当てはまる項目を数えてね。

  1. 寝室専用の部屋が有る
  2. 外部からの騒音が原因で、夜中に目が覚めるようなことはない。
  3. 眠るとき、窓からの光や電灯の明りは、遮られるようになってる。
  4. エアコン付きの寝室だ。
  5. 寝室のそばにトイレが有る。
  6. 夜中にトイレに行くとき、足元が危なくないように配慮してる。
  7. 寝室には窓や入口が2個以上有る。
  8. 万一、地震が起きても物が落ちてきたり、倒れたりしない。
  9. こまめに掃除されている寝室だ。
  10. 換気や風通しに気をつけている。
  11. 車の振動が伝わってこない。
  12. 押入や、ふとん干場が確保できてる。
  13. 寝室のインテリアには気を使っているほうだ。
  14. 就寝時に、電話や赤ちゃんに起されることはない。
  15. 寝床の中で、寝室の明りをつけたり消したりできる。
  16. 床の段差を無くすなど、安全性を配慮している。
  17. 敷ふとんは、体にやさしい柔らかさが有ると同時に、寝姿勢を保つ適度な固さと弾力が有る。
  18. 使っている枕は、自分にあってると思う。
  19. 肩のあたりが冷えないような寝具を使っている。
  20. 使っている寝具は軽く、扱いやすい。
  21. 朝、肩凝りや腰痛がなく、気持ちよく起きられる。
  22. カバー、シーツは3種類以上持ってる。
  23. 綿毛布、またはダウンケットを使っている。
  24. ナイティのウエスト部は自分の体型にあっている。
  25. 季節に合わせて素材のちがうナイティを使い分けている。
  26. 下着と同じようにこまめに洗濯している。
  27. ナイティは4種類以上持っている。


    いくつ当てはまりました??該当数をクリック!

    
    25個以上の方
    
    	18〜24個の方
    
    		11〜17個の方
    
    			10個以下の方
    
    

    ホームページにもどりましょ。


    文句なしの睡眠環境

    お見事です。

    理想的な睡眠環境ですね。日本の住宅事情からみても、これだけの水準を保てる人はめったにいません。寝具やナイティにも気を配っていますね。

    この環境でも、眠りに悩みが有る方は、健康面、精神面をチェックしましょう。

    ホームページにもどりましょ。


    理想まであとちょっとの努力を

    まずまずの睡眠環境です。

    朝、疲れが抜けて、さわやかに目覚められれば、問題はありません。

    ただ、眠りの深さは、年を取るにつれて浅くなりがちです。いまの環境はその時影響を及ぼします。将来に備えて、昼間だけでなく、夜の就寝環境も心を配る習慣をつけておきましょう。

    ホームページにもどりましょ。


    できるものから一歩ずつ

    まるでダメとはいいませんが、あなたの睡眠環境はかなり・・・。

    寝室そのものの改善が無理なら掃除や洗濯などできるところからはじめましょう。

    睡眠は一日の疲れを癒し、明日への活力源であることをお忘れなく。

    ホームページにもどりましょ。


    眠りにもっと関心を

    こんな状態でも眠れるあなたは、健康な証拠。

    でも、眠りと言うものに、あまりにも無頓着すぎませんか?

    体を壊してからでは遅すぎます。 チェック項目が一つでも増えるように睡眠環境を整えましょう。

    ホームページにもどりましょ。