価格.com自動車保険 比較・見積もり


新車速報 【カーセンサーnet】

運転免許を合宿で取得

PR: ビックカメラ.com
PR: 【価格.com 自動車保険】あなたにぴったりの保険を探そう!

車両保険は本当に必要か?

車両保険はご存知のとおり、自分が運転する車が壊れたときに、その修理代を保険で補ってくれるというのが、主な保障内容です。
免許を取ったばかりの僕は、よく車をぶつけていたので、車両保険のお世話になっていたのですが、その度に次回の保険料が上がるので、「本当に得なのか?」という疑問を持つようになりました。

当時の僕の車は、トヨタ・カローラFXという、ホンダ・シビックに並ぶスポーツ・タイプの人気車でしたが、まだ若かったこともあり、保険に入るとき、その車両保険の高いのに驚いたものです。

そして現在の車、スバルのレガシィ・ツーリングワゴンGTーVDCというタイプに変えたとき、、あんまりでないか?と思えるような車両保険の料金に疑問を持ったのが自動車保険を見直すきっかけだったと思います。

保険料が高い上に実際に事故があったときに、いちいち免責の3万円を取られるのにも腹が立ちました。
結局払った以上は帰ってこないのが車両保険では?と疑問を持ち始めたんです。

保障の範囲が狭すぎ!

価格.com自動車保険 比較・見積もり

車両保険は、こまかく設定があって、車が壊れたらすべて修理代を出してくれるわけではありません。
相手が車両か?壁や塀なのか?自然災害なのか?という条件によって微妙に設定が違うので、何が起こっても新車と同じ状態を保ちたいと思うかどうかが大事なところです。

車同士の事故で保障してほしいとか、自然災害のときには保障してほしいとか、保険会社の案内にも、「このような希望のときはこのような保障」と細かく説明されてはいるのですが、逆にどうしてこんなに細かく設定するのか疑問です。

対物だろうと自然災害だろうと「車が壊れたら、それ保険だ!」というような保障はないわけです。
「これは保険会社にかなりリスクがあるな」というのが僕の印象です。

要するに、「車というのは理由がなんであれ、壊れやすいものなのです」
だから、保険云々にかかわらず、新車当時の状態を保つためには、かなりのお金がかかるということは、避けて通れません。

お金をかけて新車の状態を保つ。
この部分についてどの程度の決意を持っているか?が車両保険の選ぶ基準になる、これが僕の答えです。

車両保険の意味

僕の友達にジムカーナをやっているやつがいました。
モータースポーツですから、当然事故のリスクが付きまといます。
カーブで曲がりきれず、コースアウト、横転、などを繰り返し、ねじれた車体を戻すのに金がかかったと聞きました。

スターレットという今では懐かしい車ですが、現在のビッツに相当する車といえます。
当然価格もその程度。
ですが、このスターレットの修理代にかけるお金と言えば、前述の車体のねじれを戻すことに加え、フロント・ガラスの交換や、屋根を付け替えなどで、車両本体を大幅に上回る金額になっていました。

当然、保険代だけで補えないので、手出しの分は相当にあったと思います。
車両保険も自損事故まで補償するタイプでしたので、月々の掛け金も相当なものです。

ここで、何が言いたいかと書きますと、
このようなケースでは自業自得なわけです。
はっきり言って、保険が高いと嘆く前に、このような事故を起こさないようにするべきです。
それでもモータースポーツですから、応援はしてます。
だから彼には、「身の丈に合った乗り方」をするように伝えていたのです。

これも前に書きましたが「保険があるから大丈夫」のような発想では、保険代さえ払えなくなってしまいます。
なにをやっていても、事故だけは起こさないとう決意を持ってハンドルを握るべきです。

保険と貯蓄のバランス


前述のケース、僕ならどうするかを書きます。

いくら競技と言っても、「限界を超える」ような行動は避けるでしょう。
初めて買った車で いきなり競技ではなく、事故を起こさない自信を持ち、さらには競技中にアツくならないように、冷静さを身に着ける、ここまでは競技会やレースには出ないでしょう。

したがって、車両保険は軽めのものを選択、浮いたお金を貯金します。
車両保険は高いですから、保険と思って貯金すれば、あっと言う間にお金は溜まります。
車両本体価格以上に修理代をかける必要はないわけですから、ここまでは「修理代に」とがんばって貯蓄するでしょう。
そして、修理代として十分な貯蓄ができる頃には、ドライビング技術も向上しているでしょうから、ギリギリのタイム・アタックもできますし、ギリギリのアタックをかけても事故の可能性はグッと下がるはずです。

「事故を怖くてレースができるか!」というようなことを言う人がいますが、僕は「事故の怖さを知らずしてレースができるか」と思っています。
まずは保険などをあてにするのではなく、自分の心身を鍛え、十分なレベルになった頃には、十分な蓄えがある、という状態がベストだと信じています。

こようなケースは、どう対応する?

よくぶつける

ありがちでしょ?
僕も初心者の頃はよくありました。

新車で買った車はちょっとした傷でも気になるものです。
ましてやぶつけて凹ませたなんてことになったらすぐに修理したくなるものです。

僕が使った車両保険は、初めて買ったカローラ・FXで2回です。
1度目は、夜間、路肩に止めていたリヤカーを避けきれず、ドア全体を擦りました。
2度目は、調子が悪いカセットに気をとられやってしまった追突事故です。
どちらも15万円前後だったと思います。
2回とも、保険を利用するのに3万円の現金が必要でした。
15万出してもらうのに、3万円必要???
高い保険料を払っているので、納得できませんでしたが、それでも修理しないわけにはいきませんので、無理をして現金を用意しました。

このような事があると保険のありがたみが分かる・・・と思いますか?
僕は逆に納得できず、それまでに払った保険料と保険会社に出してもらった金額を比較してみました。
すると、あろうことか保険料の方が高かったのです。

「保険代の元を取るにはいったい何回事故を起こせばよいのだろう?」って考え始めたところでバカバカしくなりました。
だって事故を起こす度に3万円必要で、しかも次回更新のときは、また一段階保障料が上がるのです。

3回目、駐車場の壁に車をぶつけて、バンパーを壊したときは、さすがにアホらしくなって、とうとう修理することを止めてしまいました。
だって、バンパーはそもそも「ぶつかっても良い」はずの場所です。
見た目だけを気にして修理して何の得があろうか?
僕は保険を使わず、3万円を貯金しました。
壊れたバンパーは、さすがにそのままでは走れないので、なんとか加工して車体に貼り付けました。
両面テープや接着剤を総動員してなんとかくっつけたというのが正解で、大きな割れ目はそのままです。
でも、これで車としの機能は十分果たしていました。

自然災害

これはもう、印象的な出来事がありましたので、それを書きたいと思います。

それは、かなり大きな台風に襲われたときです。
僕の周りでも家や車に被害を受けている人がたくさんいました。

● ケース1

会社の駐車場に止めていたら、隣の川が増水、駐車場から国道に出るまでの市道が冠水していました。
一応、僕は止めたのですが、「アクセルを踏み続ければ大丈夫」と言って彼は出て行きました。
「台風の中、アクセルを踏み続けるなんて不可能」と思ったのですが、本人がどうしても車で帰るというのでは仕方ありません。
翌日、案の定、水の中で動けなくなり、数十万の修理費を保険で払ったそうです。

● ケース2

冠水することで有名な地区に住んでいる人がいるんですが、その人のお宅は洪水を避けるために、道路から1m以上土地を盛り上げて家を建てていたんです。
なので、その台風のときも周りが慌てているのを横目にのんびりと家の中で過ごしていたそうです。
市内は停電していたので「ろうそくの明かりで一晩過ごしたのが楽しかった」とのん気なことを言っていました。
家の方はそんな感じで問題なかったのですが、駐車場は道路と同じ高さにありますから、道路が冠水すれば駐車場も冠水します。
朝、起きて、台風一過、さぁびっくりです。
車が流されて道路まででていました。
車のドアを開けたら、中から、濁った水がザーと出てきたそうです。
当然エンジンなどウンともスンとも言わず、そのまま廃車です。
これも、保険保障され、新車が来たと、喜んでいました。

両方共に、災害に遭われた本人は「保険に入っていた良かった」と思ったそうです。
しかし、本当に良かったか?

前のケース。
駐車場は冠水していなかったので、僕なら、そこから車を動かすなんて絶対にしません。
わざわざ水に突っ込んでいったんですよ。普通に考えて危険でしょ。
後のケース。
冠水する地域だと分かっているから土地を盛り上げて家を建てているんです。
だから駐車場が冠水することなど簡単に予想できたはずです。
周りの人は皆、前日に車を非難させていたのに、のん気に構えていたため、自分の車だけが浸かったのです。

どちらのケースも、被害を食い止めることはできたはずなのにやってない。
僕から見れば、無謀とか怠慢としか言いようが無いです。
これで高い保険代を払ってるわけですから、それは保険代が高いのが問題なのではなく、自分が自動車に対する気持ちの問題だと思うのです。
「保険代が高い」「保険に掛ける費用を下げたい」と思う前に、自分の車に対する考え方を改めた方が良さそうです。

避けがたい災害もある

上記の台風は、来ることが前もってわかるという意味で全く違うケースで、突然起こる災害もあります。
近年、毎年のように発生するゲリラ豪雨や竜巻などの突風では、予報が確実でないため、避けようがありません。
したがって、このような災害まで想定すると、車両保険まで必要になってきます。

問題は、保険期間中にこのような災害に遭う可能性があるかどうかです。
もし、お住まいの地域にこのようなリスクがあるのならば、十分検討されることをお勧めします。

結局、節約とは”決心”から始まる!

このサイトは「我慢をしない節約」をテーマにしていますが、車両保険は良い具体的な例なので、節約と決心について書きたいと思います。
”決心”と言うべきか?”心がけ”と言うべきか?とにかく、ぜひ読んでください。

車両保険は、気持ち次第で、高くも安くもなる!そういうものだ!!

ここまで「車両保険とはこういうものだ」という事を書いてきたつもりなのですが、これだけ僕が強く言っても、なかなか理解してもらうのは難しいものだと感じることがあります。
上記の台風に伴う水害も僕は止めることができなかったので、無力さを感じています。

しかし、やはり保険というか、こういうものはお金の問題ではないと思うのです。
「保障されているから車がどうなってもいい」では、あまりにも悲しいと僕は思うのです。
やはり車は自分のカーライフのためのパートナー・・・そいうい意味では”愛車”という表現がピッタリなのです。

そいういパートナーだから大切にしてあげたい。
これはお金の問題ではなく、気持ちの問題です。

台風が迫っているなら、自分が非難するのはもちろん、愛車も非難させてあげたい。
今日の車の調子はどうか?
悪いところがあれば、すぐに直してあげよう。

そういう車を大切にする気持ちが”節約”に繋がる!僕はそう思ってます。

車をぶつける、深刻な故障を起こす、そんな人に限って「保険ってありがたい」と思うわけです。

厳しいようですが、「車に関して節約をしよう」と思うのならば、最低限、車に愛情を持ちましょう。
そうする事で、自然と無駄な支出も抑えられるはずです。
少なくとも、僕はそう信じています。

車両保険でも大きなウェイトを占める、”車の故障”に関しても、愛情を持ってして、十分に防ぐことができます。
保険で節約しようと思うのならば、ぜひ、一読ください。

自動車の修理代を下げる