソリン車の場合は、JC08モード燃費 15.8km/Lと、ハイブリッドには劣りますが、
2LクラスのSUVとしては優秀な方(50%減税対象)ではないでしょうか?

これが実際のガソリン代にどのぐらい差がでるのでしょうか?
もちろん、このサイト自慢のシュミレーションで簡単に計算できます。

自動車 購入経費 維持費 自動計算 シュミレーション

上のリンク先のシュミレーションに想定するガソリン代、燃費、年間走行距離を入力してください。
他のところは未記入です。

これで比較してみましょう。

年間走行距離が1万キロの場合。

通勤・通学に使わない、あるいは通勤・通学の距離が短い場合、だいたい
1年に1万キロメートルぐらいではないでしょうか?

この場合のガソリン代は以下のようになります。

ガソリン:93,750円(燃費は16km/Lで計算)
ハイブリッド:75,000円

と言うことで、1年間のガソリン代の差は、18,750円。
まぁ、いくら差が出ても2万円ぐらいでしょう。

これを購入費の差額25万円で割ると12.5年かかる計算になります。

年間走行距離が伸びると早く元を取れる!

前述のように年間走行距離が1万キロですと、元を取るのは容易ではありません。

しかし、年間走行距離が2万キロですと、6年間ぐらいで元を取るし、
3万キロ走れば4年で元をとります。

ガソリン代だけではないぞ!

フィットのときにも書きましたが、毎年の自動車税と車検時の重量税がに差がでますので、
ここまで考えると若干元を取るのは早そうです。
(これもシュミレーションを使ってください)

しかし、走行距離が伸びてくると、ハイブリッド用バッテリーの寿命が短くなってきます。

「10年ぐらい持つはずだったのに、5年で電池がダメになった」
・・なんて事があるかもしれません。

電池は年々安くなっていますから、今のように20万も30万も交換費用がかかるということは
少なくなってくるでしょうが、ある程度の出費は否定できません。

結局、ハイブリッドはガソリンより得なのか?

ここまで見てきたように、乗り方によって、元を取るかどうかは違ってきます。
が、実はその差は僅かなんです。

いくらガソリン代が安いったって、一度に払うわけではないので、実際に「ガソリン代が安い」
と実感するのはなかなか難しいでしょう。

税金やバッテリーのことまで考えると、「何年乗るか?」でかなり違ってきます。

議論するほどの差はない!!

大雑把で申し訳ないのですが、年間走行距離が少ない(1万キロ以下)場合は、
「ガソリンの方が得だろう」とはっきり言えます
が、通勤・通学や仕事での使用で、
年間走行距離が長くなってくると、その差が縮まってきますが、ハイブリッドの方は、
車の状態を維持するのに費用が多くかかるかもしれません。

という事は、ある程度乗り込む人だったら、どっちが得か判断が難しいぐらい差がない
ことになります。

ハイブリッドとガソリンの違いは価格と維持費だけではない。

ここで、別の話をしましょう。
ハイブリッドとガソリンの性能差です。

スバルXVの場合、同じ2Lのエンジンを使用していますので、比較が簡単です。

実はスバルXVのハイブリッドに搭載されているエンジンは、
2Lのスバル・ボクサーエンジンで、最高出力[ネット]:110kW(150PS)/6200rpm、
最大トルク[ネット]196N・m(20.0kg・m)/4200rpmと、ガソリンと全く同じものです。

ですから、ハイブリッドには、2Lのガソリン車にモーターが追加されたと考えても
ほとんど問題はありません。
そして、その差は、10kW(13.6PS) 最大トルク 65N・m(6.6kg・m)の追加になります。

ハイブリッドの場合、エンジン110psとモーターの10ps、合計120psの出力を持つことになり、
これは、レガシィの2.5Lエンジンの出力、127psに迫る性能なのです。

”25万円の差は10psの差”とも言える

XVの場合はガソリンもハイブリッドも、同じエンジンを使っているので、
非常に判りやすいです。

結局、ハイブリッドのモーターは、ターボのように性能アップためのアシスト機能です。
ターボと違うのは単に馬力が上がるだけでなく、”燃費も良くなる”というところです。

実は、スバルもセールストークではここを強調していて、
「ハイブリッド化は、燃費を良くするために行ったわけではない」と、
はっきりコメントされています。

ハイブリッド化は、高性能化なのです。

スバルXVハイブリッドはスバルXVより25万円分高性能ということなのです。

結局ハイブリッドに乗りたいかどうか?

プリウスを選ぶ理由

前のページでプリウスの選ぶ理由に書いたのですが、
僕がプリウスを好きなのは、プリウスの燃費が良いからだけではありません。

ましてや、バッテリー代がいくらかかるかはっきりしない段階で、維持費を比較しているわけでもありません。
”プリウスという車”が気に入っているのです。

同じ理由で、僕はスバルXVのハイブリッドはかなり気に入りました。
車両重量が1.5tそこそこで、10psの馬力、6.6kgのトルクの違いは大きいです。

やはり”楽しいカーライフのためにハイブリッドを選ぶ”という選択肢はアリ!
だと、僕は思います。

カローラハイブリッドは”40万円差”

トヨタ カローラもガソリン・バージョンと、ハイブリッド・バージョンがあるので、
比較検討しました。
ブログに掲載しています。

カローラ・ハイブリッドは得か?

ブログを読んでいただければ判りますが、ガソリンにモーターを取り付けると、およそ40万円かかります。
スバルとはコンセプトが違うので、簡単には比較できないのですが、なんとなく、XVハイブリッドの方がお得感があるのは、
私だけでしょうか?


自動車維持費自動計算シュミレーション をご利用ください。


全国の正規新車ディーラーからネットで見積もりが取れる。もちろん無料

自動車の維持費を考える