オートバックスドットコム

PR: ビックカメラ.com
PR: 【価格.com 自動車保険】あなたにぴったりの保険を探そう!

 NV-SB541DTのインプレッション

始めに・・・、前のカーナビが数年前に購入したパナソニックのストラーダ(DVDナビ)なので、
インプレッションが、これとの比較になるのをお許しください。
10年の差は大きいです。

GPSの位置表示について

昔のDVDナビとの比較で恐縮だが、まずGPSの感度と精度に驚きました。
前回のナビは、ダッシュボード上にGPSアンテナを取り付けると、
なかなかGPSの電波を受信できないので苦労したものです。

だから今回も内蔵のアンテナなど役に立たず、
外付けのGPSアンテナが必須だろうと思っていたのですが、
内蔵アンテナだけでも、全くロスしないし、
トンネルなどGPSの電波が受信できない場所でも、しっかりと自立航法が役に立って、
役に立たないなんてシーンはありません。

さらに驚いたのは、その精度です。
3車線の道路のどの車線を走っているのかまで正確に表示します。
中央寄り、から、左端まで車線変更すると、ちゃんと自社位置の表示も変るんですよ。
さらに反応が早い!!
車が動けば、すぐにナビも追従します。
ほんの数年で、ここまで進歩したのかと感動さえしました。
満足の精度です。

イマイチの評判なのが画質ですが、ソニー比べれば確かに落ちるようですが、
地図表示で見づらいなんて事はありません。

でも、ワンセグTVを見る時は、「もう少し見やすい方が・・・」と思ってしまうのも確かです。
まぁ、車の中でTVを見るなんて、ほとんどないので気になりませんが。。。

ダッシュボードへの取り付け

ピダゴリの名前はだてじゃない。



NV-SB541DTで注目されている装備の一つがピタゴリです。
吸盤でダッシュボードに張り付くというこのシステムは、ソニーにしかなかったのですが、
モデルチェンジで、ゴリラにも搭載されました。
その性能は?

スゴイですね、ピタゴリ
凸凹のあるダッシュボードなのに、吸盤で張り付くだけで本当に大丈夫か?と心配しましたが、
乗せかえるのに、ダッシュボードから剥がすのが大変なぐらいピッタリとくっつきます。
とても柔らかいゴムを使っている吸盤なので、かなり丈夫にくっつきます。

電源は、シガレット・ライターを利用

電源は、シガレットライターに差し込むだけでOKです。
バッテリー駆動で3時間動作するらしいのですが、1時間もすれば電池が減り始めるので、
ドキドキして使えません。
車内に電源確保は必要です。

VICSアンテナのとりつけ



↑これがVICS用のアンテナを取り付けたところです。
ごらんのように、ピラーにコードを通す必要があります。
ここが一番めんどくさい作業でした。

ただコードを通すだけなら指で押し込めばよいのですが、
ゴリラのVICS用アンテナは車体アースをピラーで取るようになっているため、
ピラーのカバーは外さなければ作業できません。
カバーを割らないように慎重に作業しましょう。

VICSアンテナコードの工作

メーカーでは、ゴリラを乗せかえる場合、
VICS用アンテナはオプションで、もう一つ購入するように勧めています。
簡単に買えるほど、安価ではないんですよね。

それに、僕のレガシィには、ストラーダに使っていたVICS用アンテナが残っているんです。
問題は、端子の種類が違うところ。

既存のアンテナを流用して、端子だけを替えれば、簡単に移設ができる・・はずなのですが、
ゴリラのVICS用アンテナの端子は、「PMT端子」という特殊なもので、
さんざんネットで検索しても手に入れる方法を見つけられませんでした。

そこで、標準装備のVICS用のアンテナ・コードを切断して、互換性のある端子に付け替える
という荒業を実施しました。
完成したのが、↓の写真です。



左端が忌々しい「PMT端子」です。
まずは、これを繋ぐコードを切断。
コネクターとして、普通に手に入るミニ・ジャックに付け替えました。
ミニジャックは、部品として購入するのはめんどくさいので、
100円ショップで、イヤホン用の延長コードを買ってきて、それを切って流用しました。

イヤホンジャック(ミニジャック)にしたのは、レガシィに既に付いているVICS用アンテナの端子が
イヤホンジャック(ミニジャック)なので、簡単に付け替えができるからです。

同心のケーブルを切断し、コネクターを二つ取り付けるわけですから、
ロスが懸念されましたが、実際に繋いで見ると、
↓のように、低電界地域でもちゃんと表示できたので、実用的には問題ないようです。



グリーン表示は、「渋滞無し」です。
通行止めになっている部分がちゃんと表示されているのが、カワイイぞ!!

オービスの位置データをダウンロード

ナビを購入して、一番にダウンロードしたいのはオービスの位置データという方、
意外と多いのではないでしょうか?
実は自分も、真っ先にダウンロードしたので、インプレッションを・・。

ダウンロードするサイトは、いつもNAVIというサイト。
ここにゴリラを購入した時に付いてくるIDとパスを使ってログインし、
SDカードにデータを保存します。
そのSDカードをゴリラに挿して、データを移せばOKです。

実際にオービスデータを取り込むと、下のような表示になります。



こうしてみると、九州もオービスだらけ、といった感じですね。
けっこうたくさんあります。

で、このオービス・データは、ただ表示するだけでなく、
車が接近すると、「速度に注意してください」と音声で案内があります。
なかなか優れた機能だと感心しました。

オマケのような機能ですが、便利ですよね。

ちなみにいつもNAVIというサイトでは、オービスデータだけでなく、
観光地やグルメスポットの情報をダウンロードして、ルート検索もできます。
使いこなせば、楽しいドライブができそうです。

 SANYO “ゴリラ”NV-SB541DT
ワンセグ&バッテリー&FM VICS内蔵 5.2V型 ポータブルメモリーナビ[吸盤スタンドタイプ]
オープン 価格  47,950円 (税込) 送料込