命のバトンリレー   大分医科大学

厚生省、エイズ予防財団主催の学園祭イベント命のバトンリレーが
1998年11月22日(日)大分医科大学で行われました。

前回の開催地、愛媛大学から全国を回ってきたバトンを受け取ります。

大仁田厚さんと神太郎さんの司会で始まりました。
緑のジャンバーは学園祭実行委員の春名くん。

日本病院会認定のピアエデュケーター(大学生)です。
エイズの感染経路、セクシャリティなど、自分の言葉で分かりやすく説明してくれます。
参加者も一緒に試験管を使って、コンドームの装着練習もしました。

HIV感染者の方からお話を聞きます。

オークションで盛り上がりました。

オークションや会場から寄せられた募金をエイズ予防財団の桜井さんに渡しました。

The Water of Lifeのミニコンサートです。
バンドじゃなく、1人でやっています。

フィナーレ。今日来られた方がエイズについての思いを語っています。
メッセージは届きましたか?

これが全国を旅してきたバトンです。
12月1日の世界エイズデーに東京で行われるイベントへ、最後のリレーが待っています。

寄せ書きに今日の大分医科大学からのメッセージを書きいれます。

全国各会場から寄せられたメッセージです。

前の画面に戻る