弊の松原



            芥屋の大門に沈む夕日