価格.com自動車保険 比較・見積もり

チューリッヒ保険

PR: 再生バッテリーを買うならB-POWER
PR: 【価格.com 自動車保険】あなたにぴったりの保険を探そう!

十分な安心を!少しでも安く!

保険は安心を買うわけですから、安ければよいというわけではない商品の代表のようなものです。
しかし、同じ保障でも保険会社によって料金が違うことは確かですし、最近は、いろいろなサービスを付けて販売している会社もあります。
どこでも同じではありませんので、ぜひ慎重に選んでください。

大手ダイレクト会社

今のように自動車保険によって掛け金やサービスが多様化したきっかけは、大手ダイレクト系の会社が独自の企画を電話やネットによる契約を始めたからです。
代理店を使わないので、経費削減につながり、これで掛け金を下げられるわけですね。
○○ダイレクトってCMを見たり聞いたりしたことありませんか?
これがダイレクト系の自動車保険会社です。

もし、保険代理店との付き合いがどうこうとか、勤め先の関係でというような、しがらみがなければ、このようなダイレクト系の保険会社の方をお勧めします。

必要な保障を考える

価格.com 自動車保険

「何が起こっても全額保障してほしい」と思うのはドライバーなら当たり前ですが、現実はそんなに甘くありません。
あれもこれもと保障を付けても、ありとあらゆる特約を付けても、事故を起こして何も変わらないなんて事はないのです。
ですから、自分の年齢、収入、預金、自動車の使用頻度など、総合的に考えるようにしましょう。
前にも書きましたが「何でも良い」が一番マズイ考え方です。

サービスが充実しているか?

実際に見積を依頼すると、見積と同時に会社案内のパンフレットが同封されています。
このパンフレットが意外に役に立ちます。

まず、これまで全くなじみの無い会社でも どのような会社か分かりますし、サービスの違いもはっきりします。
同じ保険会社をずっと使っている方には、この時点で目からウロコが落ちるはずです。

サービスは従来の24時間電話対応のほか、故障時のロード・サービスなども付いている会社も多数あります。
JAFなどのロードサービスの会員になっていない方は必須と言っても良いでしょう。

ロード・サービス以外にも、保険会社によって様々なサービスがありますので、一通りチェックするためにも、たくさんの見積が必要だと言えます。

自動車 保険の見積の取り方


PR: ネット割引最大7,000円 ロードサービス無料対応 チューリッヒの自動車保険

できるだけたくさんの条件を付けよう!

自動車 保険につける条件とは、「年齢制限」とか「家族限定」とか「使用目的」とかです。
こういった条件は付ければ付けるほど保険料は安くなります。

しかし制限を設けてしまうと、設定した条件以外の使用ができなくなることも十分頭に入れておいてください。
例えば、「家族限定」ならば、ちょっと運転を友人に変わってもらう、なんてできなくなりますし、年齢制限を付けると、気軽に若い人に「ちょっと運転してみるか?」などとは言えなくなります。
できるだけ条件は付けたいところですが、そういったところは理解しておくべきでしょう。

人身事故だけは、最大の補償にしておきましょう

事故が起こったときに最も心配になるのは、対人事故です。
損害賠償、相手の医療費など、こればっかりは全く予想がつきません。
命に値段は付けられないと言われますが、実際には、年齢、家族構成、会社での立場、将来性などを考慮されて、賠償金は決まってくるのです。

こういう言い方は良くないのですが、高い人、例えば大企業の社長さんで、しかも一家の大黒柱、なんて方を死なせてしまったりすると、もう後がなくなってしまいます。
そういった悲惨なことを避けるためにも、
人身にかかわる部分については十分な補償が必要でしょう。

しかし、逆に言えばそれ以外のところは十分に検討の余地があります。

「何が起こっても全額保障してほしい」と思うのはドライバーなら当たり前ですが、現実はそんなに甘くありません。
あれもこれもと保障を付けても、ありとあらゆる特約を付けても、事故を起こして何も変わらないなんて事はないのです。
ですから、自分の年齢、収入、預金、自動車の使用頻度など、総合的に考えるようにしましょう。
前にも書きましたが「何でも良い」が一番マズイ考え方です。

自動車保険 条件の付け方

車両保険


最も効果が大きいのが車両保険の節約だと思います。
まずは、保険代と修理代のバランスを考えましょう。

十年以上乗っている車に多額の保険をかけるのはもったいないし、逆に超高級車の場合、無謀に保険料が高くなるので、ある程度リスクがあっても、保険をかけるのはもったいない、なんて事になります。

車両保険の決め方

ドライバーズ保険という手もある

基本的には保険は車に掛けるものですが、自分自身に保険をかけるドライバーズ保険というものもあります。
多少割高にはなるのですが、他人の車を運転することが多いとか、車を借りることが多いなどの場合、自分自身に保険を掛けておけば他人の車でも安心して運転できます。
また、一人でたくさんの車を持っている場合にも、いちいち車に保険をかけるより便利でお得です。
このような」場合には、ドライバーズ保険もぜひ検討してみてください。




価格.com自動車保険 比較・見積もり