tokioコアラ偵察報告!!
なんなんんだ!このパワーは・・・・。

というわけで、東京メンバーさんのご厚意により歓迎オフを催していただきましたのでご報告。

今回の私の任務は、東京よりの使徒の全貌をデータ収集し、来る4月6日大分での歓待決戦に備える事にある。

あまりにも無防備に事に望んだため、不覚にも翌日は頭痛に見舞われ貴重な東京での時間を数時間無駄にしてしまったことを付け加えておく。(おかげでアキバ滞在時間が少なくなってしまった。)

大分迎撃要員の諸君!これは、真実のドキュメントである。4月6日はこころしてお迎えせねば、コアラの明日はない。??

繰り返す!これは演習ではない。これは演習ではない。・・・・・。

 

 

「♪新宿西口駅の前〜、カメラはヨド・・・・。」の東口店の、よこの雑居ビル6階。じゅらくエイトビル(なんか、うるさい説明であるが、云いたいのはアルタのすぐ側のビルでその会合は行われるようだということ。)久々の都会に若干おびえながらエレベータに乗ったわたし。

アルタ前の雑踏の中でデジカメを取り出すなどという業は、オノボリサンでなければできない芸当だ、そういう輩を横目に見ながら「イナカモンやってんじゃねえよ。」と思っていたのも、早7年まえ、すっかり立場は逆転し蔑視を浴びせられる側になっているのだった。

エレベーターを降りるとそこはすでに店内。まだだれも来ていない。(おい、心細いぞ。)オノボリサンはさらに焦る。
店内では恋人たちの語らいが天幕の中から聞こえるではないか、これが、店名「パオパオ」の由来だな。明かりは小さなランプ。
良い感じの店だ。りんちゃんのセンスなのか?僕がこの界隈を歩いていたころには無かった店だ。

いずれにしても、この店には場違いな自分に気が付かないほど愚かではないのだ俺は、まいったか!ハハハ・・・・。(おーーい、だれか早く来てくれ。)

手持ちぶさたなのでデジカメで店内を写す。アラビアンナイトか、チンギスハーンの世界

そうこうするうちに阿部@旧ハイパー研、現在KDDビルでお仕事中。日本衛星電話(株)技術部担当部長さまである。まずい、気安くりんちゃんなんて言えないぞ。

こんな、ムーディーな空間で野郎二人で愛を語り合っても仕方が無いので、りんちゃんのお仕事関係の話しや、大分の近況報告などをする。

今回、りんちゃんに会う事に関して僕は、某組織より、別名を受けていたのでだ。それは、「6月にパリの地にて行なわれるW杯サッカーの報告をかの地よりライブで行うための技術的検証と資料集め」である。欧州統一規格のGSM電話というものがあるらしい。モバイルOK、パソコンも国内品を持ち込んで通信可能だそうだ。コアラのローミングサービスかニフティを使えば意外に簡単に通信できそうな気がしてきた。収穫大である。

この、GSM電話の中にはsimmカードというものを使って決済他の機能を提供されるらしい。写真はそのシムカード。こんなに小さなカードでねえ・・・・。

そこへ、オン先生登場!!おお久しぶり。別府湾会議以来の対面である。

今回の集まりのために、ロマンスカーで飛んできてくれた。感謝!感激!

ほどなく、ユパさまこと、吉住さんも到着。「は、はじめまして・・・。」なんと私は、コアラの重鎮

ユパ様に謁見するのははじめてなのだ。オンラインであれだけいっしょに遊んでもらっているので、あんまし初対面という気はしなかった。飲み会の最初は敬語をつかってたと思うけど、そのうちタメ口たたいてたと思う。この場を借りてお詫び申し上げます。

この店自慢の無国籍料理を肴に話しははずむ・・・。

唐突にりんちゃんが、「実は今日、急にもう一人来る事になって・・・・。」

 

このひとが、「オフラインの魔女」と異名をとる、たかはしそうこさんなのだ!!

へへええーーー。

一同礼。東京メンバーの態度に変化が有った。

あろうことか、僕のとなりの席に、悲劇のはじまりである・・。

(うそです。ルシータ様。光栄の至りでごごごございます。)

ジャーーン!!

とっても明るい人だ、ルシータさんをまじえて談笑はつづく、つづく、つづく

東京の大分人の活気を垣間見たなあ、大分の話しもいっぱいした、この方、イメージどおり舞鶴だそうだ、なるほどね。僕とは天敵になる可能性を感じた。いや、これは上野丘の不完全燃焼によるコンプレックスかもしれん。因みにりんちゃんは、雄城台だそうです。

ピロロロr−−携帯の呼び出し・

突如、大分より入電!!電話魔「有機酸」による奇襲攻撃。

四月にある東京メンバー歓待決戦の作戦隊長である。

みんなとひとしきり会話が続く、こんな遊びは僕が東京にいるころには無かった。

飲みながら、2000キロ離れたところの人としゃべるなんて、さすがネットワーカーたちじゃ。??

そんなことより、有機隊長じゃなくって結城隊長、至急デフコン1にしてください!!
大分は四月6日は荒れますぜ。

「もし、もし・・是ちゃん?僕だよ・・・。」

有機酸の攻撃に対してTOKIOメンバーの無差別報復攻撃が始まる。

時すでに21時すぎ、いきなり他人宅に電話するには遅いが携帯to携帯は気にならない。

最初の犠牲者は、事務局員是永さん。「こんな時間にまだ、事務局いるの?」との問いに

「おる、おる!絶対おる。」と云った私の言葉どおり「ハイ、COARA事務局です。」とハードワークにさらされた、けだるい声が聞こえた。

「みよこさん、このまえはどうも・・・・・。」

僕らのばか騒ぎで電話が遠いのかな?
東京メンバーもやはり人の子?電話攻撃をする相手は女性である。

「もしもし、私よ」ってだれもわからんちゅうの。

こんど「インターネットカフェCOARA」の出演打ち合わせ中のルシータ&さわっこ

会った事もない人間がこんなにたのしげに話せるのはネットワークのおかげである。
(シラフでつきあっている電話の向こうの人がたのしげかどうかは、関係ないのだ。なにせこっちは、ヨッパライなのだから、論理は必要ない世界なんだからね。)

もうしわけありません。犠牲者のみなさま

冷静を装う、わたし。

しかし、大分にかえってこんな狼藉をはたらいてしまったわたしは、さわっこ様からどんなお仕置きを受けるのだろうかと、不安もよぎる。

でも、いいんだ、今楽しければ・・・。

嗚呼、刹那的。

飲み物がワインに変わってさらに元気付く、tokioメンバー!

 一次会終盤の、tokioメンバー顔色が変わっていないのはご覧の通り、
ルシータ女史だけだ。

 

東口、地下道入り口で記念写真!パシャ!!(っとは、デジカメは音がしないのである。)

オンちゃんが追跡するふたりづれ・・・。

若干、エンコーチックに映るのは私だけ?

註、エンコーチックっていうのは、「援助○●のような」という、最新英単語である。

末広亭の近所まで歩いてきました。学生時代は、よくこの辺で合コンがあったのですよ。

懐かしさに涙、涙・・・・。(この看板は二次会の会場です。)

地下に降りていきます。

東京下町名物「もんじゃ焼き」が出てきました。上に乗っかっているのは、明太子です。

それより、「もんじゃ」の正統派の具に、「ベビースターラーメン」が含まれているとは知らんかった。

直径6,70cmはありますね。

程よく、明太子が焦げておいしかったです。

このお姉さんはなかなか、アイソーがいい。大分には最近少ないタイプである。

「ハナコ」さんと名乗っていた。うそやろうけど。

まだ正気の、りんちゃんとたかはしさん。

この辺ですでに飲み物は焼酎お湯割になっていたと、思う。

驚いたのは、お湯割グラスがドカッと酎ハイのロングのグラスで出てきたのだ。

一杯で二杯分はあるな。

ほーーら、轟沈!!

じぇーーん、じぇん、平気そうです。

 この顔にピンときたら、はい、サクロン。

そろそろ、タイムリミット。「終電」です。いいですねえ、東京のひとは飲み会にも節度が持てますねえ。帰れなくなったら、困りますからねえ。

大分では、自分に厳しくないと泥沼にはまりますよ。 

駅へ、いそぐTOKIOメンバー。

 

また、会いましょう!!

 

4月6日は、たのしみにしていおりますよ。

大分は鉄の守りでお出迎えです。