ご注意ください。紛らわしい品質表示

お客様に、「羽毛ふとんは、羽根フトンなどとは違うんですよ。」というとビックリする方やきょとん?とした顔をする方が多いのです。
広告や、通販カタログで見ると、「羽毛ふとん」と「羽根ふとん」は同じように読みすごしてしまいそうですが、品質的には、全くグレードの違うものなのです。

 名前の通り羽毛ふとんの中身は羽毛(ダウン)で、羽根ふとんは羽根(フェザー)が入っているわけです。

実際に羽毛ふとんと呼んでいるのは、ふとん業界の決め事で、中身(充填物)に50%以上の羽毛(ダウン)を使っているもののみを羽毛ふとんと呼ぶことにしています。
50%に満たないものは、羽根ふとんと呼び分けなくてはいけないわけです。




「羽根」フェザー
「羽毛」ダウン  
 抜群の保温力を誇る天然素材である羽毛(ダウン)はその種類が多く、品質にもそれぞれ違いがあ ります。 がちょうの胸から採れるわた毛をグースダウン、アヒルや鴨から採れるものをダックダウンと呼び、 その採取方法もハンドピックとマシーンピックに分かれます。 また採取時期によっても品質が異なり、もちろん冬の方がダウンボールの大きな良質のものが採れ ます。 また高温多湿(梅雨季)においては匂いの発生源となり、より高度な羽毛洗浄が求められます。 羽毛布団おいては、90%以上JIS規格商品が流通しています。 通常は胸毛(ダウン)と、ロフト性の良い羽根(フェザー)を組み合わせて使用しますが、胸毛( ダウン)の割合が多い程保温性が高くなります。



充填物(中わた)について
掛けフトン用の充填物(中わた)は羽毛(ダウン)と羽根(スモールフェザー)に大きく分けられます。
(その他にファイバー、夾雑物がありますが、質の高い製品ほどこれらが少ないということです)

羽毛(ダウン)とは、水鳥の胸の部分に生えたうぶ毛のことで、硬い軸はなく、軽くて大変やわらかです。保温性と押さえつけた場合の復元力にも優れています。

羽毛ふとんで価格の高いものはヨーロッパ産(特に東欧)の水鳥の羽毛を使用、
比較的手ごろなものは中国などアジア周辺産が多いです。

羽根(フェザー)とは翼のまわりを覆っている軸(羽枝「うし」という)に平面状に毛がついたものです。水分の吸湿と放湿性がありますがが、硬い軸の部分が、布団の中でゴワゴワしますし、ふっくらとお布団を膨らます力が弱いため、掛けフトン用としてはあまり適していません。

羽毛ふとんの表示の知識 
たとえば羽毛90%と表示してある製品は、業界基準で+-5%以内の誤差まで認められている。つまり羽毛が最低でも86%は入っている必要がある。これ以下だと偽った表示(不当表示)となり法律に抵触する恐れがあります。
(かつて廉価品に、こういうケースがありました。)
※社内的にさらに厳しい品質基準を設けているメーカーもあります。


一枚の羽毛フトンを作るのに必要な羽毛は、水鳥50〜80羽分といわれています。

充填物の吹き出し
使用している間に、羽毛や羽根が飛び出してくことがあるります、これを防ぐために、中わたを詰める生地(側生地)にダウンプルーフ加工(※)という目止めをおこなっているものも多いです。

 中わたが飛び出してくる時は、一般に縫い目の隙間からでてきたり、生地自体を羽根の軸が突き抜けてくることもあります。(一般にダウンの混率のある程度高いものはこういうケースになることはありません。)

(※)ダウンプルーフ加工とは、中わたが生地から噴出すのを防止する為に、ローラーで生地を圧延し、コーティング材を塗布する加工の事です。ダウンプルーフ加工の難しさは、風合いの通気性を保ちつつ、吹き出しを防止しなくてはならないという相矛盾する課題を持っている点です。

密封性を高めれば、噴出しにくくなりますが通気性は損なわれますし、逆でも問題になる。

これは、私の考えですが、頻繁にお布団干しや、カバーリングの洗濯をするようにして
わた埃がたまらないようにすることができるのなら、なるべく柔らかな、必要最小限度の加工で
風合いのよい羽毛生地を選ぶようにすべきだと思います。

なににしても、羽毛と羽根は違うものです。
風合いの違いをぜひ信頼できるお店で、直接手にとって触って見てください。

因みに当店では、50%以上の羽根を含む商品は一切扱っておりません。

「ねむりの森フォレストビレッジ」へ

快適睡眠研究所へ