PR: 【中古車毎日入荷中!】ガリバー中古車ご提案サービス
PR: 中古車を探すならココ!全国20万台から検索できるよ!【カーセンサー】

第3のエコカーとは?

従来の技術をさらに進化させることで低燃費を実現する第3のエコカー。
まずは、第3のエコカーの特徴をみてみましょう。

ガソリン・エンジンの燃焼効率のアップ

レシプロ・エンジンは、ガソリンの持つエネルギーを100%自動車をを動かすために使われているのはありません。
実は、高圧縮の空気を用いても、効率の良いプラグで着火しても、全てが燃えるわけではなく、
燃え残ったまま排ガスとして排出されます。
高圧の燃焼ガスが漏れたり、ピストンを動かすための抵抗があったり、バルブの摩擦があったりと、
たくさんのロスがあります。
さらには、ガソリンは燃えますから、エネルギーの大半は”熱”として捨てられます。
エンジンは、あまりにも熱くなると壊れますから、冷やさないといけません。
冷やすために、またエネルギーを使いますから、エネルギー効率が良いわけがありません。

まずは、エンジンの燃焼効率を高める

エコ・エンジンの肝は、”いかに無駄をなくすか”にかかっています。
ピストンの数(気筒数)を減らしたり、高温に耐える素材を開発したりと、
とにかく徹底的にロスを無くします。

基本性能を高めることで低燃費化に成功!
ダイハツ:ミラ・イース

軽量ボディの開発

価格.com自動車保険 比較・見積もり

ハイブリッド・カー(HV)は、低燃費のエコカーの代名詞のようになっていますが、
そもそも、エンジンとモーター、そしてモーターを動かすバッテリーを積み込むので、
車体が重くなり、これは燃費に悪影響を与えます。

それでも、モーターを付けた方が燃費が良いのは、それだけエンジンの効率が悪いからです。

したがって、効率の良いエンジンさえあれば、モーターもバッテリーも不要。
車体を軽く出来ます。

このように、できるだけ重いものを減らすのと同時に、新技術、新素材などを多用し、
丈夫なボディを作ることで、結果的にボディそのものを軽量化できます。

構造が簡単なエンジンに軽い車体で軽量化し、燃費を稼ぐのです。


アイドリング・ストップ

従来の技術を切磋琢磨するのは当然ですが、新しい技術も開発されています。
新技術の目玉がアイドリング・ストップでしょう。

車が止まればエンジンも止まる、アイドリング・ストップ

”エンジンは車を動かすもの”と考えると、車が止まっているのにエンジンが動いているアイドリング状態は、
はっきり言って無駄です。

特に、ATの場合、停車時に”D”レンジに入れたままだと、最悪に燃費が悪化します。↓

シフト・レバーの使い方

しかし、停車の度に、いちいちエンジンを止めるのは、めんどうくさいし、モタモタしていると、
渋滞の元になり、これまた環境に悪影響を与えます。

アイドリング・ストップ機能は、この部分を自動的にやってくれます。
すなわち、車が止まればエンジンが止まり、動き出す直前にエンジンがかかるのです。
これによって、飛躍的に燃費を向上できます。

第3のエコカーの燃費競争が始まった!

元々、この分野に力を入れていたのが、マツダです。
マツダのエコカー技術はスカイアクティブと呼ばれるシステムで、
エンジンのエネルギー効率のUP、車体の軽量化、アイドリング・ストップなどの技術を駆使して
低燃費を図っています。

これで人気が出たのが同社のデミオです。
車が止まるとエンジンが止まるというアイドリング・ストップも斬新なアイディアも受けたと思います。

このデミオがヒットしたおかげで、レシプロ・エンジンの低燃費化に火が付きました。
デミオのヒットに黙っていなかったのが、ダイハツです。

よほど燃費で負けたのが悔しかったのか、そもそも技術力があったのか、
なんと、30km/L をマークする ミラ・イースをリリースしました。

さらに、これを追随するのが、軽NO1を自負するスズキです。

その名もズバリのアルト・エコは、なんとリッター30kmを越えて 30.2km/Lです!!

多少細かいとは思いますが、ダイハツよりも0.2kmほど勝っていることになります。
(あくまでも、カタログ上は)  (^_^;) 

進化を続ける第3のエコカー。いったどこまで燃費が向上するのでしょうか?

第3のエコカーのメリット

このように、従来の技術にさらに磨きをかけ、燃費を良くする手法は、
ハイブリッドやEVに比べると、”コストが安い”というメリットがあります。

HVにしても、EVにしても、車両本体価格が高いし、バッテリーの更新もあり、
”エコカー”として自己満足はできますが、正直言ってガソリン代を節約して元を取る・・・なんてことは難しいです。

その点、第3のエコカーの場合は、十分のお得感があります。
なんと言っても、いままでの技術の積み重ねの部分が大きいし、部品の点数も少ない。
ですから、最新技術やレア・アースが詰まったHVやEVに比べると格安の車両本体価格なのです。

これで、エコカー減税も適応されるのですから、かなりオイシイ、ジャンルではないでしょうか?


あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】