PR: あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定
PR: 【価格.com自動車保険】無料一括見積もり!

エンジン選び方で、これだけ影響が出る!!

車選びの中でも重要な位置にあるエンジン。
しっかりとした知識を持っていますか?
何も知らなければセールスに言いくるめられ、結局無駄な支出をする事になります。
正しい知識あってこその、正しい車選びです。
効果な自動車を購入するのですから、しっかりと知識を蓄えましょう。

ここでは、エンジンの違いで、車の購入費、維持費がどのように変るのか?
そして、エンジンの種類と特徴を紹介しましょう。

エンジンに関係する維持費

燃費とエンジンの関係

最近のエコ・ブームのおかげで、最も注目を集めている車を測るモノサシになっているのが、燃費でしょう。
燃費は維持費に直結しますし、エンジンは、燃料を消費する部分ですから、もちろん燃費に関係があります。

燃費を測るためにエンジンをどのように比べればよいのでしょうか?
その一つの目安となるのが、カタログに書かれている数字、いわゆる「カタログ置」です。
下の表は、ホンダ・フィットの燃費性能が書かれています。(HPより抜粋)

*クリックすると、ホンダのオフィシャル・サイトにジャンプします

ここで疑問なのは、”10・15モード”と”JC08モード”の2種類の数値が出ていることですね。
実は昔々、車の燃費はカタログ置を上げるために、一定の速度だけで測定していました。
しかし、それでは信号もある、高速道路もある実際の走行状況とはかけ離れた数値になってしまいます。
そこで、加速、減速、最高速度など、細かい設定をして、実際の走行状態にできるだけ近い値になるように
工夫されているのが、”10・15モード”と”JC08モード”です。
”JC08モード”の方が最新の測定方法で、こちらの方がより実際の値に近くなっています。(はず?)

価格.com自動車保険 比較・見積もり

さて、ここで目を引くのは、やはりハイブリッドの「30km/L」でしょう。
なんと、ガソリン1リットルで300kmも走ってしまうという事ですね。
こうして比べてみると、一見ハイブリッドがお得のような気がしますが、実際はそうとも限りません。
ハイブリッドの難点は、「車両価格が高い」そして「電池の寿命が短い」という2点です。
燃費が良いからと言って、高価なハイブリッドを購入しても、なかなかガソリン代で元が取れません。
ガソリン代でやっと元を取った頃には電池の寿命が来て、交換しなければならないという状態になります。
ハイブリッド用の電池が高価なのは、ニュースで何度も取り上げられているほどですので、ご存知ですよね。

また逆の意味で目を引くのが4WDの燃費の悪さです。
同じ量のガソリンでは、ハイブリッドの半分ほどしか走らないことになります。
これはエンジンの差ではなく、複雑な4WDシステムのおかげで車両重量が増えてる(重くなってる)事が主な要因です。

ハイブリッドを選ぶなら

”燃費向上の決め手”のように思われているハイブリッドですが、燃費の向上に関してだけでも得意な走りと不得意な走りがあります。
「ハイブリッドなら何でも燃費が良いんじゃないの?」
と思ったあなたは勉強不足、セールスに乗せられてしまうタイプです。

ハイブリッドは、エンジンの良いところとモーターの良いところを組み合わせて、両方の特徴をうまく使うことで燃費の向上につなげています。
エンジンは、なんといってもインフラが整っている(ガソリンスタンドが十分に普及している)というところが大きい。
ところが、モーターの場合、電気を貯めておくための電池の容量が少なく、走行距離が少ないうえ、簡単には充電できないのが難点です。

フィット・ハイブリッド

一方、エンジンはモーターに比べると効率が悪く、特に加速については、モーターに一歩も2歩も譲るところです。
平地で同じ速度を維持するのは、エンジンの得意とするところで、燃費効率も良くなります。
したがって、加速はモーターで、速度の維持はエンジンで、という具合に使い分けられています。

そういう意味では、ホンダの”電動アシスト式”は非常に判りやすいです。
エンジンの横にモーターをくっつけて、加速する時だけモーターが働き加速をアシストします。
通常走行に入ると、エンジンだけで走行するようになっています。
電動アシスト自転車が、登り坂のときだけ、モーターがアシストする動作に似ているため、このように言われます。

自分のカーライフとの相性が大事

このようにハイブリッド・カーは、どちらかというと、加速・減速を繰り返す走りに向いているし、最近注目のアイドリングストップ機能も付いていることから、街中の運転に向いていると言えるでしょう。
加速、減速が少ない郊外や高速道路では、その性能を発揮し難いともいえます。

以上の事を考えると、燃費が維持費に直結する走行距離の長い人、しかも、街中の通勤や配達なに使うのならばハイブリッドがお勧めと言えます。

ところが、休日しか乗らないので、走行距離が少ない人は、ガソリン代が高くても本体価格が高い分を取り戻せないし、郊外のドライブや高速道路を中心に走る人は、モーターの特徴を十分発揮できないので、
ガソリン車で十分という事になります。

ここが重要なので、よく読んでください。
問題は、自動車にかかる維持費・・・だけではないのです。
ハイブリッドの場合、システムが複雑な分、購入価格もそれなりなのです。(減税処置があってもです)
ですから、長い通勤距離、頻繁に車を乗り回す人などにしか、維持費軽減のメリットはありません。
維持費が安ければ何でも良いというわけではないのです。

燃料(ガソリン・軽油)などにかかる経費

燃料にかかる経費を検討するのに、燃費だけでは足りません。
”油種”という需要な要素があります。
今、日本で一般的な自動車用燃料は、”ハイオク”、”レギュラー”、”軽油”の3種類です。

僕の愛車「レガシィ・ターボ」はハイオク仕様なので、燃料代は高いのですが、年間走行距離が短く、
税金との絡みもあり(次のページで説明)、そんなに維持費がかかっていません。
が、しかし・・・燃料代が高いのは否めせんよね。( ̄へ ̄|||)

日産 エクストレイル

一般的にはレギュラー・ガソリンだと思いますが、ここで注目して欲しいのが軽油です。
軽油と言えばディーゼル・エンジン。
最近では、日産エクストレイルが、排気ガスが綺麗なクリーン・ディーゼル・エンジン搭載で話題になっています。
このディーゼル・エンジン、実は管理人が一番注目しているエンジンです。

日産エクストレイルの場合、2,000ccでJC08モード13.8 km/Lと、そこそこの燃費ですが、実は低速トルクが大きいので、坂道や加速時など効率が良いので実用的な燃費はかなり良いのです。
さらに軽油は、レギュラーガソリンに比べると、リッターあたり20円ほど安くなっています。
50リットルで満タンにしたとすると千円ほどの差になりますから、これは大きくないですか?

日本では、まだまだ普及していないディーゼル・エンジンですが、実は非常にお得なエンジンなのです。

エンジンの選び方Aのページに続く


PR: メタボ対策!燃焼系ボディコース体験【エルセーヌMEN】

PR: クルマはネットでお買い得。ガリバーの「ネット割」