価格.com 自動車保険



PR: ビックカメラ.com
PR: 【価格.com 自動車保険】あなたにぴったりの保険を探そう!

保険に対する考えをしっかり持つ!

価格.com自動車保険 比較・見積もり

これは自分の場合ですが、まずは「絶対事故は起こさない」と誓ってからハンドルを握るようにしています。
事故を起こせば、保険があろうがなかろうが、金持ちだろうが貧乏だろうが、程度は違っても必ず悲惨な目にあいます。
基本的に交通事故など、起こしてはいけないものなのです。

何が言いたいかというと、保険には当然入りますが、「保険に入ったから気軽に運転できる」というふうには、絶対に考えてはいけないということです。
保険というものは、「事故を起こしても良い」というパスポートではなく、「避けがたい災難にあったときに、わずかながらでも手助けをしてもらえるもの」と考えるべきなのです。

保険の意味をそのように考えると、無用な保障も見えてくるし、それが経費の削減、節約につながってきます。
まずは、「事故を起こさない努力」をすることを誓って保険と対峙することをお勧めします。

対人賠償は無制限をお勧めします。

ここでは、いかに保険代を下げるかをテーマに話を進めていますが、対人賠償だけは、節約の対象から外すようにしてください。
例えば自損事故など自業自得だし、損害があっても自分の車がなくなって困るだけなので、考えようによっては我慢すればよい話です。

ところが対人賠償となると、これは無制限に補償額が上がっていく可能性もありますし、また長期に渡って保障しなければならない可能性もあります。
これはぜひ保険に頼りたい部分です。

また、同じように普通のレベルから考えて、保障額は跳ね上がるのに建造物があります。
対物も節約したいところですが、たとえば信号機など、壊れやすいのに、物によっては数千万もの保障が必要という場合があります。
対物保障も、あまり節約に走るべきではないと考えます。

まずは運転する人を限定しよう。

何があっても責任が持てる人だけに運転させる。同乗させる。

もし本当に事故が起こって誰かに怪我をさせたり、最悪、死なせてしまったら、金銭の問題は全体の一部にしかなりません。
何が起こってもこの人なら大丈夫と責任の持てる人しか基本的には運転させない、乗せないという強い意志は必要なのです。
そのように考えると、「この車は俺以外には運転させない」「家族には運転させてもいいかな」とか
「同乗者は自分の子どもだけだな」「通勤のついでに社長を迎えに行くこともあるな」などと、運転する人、同乗者を想定します。
そうすると、自然に条件は決まってきますね。

僕が使っている裏技なんですが・・・実は、この運転者限定や同乗者限定は、便利に使えることもあります。
例えば、本当に「この車のハンドルは誰にも触らせない」とか「助手席に座るのは奥さんだけ」といった希望を持っている場合、うまく断る言い訳に使えるんです。

先輩や上司が「ちょっと車を貸して」などと言ってこられても、「すいません、運転者限定なんですよ」なんて断れるし、嫌なやつに「迎えに来て」と言われても「ごめん、この車、同乗者の保険かけてないんだよねぇ」なんて、うまく断れるんです。
僕がアレコレと条件を付けている理由はここにもあります。

その車に乗る人(もちろん自分自身も)を確認する。

自動車保険は、車にかける保険ですから、対象になる車がどのように使われているのか、しっかりと確認する事が大事です。
・その車を運転する人は誰か?年齢は?
・誰(何)を乗せるのか?
・一年間の走行距離はどれくらいか?  走行距離の算出方法
・用途は何か(業務、レジャー、通勤・通学)


PR: ネットでお申込なら最大5,500円割引!アクサダイレクトの自動車保険
PR: ネット割引最大7,000円 ロードサービス無料対応 チューリッヒの自動車保険

車両保険は本当に必要か?

車両保険はご存知のとおり、自分が運転する車が壊れたときに、その修理代を保険で補ってくれるというのが、主な保障内容です。
免許を取ったばかりの僕は、よく車をぶつけていたので、車両保険のお世話になっていたのですが、その度に次回の保険料が上がるので、「本当に得なのか?」という疑問を持つようになりました。

当時の僕の車は、トヨタ・カローラFXという、ホンダ・シビックに並ぶスポーツ・タイプの人気車でしたが、まだ若かったこともあり、保険に入るとき、その車両保険の高いのに驚いたものです。

そして現在の車、スバルのレガシィ・ツーリングワゴンGTーVDCというタイプに変えたとき、、あんまりでないか?と思えるような車両保険の料金に疑問を持ったのが自動車保険を見直すきっかけだったと思います。

保険料が高い上に実際に事故があったときに、いちいち免責の3万円を取られるのにも腹が立ちました。
結局払った以上は帰ってこないのが保険なのでは?と疑問を持ち始めたんです。

車両保険は、自分の車の修理代を保障するという内容の割りには高すぎるというのが、僕の考え方です。
何故、そのように思うのかは、詳しく書いていますので、ぜひ読んでください。

車両保険に対する考え方


特約も付ければ良いというものではない

特約も保険会社が掲載している紹介文を読むと、「これも付けたい、あれも付けたい」というマジックにかかってしまうかもしれません。
特約も車両保険と同じようにムダに付けても意味がありません。
さらに、それぞれの特約は安いように見えても、たくさん付けることで、けっこうな金額に なるものです

特約は必要な分だけ選んで付ける、また逆に特約が必要になるような運転を避けると考えるのも良いでしょう。