日産リーフ 中古車

EV(電気自動車)は得か?

EVはガソリンではなく、電気で走る自動車です。
家庭や公共・有料の充電器を利用して電気をバッテリーに充電、そのエネルギーだけで走ります。
もちろん、エアコンやヘッドライトなど、従来からある電装品も同じバッテリーを利用します。

ガソリンを全く使わないという魅力

EVが注目されている理由はもちろんエコ・・・と言いたい所ですが、
最近のガソリン価格の高騰を考えると、ガソリン代を少しでも節約したいと思うのは普通の考え方でしょう。

電気代とガソリン代は比較するのもアホらしくなるぐらいの差があります。
EVには”燃費”という考え方はありませんが、電力料とガソリン代の比較ができます。

日産リーフの場合、だいたい1km走行するのに1円ぐらいかかるようです。
という事は、10km走るのに必要なお金は、約10円です。

ガソリン車の場合10km/リットルの車では、150円ぐらい。20km/リットルの車でも70円ぐらかかるわけですから、
いかにEVの維持費が安いかというのが判ります。

日産リーフ 言わずと知れた日本が世界に誇るEV。
日産リーフ

EVの弱点

一方、EVの普及を妨げている弱点もあります。

走行距離が短い

一度充電しから走れる距離がリーフで約200kmと航続距離が短いのが最大の欠点です。

長い距離を走るには途中で充電しなければいけないのですが、その充電に急速充電でも30分もかかるのです。

長距離(200km以上連続で走る)で利用するのは、苦手と言えるでしょう。

インフラが普及していない

前述の理由で、遠くにドライブする場合は、途中で充電することを頭に入れなければいけませんが、
肝心の充電器が目的地にあるかどうか心配になります。

ガソリンスタンドのように現地に行ってから捜して何とかなるほど普及はしていません。

車自体が高い!

いくら維持費が安くても、車両本体価格が高いのでは なかなか元が取れません。
日産リーフの新車が約400万円、中古車でも200万円ぐらい。
軽自動車サイズの三菱i−miveも300万前後でしょう。

もちろん補助金も出ますが、初期費用が高いことは否めません。

また、車両本体が高い理由は、電池が高いというとなんですね。
この電池には寿命があって、ある程度の年数を使うと交換しなければなりません。

日産のHPにこの辺りの情報がQ&Aで記載されています。(以下HPより抜粋)

Q:日産リーフのバッテリー耐用年数はどれくらいですか?また、取り替える際の費用はどのくらいかかりますか?

A:使用状況によって差はありますが、日産リーフに搭載されるリチウムイオンバッテリーは、
  5年経過時で80%程度の残存容量を見込んでおります。
  なお、万が一取り替えが必要になった場合の費用につきましては、検討中です。

該当のホームページ

なんと価格については検討中!!
普及が進むにつれて下がってくるとは思うのですが、なんてったってリチュウムイオン電池です。
トヨタのPHVプリウスに搭載されて、価格が上昇したという事実を見ると、5年〜10年の間に、
20〜30万ぐらいの費用は見込んでいた方が良いのではないでしょうか?

i-mive 軽自動車サイズのEV。
三菱i−mive。

エコカーの本命と言われている理由

欠点もたくさんるEVですが、圧倒的な維持費の安さは他にありません。
また、自動車としての構造は非常に簡単なので、ニーズがあれば簡単に普及するでしょう。
ですから、エコカーとしての魅力はあります。

また現在の欠点、「航続距離」「価格」「インフラ」・・これらは、時と共に解決の方向に向かっています。
バッテリーについては、確実に高性能のものが安価になっており、充電時間も短く、さらにコードレスでの充電など、
手間もかからないように工夫されてきています。
さらに、充電器の普及の早さも特筆できます。
現在でも、高速道路を使う限りでは、SAに充電器が設置されていますから、心配無用です。

現在のEVを実用的に乗りこなす

話を現実的にして、「今、EVを買ったら、実際どうなのか?」という話をしましょう。

実は、知り合いに日産リーフに乗っている人がいますので、インプレッションを聞いてきました。
その話を元に現在のEVを考えてみます。

ブログの記事はコチラ↓です。

日産リーフの意外な効能

EVの圧倒的な維持費の安さを生かす!

とにかく車に良く乗る人・・・年間の走行距離の長い人は、維持費の安さを実感できるでしょう。
前述のように最新のHVと比べても、圧倒的に安い維持費は、乗れば乗るほど効果を発揮します。

また日産の場合、ディーラーに行けば充電器を無料で貸してくれますので、(12年10月現在)
電気代は無料・・・というのも夢ではありません。

EVは1日の走行距離が200未満なら問題なし!!

例えば、通勤通学や買い物などの利用の場合、たいていは1日の走行距離は200kmにはなりません。
したがって「1日1回 帰宅したら充電」すれば問題ないわけです。

「毎日充電」するのが面倒くさいですか?
実は、1日の走行距離が長い場合は、こちらの方が簡単なのです。

毎日200km走ったとすると、普通のガソリン車では、2日に1回はガソリンスタンドに行かなければいけません。
燃費の良いHVでも、3〜4日に1回は行って料金を支払わなければいけません。

・・・これがめんどうくさいのです。

ガソリンスタンドに全く行かなくて良いというメリット

例えば片道100km往復200kmの通勤に自動車を使ったとすると、ほとんど早朝に自宅を出発、深夜の帰宅になるでしょう。

このようなときに、3日に1回でもガソリンスタンドに寄るのは面倒くさいものです。
自宅に直帰できないし、いちいち支払いもする、セルフだったら自分で入れる(暑くても、寒くても)
これを繰り返すとなると、”まっすぐ家に帰れる”というありがたさを実感できます。

EVならば、自宅に帰ってプラグを車に差し込めば、それだけで翌朝また走れます。
自宅と職場だけを目的地にできるのです。

新車の無料見積ならオートックワン!

スマートハウスとEV

最近注目されているのがスマートハウスとEVの組みせです。
家庭で使うエネルギー効率を上げて、スマートに電力を使おうという発送がスマートハウスです。

スマートハウスのキモになるのが、電気を貯めるバッテリーです。

電力料金の安い夜間に電気を貯めて、この電気を昼間に利用したり、また災害で停電になったときに利用しようという考え方です。

家庭で使う電気というと大容量だろうと予想されますが、一度に人を4人運ぶことができる自動車が使う電力も大きなものです。
ですから、RVに搭載されているバッテリーで十分家庭の電力をまかなえるのです。

日産リーフが提案する「LEAF to HOME」は、このシステムを実現化したものです。

LEAF to HOME

ソーラー発電(太陽電池)とEVの組み合わせでスマートハウスを実現する

安い電力、エコ発電と言えばソーラー発電ですよね。

じつは、ソーラー発電を使ったスマートハウスを考えた場合、EVは非常に有効です。

というのは、ソーラー発電は、天気が良い日の昼間は効率良く発電するのですが、夜間や天気が悪い日は、発電しません。
通常は、このような時は電力会社から電気を購入するのですが、バッテリーがあれば、そこから電力が得られるので、電気を買う必要がなくなります。
自分の家で発電した電気を溜めて、それを使うのですから非常にお得です。

EVを購入する

各種補助金をチェックしよう

エコカーの本命と言われるEVですが、最大のネックは本体価格の高さです。
この点は、メーカーも普及を目指す政府も十分理解しています。

そこでEV普及の決め手になるのが補助金と減税です。

制度がコロコロ変わるので、詳しくはディーラーに聞くなり見積もりを取るなり調べた方が良いのですが、
すくなくとも2012年現在で、本体価格にも、家庭用充電器にも減税や補助金があります。

ですから「EVは高いから買うのはやめよう」というのはちょっと待ってください。
ちゃんと見積もりを取ってみないと、本当の価格は判らないものですよ。