羽毛のはじまりはヨーロッパ
 ガチョウやアヒルと人間との関わり合いの歴史は中国4千年の歴史にも見られるように非常に長いものです。

 こうした水鳥類の羽毛が寝具などの充てん物(中わた)としてヨーロッパ、とくにドイツ、北欧、米国では昔から使われてきたのです。
 歴史をたどってみるとノルウェーの王候、貴族達の墓をはじめ、海賊・ヴァイキングの墓からも羽毛布団が発掘されたと伝えられています。当時すでに北欧を中心に広く羽毛布団が使われていたことの証ですね。
 中世に入ると、ますます羽毛フトンは広まりましたが、まだまだ一部の裕福な人たちに限られ、ある意味ではあこがれのものでした。

 例えばフランスには「羽毛ふとんに寝る」”Coucher sur le duvet”と書いて「ぜいたくをする」という意味の俗語があったそうです。しかし、そんな当時の状況も、18世紀末に起こった産業革命によって、大きく変化し従来は手作業によって作られていた羽毛ふとんも機械による生産に変わり、大量生産の新しい時代に入っていきました。

 工場で生産され産業製品として登場した羽毛ふとんは、ドイツをはじめとしたヨーロッパ諸国に広がっていきました。そして、現在羽毛ふとんの先進国である北欧のノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フィンランドなどの諸国では羽毛ふとんの普及率は80%以上ともいわれるように極めて高いのです。
ドイツでも80%前後の普及率となっているのだそうです。

日本国内では
 わが国では羽毛ふとんの普及の歴史はまだまだ浅いのです。
明治、大正時代は上流階級とか、いわゆる洋行帰りといった極めて限られた人たちは使用していたようです。
 当時の羽毛ふとんは、とびきり高級かつ高価な舶来品で庶民にとっては高嶺の花といった存在だったことでしょう。
 我が国で羽毛ふとんが作られるようになったのは昭和の初め頃からで、ようやく一般家庭にその普及が始まったのはようやく昭和40年代前半になってからのことです。

 当時、高度成長を背景に一般家庭の生活も豊かになり、それまで高級商品的な見方をされてきた羽毛ふとんも一般家庭で購入されるようになったのです。 しかし、当時はまだまだ贅沢品としてみなされ、40%もの高い物品税が課せられていました。

 当時の羽毛ふとんはドイツをはじめとしたヨーロッパ諸国から製品を輸入して国内で販売するといった方法が大半でした。
 昭和44年に物品税が廃止となりました。その理由は消費生活の向上、所得向上などと照らし合わせて羽毛ふとんは贅沢品ではなく、実用品であるとの認知を得ることであった。
中国との国交回復で、羽毛ふとんの消費は急速に加速しました。羽毛ふとんの生産国である羽毛貿易にも好影響を及ぼし、加えて為替の急速な円高差益などに後押しされて、羽毛ふとんの普及は本格化したのです。
 こうした普及の拡大に合わせて、昭和40年代後半から国内での生産も本格化します。
羽毛の精製・充填・縫製など一連の機械設備を導入した羽毛ふとんメーカーが相次いで誕生し、生産に関連する羽毛洗浄機、ソーティングマシン、ミキシングマシン、充填機、縫製機器などの開発が急ピッチで行われました。また、原羽毛洗浄の為の洗剤や薬剤、さらには羽毛ふとん専用の生地の開発も進み、国内生産の羽毛ふとんが国際羽毛市場をリードするようになっていきました。

 しかし、急速な普及拡大は品質面、価格面に適正さを欠いたことも否定できません。当時、品質表示の法律も整備されず、品質についての基準も統一されておず、品質の悪い粗悪品が適正でない価格で市場に出回るなど消費者に戸惑いを与えるようなことになり、
 
 平成元年、日羽協(日本羽毛寝具製造業協同組合)を中心として当時の通産省、学識経験者、消費者代表による原案作成委員会によって、JIS規格(日本工業規格)に規定され、「羽毛用語」「羽毛の試験方法」が国内で統一された国の基準として決定されました。

日本の気候風土にあった高機能寝具として、高級感をもつ感性、本物志向、そして健康機能ともあいまって、わずか30数年の間に驚異的ともいえる急成長し、いまや寝具の代表になっています。
アヒルとガチョウの違いはなに?
 アヒルとガチョウは、イメージ的にはそっくりですが、現物を見てみると意外に似てません。アヒルもガチョウもガンカモ科という同じグループの仲間です。白いアヒルと白 いガチョウは一見よく似ていますが、大きさや習性は違うので区別できます。
ガチョウ アヒル


●ガチョウの起源は野生のガン
 ガチョウは野生のガンを家禽化したもので、古代エジプト人が紀元前に飼っていたのがその始まりです。大型の家禽に属し、産卵期は2-6月ですが、1年に30個くらいしか産卵しないのであまり増えません。
 卵は200-250g、ヒナは130-160gで、成長はきわめて速く、2カ月もすぎると、しだいに本羽毛が生えそろいます。成長中は大量のえさが必要で、エサがなくなると、人の後を追い大好物の緑餌(りょくじ)を求めるなど、人に慣れやすく、人見知りもします。10週齢になると成長はゆるやかになり、外観は親と同じくらいになります。翌春には産卵を開始しますが、本格的な成鳥となるまでには4年ほどかかります。寿命は約20年です。

代表的な卵用種、カーキーキャンベル
左:メス、右:オス



デンマーク系ペキンは肉用種


アヒルのひな
●もとは渡り鳥だったアヒル
 アヒルはユーラシア大陸に野生している渡り鳥(マガモ)が家禽化したもので、中国、ヨーロッパなど北半球を中心とした地域で飼育され、西暦60年頃にはすでに家禽化されつつあったようです。日本では平安時代に飼育された形跡がありましたが、1877年にアメリカからペキン種が輸入されて、はじめて産業としての飼育が始まりました。

 河川や湖沼など水辺を利用して飼育していましたが、近年は陸飼いが一般的です。また、低利用の飼料(おから、魚のアラなど)でも肥育ができるため、動物タンパク質資源として重要な家禽と考えられています。

 早熟早肥なので、出生時の体重約50gが、25日でその約10倍、10週齢で生時体重の50倍にもなり、成体時は約3kgです。鳴き方でオスとメスの判断ができ、メスは「ガアガア」とやかましく、オスは「ギーギ」または「クエクエ」とのどをつぶしたように鳴くのが特徴です。

 アヒルの肉は、特にロースの伸びがよく、厚みがあります。肌身は白く、肉色はあざやかな紅色のものが最良です。肝臓はフランス料理の高級品として珍重されています。

 アヒルは卵を抱く習性(就巣性)があまりなく、卵用種では年間200個くらい産卵します。卵は鶏卵よりも大きく、殻は油気を含み光沢があり、ピータンなどの加工用として利用されています。羽毛は生体重の約6%採れ、柔らかい胸部毛は最高級羽布団の原料となります。

掲載の全コンテンツの無断転載・転用は固くお断りいたします

ねむりの森 フォレストビレッジへ