PR:ENEOSカード
PR:えっ、こんな高く売れるの?! 独自オークションシステムで高額買取

ハイブリッド・カーの購入費・維持費などの経費について

ここでは、HV ハイブリッド・カーと普通の自動車を比較するために、
主にトヨタ プリウスと、ホンダ フィット・ハイブリッドを取り上げます。
これは、比較対象しやすい普通の自動車があるからです。

PR:【新車販売専門店】◇全国どこでもメーカー保証・無料点検付きで安心!◇ 新車 トヨタ プリウ

ハイブリッド・カーにかかる購入費、維持費

ハイブリッド・カーも、普通に車ですから、購入費と維持費がかかってきます。
自分の印象として書くのもおこがましいのですが、どうも最近の風潮として、
”維持費”の方ばかりが注目されているような気もします。

しかしながら、”お得かどうか””安いのかどうか”を判断するためには、
両方を考慮しなければいけないと思います。

*ブログ 新型PHVプリウスに乗ってみた。

HV ハイブリッド・カーの購入費

ハイブリッド・カーは、間違いなく高価です。
普通の車に加えて、モーター、バッテリーが搭載されていること、
さらに、それらを積み込むための技術にお金がかかっています。
フィットは、ガソリンとハイブリッド両方がありますので比較してみましょう。

車両本体価格の差に加え、オプションや諸経費で価格は変ってくるのですが、
ホンダのセルフ見積もりを使うと簡単に価格差が出ます。

ホンダ・セルフ見積もり

上記セルフ見積もりを使うと、フィット13Gとハイブリッドでは、、およそ40万円程度の差があることが判ります。
この価格差を、維持費の差で取り戻せるか?というのが、ハイブリッド・カーの損得の分かれ目でしょう。

HV ハイブリッド・カーの維持費

ガソリン代を比較しよう!

自動車の維持費で、まず思い浮かべるのは、”ガソリン代”でしょう。
日々かかる経費なので、気になるのは当然です。

フィット・ハイブリッドの燃費はなんと、30km/リットルになっています。
ハイブリッドの名に負けない良好な数値ですよね。期待は高まります。

それでは、ガソリン車のフィット13Gはどうでしょうか?
こちらもCVTを選択すると、なんと24km/リットルと、バツグンの低燃費なんです。

リッター当たり6kmの差。
これがどのくらいの差になるかが考えましょう。

簡単なのは、1km走るごとに、いくらかかるか計算することです。
最近のガソリン価格は、変動が激しいのですが、簡単に150円/リットルとします。
すると、フィット13Gは、6.25円、フィット・ハイブリッドは、5円となります。

1年で1万キロ乗ったとしましょう。
そうすると、フィット13Gは、62,500円、フィット・ハイブリッドは、50,000円となります。
年間のガソリン代の差は、12,500円という事です。

という事は、40万円の差をガソリン代だけで取り戻すためには、かなりの距離を乗らなければいけない
という事がお判りでしょうか?

自動車維持費自動計算シュミレーション をご利用ください。

税金を比較しよう!

ここまで読むと、ハイブリッド・カーにするメリットはあまり感じられないと思うかもしれません。
ところが、現在の日本には、”エコカー減税”というものがあります。
自動車取得税と、重量税が13Gが20%、ハイブリッドが50%免税、
自動車税は13Gが減税なし、ハイブリッドが75%減税です。
ここまで考慮した場合、3年後にどのぐらいの差になるでしょうか。
実は、ホンダの成29年度税制改正についてのHP↓でこれも簡単に判ります。

ホンダエコカー減税

ハイブリッドの税金が、64,700円に対して、13Gは、10,500円と、その差は、51,200円です。
うーん、ガソリン代と、税金で節約できてもまだまだ購入時の差額48万円を取り戻すのは難しそうです。

しかし、3年と言わず、長く乗ったらどうでしょうか?
実は、ここにも落とし穴があります。

ハイブリッド・カーのバッテリーについて

ハイブリッド・カーには、通常のバッテリーと走行用のバッテリーの2種類のバッテリーが搭載されています。
通常のバッテリーは、ヘッドライトやカーオーディオなどの自動車内外の電気設備の電源になりますが、
走行用のバッテリーは高電圧の専用バッテリーです。

ハイブリッド・カーのバッテリーの寿命

さて、ハイブリッド・カーの維持費を大きく左右するのは、走行用バッテリーの寿命と交換費用ですが、
実は、最近のバッテリー事情は、急激に変化していて、簡単には語れません。

ハイブリッド・カーのバッテリー寿命と交換費用については、特集ページを作っていますので、
そちらをごらんください。↓

ハイブリッド車(HV)のバッテリー寿命と交換

車を安く買う方法

車を高く売る方法

ハイブリッドとガソリン車 結局、どっちが得なのか?

自動車にかかる費用だけを考える

これまで議論してきたように、HV ハイブリッドカーは、高価であるという事、
そして、ガソリン車の燃費も飛躍的に向上し、減税効果も大きいという事、
さらには、ハイブリッド・カーはバッテリーの寿命というリスクを持っている。
この二つを考えると、経済的にはガソリン車の方が有利だという結論にならざるを得ません。

したがって、1円でも安い車が欲しいという事でしたら、ガソリン車の方をオススメします。
特にハイブリッドだから、お得ということは無いという結論です。

トヨタ プリウスに乗って・・・

さて、ここからは、金銭問題ではないHV ハイブリッド・カーの話をしましょう。
僕は、トヨタ プリウスとホンダ フィットのガソリン車に乗る事が多いので、この2台を比較した感想が主になります。

フィットの方に先に乗ったのですが、価格のわりには、足回りがしっかりしていて乗り心地も良いというのが、
第一印象でした。
1.3リットルエンジンの割にはパワーもあって、坂道でも不足を感じることはありません。
これで燃費が良いのですから特に非の打ち所の無い車でしょう。

一方プリウスの方はどうか?
これは走り出しは、モーターで動くので、多少”かったるい”感じがします。
街中で、ストップ&ゴーを繰り返すのは、フィットに比べると、ストレスを多少感じます。

それと、3ナンバーサイズの割には、室内が狭いのが気になりました。
バッテリーを収納している運転席と助手席の間にあるアームレストが原因です。
また、前も後ろも、デザインの関係か、若干見難いように感じます。

結論、3ナンバーサイズの他車に比べると、走りもパッケージも関心できませんでした。
ところが・・・です。

HV ハイブリッド・カーという技術

実は、僕はプリウスを気に入っています。
スタートが鈍いったって、よほど気をつけていないと気が付かない程度の差ですし、
車内が狭いったって、あの未来的なデザインや、ハイブリッドならではの”エネルギーモニター”など、
プリウスの魅力は車内にも溢れています。

そして関心するのは、ハイブリッドという技術力の高さです。

プリウスのハイブリッドは、エンジンとモーターを別々に制御するのがキモです。
スタート直後はモーターで走るのですが、ある程度速度が出るとエンジンがかかります。
このエンジンとモーターの繋がりが絶妙なのです。
いったい何時の間に繋がったのか、全然分かりません。

それと、モーターだけで走行する時の感動はガソリン車にはないですね。
タイヤと風の音だけが聞こえてくる走行感は、全く持って驚きです。
特に停車時と高速道路の走行時の静寂感といったら、ガソリン車ではまず無理でしょう。

車って何だ?

このサイトのアクセス・ログを見てみると、検索キーワードは、
”維持費””お得””経費””節約”なんて言葉が並びます。

ですからこれを読んでいる方は、「車なんてのは、A地点からB地点に移動するだけのものだよ」
って方が多いでしょう。
そういう方には、ガソリン車の方がお得です。
間違いありません。

しかし、「乗っていて楽しい」とか「車は乗って遊ぶオモチャ」とか、そういう価値感もあると思うのです。
そういう意味では、ハイブリッド・カーは、現代の技術の最先端を走っているのです。
その技術を体感できる、非常に素晴らしいオモチャです。

例えば、レクサスやベンツ、BMWなどの高級車と比べても違う意味で満足感が高いと思います。
その満足感を”価値”と考えて、”この部分”にお金を払うと考えると、プリウスは安いし、
維持費も安いのですから、お得な車だと思います。

また、ハイブリッド・カーは燃費が良いのがメリットですから、たくさん乗る人、
長距離を乗りたい人には、経済的な負担も少なくなるでしょう。
ガソリン代が高いと出かける意欲もわきませんもんね。

ガソリン車よりは、多少経費はかかっても、楽しいカーライフをお得にエンジョイするには、
ハイブリッド・カーは、オススメというのが、僕の結論です。

自動車の選び方

自動車は、ハイブリッドか?ガソリンか?という問題だけで選んではいませんか?
実は、自動車は知れば知るほど奥が深くなる面白い乗り物です。
ぜひ、当サイトを参考にしていただいて、自分のカーライフを楽しくする自動車を選んでください。

スバルXV ハイブリッドとガソリン、どっちが得か?

こちらもごらんください↓

全国の正規新車ディーラーからネットで見積もりが取れる。もちろん無料
やさしい天然水【フレシャス】

自動車の維持費を考える