PR: ビックカメラ.com
PR: 【価格.com 自動車保険】あなたにぴったりの保険を探そう!

エアコンの上手な使い方を紹介します。

車体がを熱くならない工夫をしよう!!

車の中って、車外よりも暑いですよね。
外の気温よりも、車内の室温が高くなっているわけです。
このような結果になる理由は、車内の空気が暖められているからですが、
空気は透明なので、太陽の光で直接影響して室温が上がるわけではありません。
車体や、車内のシートが太陽光で温められる事によって、室温も高くなるのです。
したがって、車体の温度を下げることが室温を下げることに繋がります。

日陰に停車する。

当たり前のようですが、基本中の基本です。
直射日光が当たらなければ自動車の車体が熱くなることはありません。
いくらエアコンを聞かせても、車体が熱ければ、シートが熱くなります。
顔だけ涼しくても、背中が汗でベットリ・・・なんて事もありますよ。

サンシェードを利用する。

どうしても、日陰に停車できない場合は、サンシェードを利用しましょう。

車体そのものの温度上昇も、もちろん車内の室温に影響しますが、車の中が異様に暑いのは、フロントガラスなど、窓から直射日光が入るからです。
自動車は、ガラス張りの温室のような状態ですから、車内の温度が上がるのは当然です。
直射日光がガラス越しにダッシュボードや、シートなど内装にあたり、
ここが高温になり、続いて車内の空気が暖められることで、室温が高くなるのです。

そこで利用したいのがサンシェードです。
サンシェードは、車体の温度上昇を防ぐことはできませんが、ダッシュボードと、シートの温度上昇を抑えられます。
特にシートの温度上昇を抑えられるのは、効果が大きいものです。
ですから、ダッシュボードやシートに直接日光が当たらないようにシェードをかけることは、けっこう効果があるのです。

両面デザイン!内側にアルミ遮光材を使用。
エヴァンゲリオン オフィシャルグッズ

車内の空気を滞留させない工夫

暖められた空気が車内にこもらないように、窓を少しだけ開けておくなどの工夫も必要です。
密閉した状態でエアコンをフル稼働など、まったく逆の効果でしょう。
積極的に車内の空気を追い出し、外の空気を入れましょう。
これによって、かなり室温を下げることができます。

このような太陽電池を利用した換気装置だと、バッテリー上がりの心配がありません。

ソーラーベンチレーター CV002

すばやく車内を冷やす方法

暑くなった車内を冷やすためにどうするかですが、これで一番重要なのは換気です。
車内にある暖められた空気を窓を開けるなり、ドアを開けるなりして、とにかく車外に出します。
熱いもの(空気)を冷やすよりは、熱くないものを冷やす方が当然早くなります。
したがって、エアコンをガンガンかけるよりは、さっさと換気した方が早く涼しくなるものです。

次に問題なのは、シートの熱さです。
シートが熱いと、いつまでもエアコンの効果が現れないので、断熱効果のある敷物をするなどの工夫で、温度を下げられます。
また、背中の換気をするグッズもありますので、そういったものは積極的に利用するべきでしょう。

いくら室温が下がっても、シートが熱ければ話になりません。
そこで、シートを快適な状態に保つグッズの利用をオススメします。
メッシュでできたカバーや、ヒンヤリ・シートなどを使ってみましょう。
このようなグッズもあります。

涼風カーシート
BONFORM [ ボンフォーム ]
クールクッション 4

やってはいけないエアコンの無駄使い

一方、燃費が悪くなるばかりで、効果の薄い間違ったエアコンの使い方もあります。
間違いを止めることで、燃費の向上を目指す方法もあります。

設定温度を下げる

エアコンには、能力というのがあって、その能力以上には、冷やすことはできません。
設定温度が高かろうが低かろうが、能力が変ることはないので、設定温度を下げたから、
早く冷えるなんてことはないのです。

「じゃ、何のための温度設定なんだよ?」って思うでしょ?
実は、「この温度まで冷やす」という単なる目標なのです。
エアコンは、設定温度まで冷やそうとするのですが、早いか遅いかは、
エアコンの能力によります。

したがって、温度設定を下げたままにしておくと、快適な温度(通常は27度くらい)になっても、
さらに冷やそうとします。(時間に関係なく)
なので、無駄に冷やすことになり、燃費が悪くなるのです。

エンジン、エアコンのかけっぱなし

ここまで説明したように、車内が暑くなる原因は、車体や車内のシートやダッシュボードが熱くなるからです。
したがって、直射日光があたるところに車を停めて、サンシェードもしていないような状態で、
エアコンをかけ続けるのは焼け石に水をかけている・・・とまでは言いませんが、かなり無駄なのです。
冷やそうとする前に、熱くしない工夫をしましょう。

また、エンジン・スターターを使って、乗車前にエアコンを効かせておこうという方もいますが、
既に熱い車を冷やすという意味では、全くもって無駄です。
前述のように、まずは、車内の熱い空気を外に追い出してからエンジンをかけ、エアコンを入れるべきです。
これは我慢ができる、できないの問題ではないと思います。

エアコンを助ける便利グッズ、快適グッズを使いこなす

エアコンをできるだけ使わないのが燃費の向上に繋がるのは判っていますが、暑いものは暑い!!
そこで、登場するのが、夏のカーライフを快適に過ごすための便利なグッズです。
いろいろ紹介してますので、ぜひごらんください。

設定温度を下げる

夏のカーライフを快適に過ごす方法、裏技!