チューリッヒ保険








ネット割引最大7,000円 ロードサービス無料対応 チューリッヒの自動車保険

保険会社の見積もりを比べるメリット

保険会社によって割引の条件は様々

僕が始めてインターネットを利用して自動車 保険を契約したとき、強く感じたのは、補償範囲の条件設定が様々なことです。
この時に契約したゼネラリという保険会社には、なんと「ワゴン割引」があったのです。
僕が乗っているレガシィはステーション・ワゴンというタイプです。
もちろん適応の対象になり、他社を圧倒して掛け金が安かったのです。

こういった車両の条件には以下のようなものがあります。

価格.com自動車保険 比較・見積もり

このようにリスクを細分化することで保険料を安くしようという試みは各社あるのですが、その条件は様々なのです。
ですから、自分の車がどの保険会社にあっているのか、ちゃんと確認する必要があります。
この確認の最も簡単な方法が見積もりなのです。

保険会社の割引・サービスは毎年見直される

「自分は安い自動車保険を契約しているから大丈夫!」と安心していませんか?
自動車保険も日進月歩。
社会の状況によって、各保険会社は条件や保障を見直ししているのです。
しかも、ネットの充実によって過当競争も激しくなり、次々に格安保険会社が誕生しています。

このような状況の中、一つの保険をずっと更新するのは、非常にもったいないです。
更新するのは、「更新するのが一番安い(一番得)」という確認できたときです。

自動車保険会社を変更しても損失は全く無い。

等級は引き継げる

保険会社を変更する事に不安があるとすれば、”等級の引継ぎ”ではないでしょうか?
でも、このような心配は全くありません。
保険会社を変更しても、”これまで無事故だった”などの等級は引き継げるのです。
保険会社が変わったから最初からやりなおし・・・なんて事はありませんので安心してください。

保険会社変更の手続きは簡単

新規に契約するのがめんどくさい・・・と思っていませんか?
僕の感じたところではそんな事全くありません。
実は、このあとお勧めする見積もりの依頼のときに必要事項はほとんど書き込んでしまうので、
実際の契約は、簡単なのです。
しかも、保険は1年ごとの契約なので、以前の保険会社の解約手続きも必要ありません。
保険会社の変更は、何のリスクもないし、簡単なのです。

見積を取る方法は二つ

格安保険会社は、セールなどせず直接非保険者と契約するダイレクト系の保険会社です。
ダイレクト系の自動車保険会社は勧誘をやりませんので、こちらからアプローチしなければ見積書は送ってきません。
見積書を送ってもらう方法は、電話による方法と、インターネットによる方法と二通りありますが、このサイトをご覧になっている方は、インターネットをされているので、もちろんインターネットによる申込みをお勧めします。

電話でもできるんですが、免許証や車検証を用意して電話をかけるのは、一度インターネットを覚えてしまうと、なかなかめんどくさいものなんですよね。

それと、インターネット経由で契約をした場合、「ネット割り」を適用する保険会社が多いのもお得なところです。
中には5,000円以上の割引のある保険会社もあるので、「ネット割り」は、ぜひ利用しましよう。
また、「保険証を発行しない」という方法もあります。
保険は契約なので、成立していれば、証書は必要ないし、もったいないですよね。
「保険証発行なし」を選択すると、概ね500円ぐらいの割引になるようです。

SBI損保の見積もりです。
3通りのプランを説明しています。

さぁ見積をゲットしよう!!

保険の満期が近づいたら行動を移す時です。
できるだけたくさんの見積もりを取って、比較してみましょう。
もちろん、手続きは簡単なのですが、やはり最初は余裕をもって見積を集めるべきです。
全部の見積書、パンフレットに目を通すのは大変ですが、やはり、できるだけ隅々までチェックしたものです。
そのため時間に余裕を持った方がよいわけです。

保険会社の一本釣り

「たくさんの見積をゲットせよ!」と言われても、雲をつかむような話で、手の付けようがないという方もいらっしゃると思います。
そのような時は、今もっている自分の知識の中で動くと、比較的楽になりますよ。
例えば、テレビCMで見たとか、ラジオで聞いたとか、そいういう会社の見積を取ってみるのです。
ある程度なじみがあれば、安心感も違います。

また、テレビやラジオにCMを出せるということは、その会社には、ある程度の資金の余裕があって、宣伝費を計上できるということでもあります。
ですから、会社の信頼度を測る目安にもなると思います。

えーい、めんどくさい! まとめて持って来い!・・・という方法

「保険会社の良し悪しなど判断できない!」「片っ端から調べたい」という場合、いちいち各保険会社に見積を依頼するのは大変ですよね。
そこで、見積を一括で請求できるサービスがあるので、これを利用する方法があります。
利用料は、もちろん無料!
筆者も毎年この無料サービスを利用してたくさんの見積を取っています。
慣れてくると、どこの保険会社がどんな見積を送ってくるのか判るようになって、楽なものです。

無料一括見積もり請求ができるサイトです。
    ↓

*注意

まとめて複数社の資料請求は簡単で便利なのですが、一つだけ難点があります。
それは、保険会社各社に一気に個人情報を送る事になりますので、申し込むと、
大量のダイレクトメールが来るのは、否めません。

もちろん、ダイレクト・メールと言っても、「必要な資料」なのですから、迷惑メールではないのですが、
これが嫌だという方もいらっしゃるでしょう。
その場合は、めんどくさくても前述のように、各会社ごとに、見積もりを取る方をお勧めします。

また、保険関連ではないのですが、比較するサイトが価格を仕切って、価格を吊り上げていた
という事件がありました。
このような事にも注意です。

ちなみに管理人は、どうしているかと言うと、
上記の一括見積もりを利用しています。
確かに、もの凄い量のダイレクト・メールが来るのですが、比較検討に役に立つし、
しつこい勧誘などは全く無いので、今のところ問題ないと感じています。
価格についても、見積もりを見て、適正だと感じています。

自動車保険の選び方



価格.com自動車保険 比較・見積もり