[GOWの部屋][建築の部屋]


ここでは私の好きな建築家、最近気になる建築物などについて語らせていただきます。


 

027.大分市立荷揚町小学校(20170410

 

はじめに

 

僕の母校である『大分市立荷揚町小学校』が先ごろ「閉校」しました。

大分市中心部の空洞化(ドーナツ化とも)が進み、今年度から小学校3校と中学校1校が統合。新たに創設された『大分市立碩田中学校』改め『大分市立碩田学園』小中一貫校として再スタートすることになったためです。

「閉校」なんて田舎や離島など「僻地」のお話だとばかり思っていましたから、まさか大分市中心部でも同じことが起こり得るとは正直夢にも思いませんでしたよ(笑)。

で先日、荷揚町小学校の校舎が一般に開放されると聞いたので、あちこち写真を撮って来たという次第。

そんなワケで今日はその時に撮影した写真をいくつかご紹介しましょう。

一部の人にはとても懐かしい、昭和建築ノスタルジアの世界をお楽しみ下さいませ☆

 

 

 

大分市立荷揚町小学校

 

先ずは正門から。

と言っても僕が卒業した後にリニューアルされているので、もはや何の思い出も無いんですけども(笑)。

場所は大分市の中心部で、『大分市役所』の目の前。警察署や裁判所などが集中する荷揚(にあげ)町です。遥か昔はこのあたりまで海岸線だったらしく、船から「荷を揚げる」場所だったことからその名が付いたんだとか。

正門前の道路沿いにはイチョウ並木が続いており、秋になるととても美しかったことを今も思い出します。

こちらは正門のある南側からの校舎全景。

基本的には昔と変わっていないのですが、一部窓がコンクリートで塗り潰されております。これは耐震補強のためだと思われ。何とも無粋な姿ですね(悲)。

写真左手(西側)と右手(東側)に玄関と階段があるのですが、今回は当時良く使っていた「東側玄関」から入ってみたいと思います。

校庭東側には遊具があるのですが、手前の象みたいなものは確か『マウントプレイス』と呼ばれていたような…。これは僕が在学中に新設されたと記憶しています。その手前には砂場があって、走り幅跳びなどをここでやっていたのですが、今では無くなっていますね。その向こうにあったコンクリート製の『アリジゴク』?もいつの間にか撤去されていました。

正面の白いフェンスのところがプールで、その向こうには旧『大分幼稚園』があります。その向こうに一部見えるコンクリート製の建物が旧『大分県立図書館』現『大分市アートプラザ』。大分市出身の世界的建築家磯崎新が日本建築学会賞を受賞した超有名な作品ですね。本当に目と鼻の先で、小学生時分は学校の帰りに『県立図書館』で毎日遊んでいました☆

でようやく「東側玄関」に到着。

コンクリート庇の汚れが年季の入っていることを無言で示しています。

中はこんな感じ。

当時はここで上靴に履き替えてから教室へ向かったのですが、今回は靴下のまま。

来客用スリッパが用意されていたようですが、うっかり履き忘れてしまって(笑)。

いきなり「広場」のようなものがあって、北側には「手洗い場」。正面非常口の手前を左に曲がると校舎西側へ移動でき、手洗い場前を右手に曲がると教室が2つあります。

僕がいた頃は「家庭科室」と「図工室」だったと思うけど、今はなぜかその入口に間仕切り壁が設置されていました。どうやらこの扉を施錠すれば、学校が休みの時でも東側2教室だけは校庭から直接アクセスすることで使用可能になっているらしい。この日も実際校庭から直接出入りしている人がいました。

「広場」?から「東側玄関」を振り返るとこんな感じ。

昭和306月に新築された校舎だけど(学校そのものは明治6年に『大分小学校』として発足)、今思うとバウハウスデザインの影響を受けていたのかなと。

階段の蹴上げには英語で1月から12月までのプレートが貼られていましたが、小学校での英語教育なんか無かった僕らの時代にはもちろんこんなのありませんでしたよ(笑)。

この階段を3階まで一気に上ります。

2階と3階の間の踊り場から見るとこんな感じ。

万一階段から落ちても1フロア下で止まるように階段がずらされて設置されているのが分かりますね。当時はそんな設計者の配慮にも全然気づけなかったけど(笑)。

2階の東側(写真だと右手)には確か11組と2組があり、その上には61組と2組があったような…。

5年か6年の時に3階「広場」で「もしも柵から乗り出して下に落ちたらごっこ」←をやっていたら、担任の先生からこっぴどく引っぱたかれたことを急に思い出しました。昔は「危険な遊び」をやると大人が本気で叱ってくれましたよね。で「今日学校で先生にビンタされたんで」と家で話せば、今度は親から「お前が悪いことをしたからやろうが!」とまた叩かれるという(笑)。

ホント、良い時代でした(涙)☆

こちらが3階の「手洗い場」。シンクは多分リニューアルされていますね。

昔はここに赤いネットに入った黄色い石鹸がいくつもぶら下がっていたんだけど(懐)、今は同じ石鹸がポンとシンクの上に置かれているだけでした。

ここで僕のファーストキスを奪ったあの女の子は今どこで何をしてるんだろう(遠い目)?

右手の奥に見えるのが昔の「6-1」「6-2」ですが、当時の1学年2クラスからさらに生徒が減ったため、今は各学年1クラスになり、「6-1」「5-1」として使用されていた模様。なお机と椅子は撤去されていたため、どちらも教室の中はガランとしていました。

こちらは旧「6-2」の東側で、校舎3階東端にあたる場所。

昔は左に「男子トイレ」、右に「女子トイレ」があったのですが、今は男子トイレのみコンクリートで入口を塞がれており、完全に「開かずの間」になっていました(謎)。これは2階も同じで、ゆえにおそらく1階も同様だと思われ。3階のみなぜか女子トイレだけが残っていましたが、ドアノブはがっちり針金で固定され、中には入れなかったです(いや、入ろうとは思わなかったけどさ!)。昔はベンチなんか置いてなかったけど、最近は休憩スペースとして活用されていたのか知らん?

ここに『オリロ―』とか『スベロー』とかいう名前の「避難器具」(左下の箱)が設置されたのも確か僕が在学中だったと記憶。

これは3階「広場」から校舎西側を見たところ。

教室4つがあって、昔は手前から「5-2」「5-1」「4-2」「4-1」だったような…。

こちらは現在の4年生の教室だったかな?

撮影用?に机と椅子が綺麗に並べられていましたが(笑)、僕らの時は机も椅子も全部木製だったため、特に思い入れは無いんですよね。ただ教室そのものはほとんど変わっていないのでとても懐かしかったですが☆

こちらは教室の窓から見た校庭の景色。

僕がいた頃は鉄製の錆びた赤いサッシだったけど(笑)、それもいつの間にかアルミサッシに取り換えられていますね。校庭の西側に見えるのが近年新築されたばかりで、何の思い出もありゃしない「体育館」。大分市もン億円もかけてなぜ閉校間近の小学校にこんな立派な体育館を造ったんだろう(謎)?

なお体育館前には早くも『大分市立碩田学園』の名前の入ったテントが立っていました(閉校式典参加者用の受付があった模様。「大分市立荷揚町小学校寄贈」みたいな文字が入っていたため、生徒かPTAの卒業記念品か閉校記念品でしょうか?)。

ちなみにこちらは旧「6-2」から撮ったプール。

赤い屋根の建物が旧『大分幼稚園』で、その左手に見えるのが旧『大分県立図書館』。正面の黒い建物が『大分市役所』で、画面左上にチラと見えるのが『大分県庁新館』です。

本当に大分市のド真ん中にある小学校だったんですよねぇ。

こちらは現「2-1」の黒板に書かれた生徒のメッセージ。

「にあげまちしょうがっこう閉校まであと0日」とありますが、この日までカウントダウンしていたのでしょうか?「2年間ありがとう!」という書き込みが多い中、2人ほど「1年間ありがとう」と書き込んでいました。途中から転校してきた子なのかな?

そしてアタクシ、ここでもう涙腺崩壊ですよ…(号泣)。

まだ「荷揚町小学校」も漢字で書けないような年齢で、通っていた学校が無くなってしまうという…。小中一貫校とか、学校の統廃合とか、一体誰のための施策なんだろう?一体それで誰が幸せになるんだろう?

でもキラキラした新築小学校に移れば、みんな『荷揚町小学校』なんか直ぐに忘れちゃうんだろうなぁ(涙)。

3階の西側階段をさらに上ると屋上のペントハウスに行けます。なお正面に見えるのは左が3階「男子トイレ」で右が「女子トイレ」。入口を斜めに設置してあるあたり、設計者の腕を感じますね☆

こちらがペントハウス(そんな格好良い物でもないか?)。

今は運動会で使った道具や、卒業制作で作ったらしい顔のレリーフなどが無造作に置かれていました。僕がいた頃はここにはもっとたくさんの荷物が置かれていましたが、それでもその隙間から窓←をこじ開けて何度か屋上に出たことがあります。学校の屋上ってなぜかドキドキするんですよね☆トランジスタラジオなんか無かったけども(笑)。確か当時は「彗星を観測する会」なんかも夜に行なわれていたような…。

階段を下りて再び3階へ。

先ほどの写真で「男子トイレ」の左手に写っていたのがこちらの「手洗い場」です。でも当時の記憶を思い起こすに、校舎西側の手洗い場を使った記憶が一切無いんだよね(笑)。だから今回初めて見て「おぉ!?」と驚いたワケで。なお窓の向こうに見えるのは平成になって建て替えられた?『大分中央警察署』。

西側「手洗い場」の前にも教室が2つあり、3階のそれは「歴史資料室」みたいな感じで使われている様子。中央の農具「脱穀機」?は在学中に見た記憶があるから、僕がいた頃からこの部屋はあったんだろうか(謎)?

なお他には卒業記念で贈られた巨大時計や、なぜか旧帝国陸海軍の軍帽なんてのもありましたよ。

3階西端に「音楽室」があるのは昔も今も変わりませんね。その前にはちょっとした広場があって、そこには配膳用エレベーターが。1階の給食室から2階、3階へはこのエレベーターで運ばれ、各階に設置してあるコンテナに一時収納。それを生徒「給食当番」が時間になると取り出して、各教室へ運ぶというシステムらしい。荷揚町小学校って古い校舎だったけど、なかなか合理的でモダンな設計がなされていたと思うんですよね(自画自賛)☆

こちらが「音楽室」西側全景。

昔とちっとも変わってないですね(当たり前か)☆

こちらは「音楽室」南東側の一角。

いろんな楽器が置かれていましたが、これらはどうも新校舎には持って行かれない物らしい。つまり校舎と共に「処分」されるのかなと。なにせ3つの小学校が統合されるため、状態の良い物だけを集めれば一通りのものは1校分揃っちゃうワケで。だからちょっと状態の悪い物はもういらないと。あるいはまだ使える物は他の小学校に(希望があれば)寄贈されるのかも知れません。

こちらは「音楽室」の真下にある2階「図書室」。

本も本棚も多くは既に搬出されており、こちらは新校舎へとごっそり持って行ってもらえたのでしょうか?それでもまだ搬出前の荷物が残っていたので、中には入れず外から撮影。窓にはいろんな「お知らせ」が貼られたテープの跡がたくさん残っていました(笑)。でもこれもひとつの「歴史」ですね☆

こちらは「図書室」のとなり、「歴史資料室」の真下にある「理科室」。

残念ながら何の思い出も無いんだが、左手にある「理科準備室」への出入口だけはなぜか不思議に覚えてるんだよね(笑)。「理科準備室」にはいろんな標本?が置いてあって、とても気持ちが悪かった。だからこの扉は僕にとってまさに異界・魔界への入口だったワケで!

こちらは2階の東端、旧「1-1」「1-2」教室(だったと思う)に配置されていた「図工室」。

この机と椅子はハッキリ覚えてるぞ(興奮)☆今見ても良く出来たデザイン。椅子の中に個人の持ち物を入れて、机の上には最小限の道具しか置かないんですよね。その結果、広々とした作業スペースが確保できるという!正直今でもこれをまだ使っていたことの方が驚きなんだが(笑)、さすがに新校舎にはもう持って行ってもらえないらしい(寂)。今まで長い間(40年以上!?)、本当におつかめさまでした!

こちらは1階西端、「図書室」の真下にある「給食室」。

食器などが梱包されて配送されるのを待っていましたが、現在は『大分市給食センター』が郊外に完成したため、『碩田学園』の給食はそこからトラックで運んでくるんじゃないかと思われ。するともう「給食室」そのものが消えて無くなるのかも知れませんね(寂)。

僕が在学していた時には配膳エレベーターがおそらく老朽化して使えなかったため(その後新しいものに取り換えられたようだが)、「給食当番」は階段を下りて直接ここまで給食を取りに来ていたような気がします。終わると食器を集めてここに持って行き、「給食のおばさん」に「ありがとうございました」「ごちそうさまでした」と挨拶するのが決まりだったような…。

こちらは「理科室」のちょうど真下にある「職員室」。「給食室」のすぐとなりですね。

奥には職員専用の玄関(来賓用も兼ねる?)があり、生徒は体育館に移動する時だけここを使っていました。

無理を言って「職員室」内部も1枚だけ撮影させてもらいました(感謝)☆

今は生徒数が減ったので職員の数(事務机の数)も昔と比べると半分くらいになってるような気がします。

在学中はここで「ガリ版印刷」を何度かやった記憶がありますね(『学級新聞』とかかな?)。鉄筆でガリガリ削って「わら半紙」に印刷するヤツ(懐)。今はもう中央に見えるコピー機で全部簡単に済ませちゃうんでしょうが…。

職員専用玄関を挟んで東側にあるのが「校長室」。

在学中は6年間でたった1回だけ入ったことがあり(笑)、その時は確か校長先生から直々に褒められたような気がします。何か賞をもらった時だったかな?

廊下を挟んで「校長室」の向かいにあるのが「宿直室」。

床や壁などが補修されていますが、既に宿直用には使われなくなって久しいようですね。在学中はここも1度だけ入った記憶があります。確か新品の卓球用具か何かが保管してあって、それを体育の前だかに取りに来たような…。

こちらは西側玄関のすぐ東側にある「保健室」。

まだまだ引越し作業の途中のようでした。

部屋の窓の左側半分がおそらく耐震補強のため壁になっていますね。昔とは家具の配置がだいぶん違いますけど、手前の円卓のあたりには冬になるとストーブが出され、用も無いのに保健室に入り浸っていたような気がします(笑)。

こちらは「職員専用玄関」を外から見たところ。

上がってすぐ左手にあるのが「職員室」で、その向こうを左に曲がれば「給食室」。

右に曲がれば「校長室」があり、正面奥には「通用口」が開放されています。

でもこの「通用口」は使ったことが無いし、そもそもあったことさえ知らなかったなぁ(笑)。

こちらは「職員専用玄関」から「体育館」へ向かうコンコース。

昔はトタン屋根だったけど、体育館が新築された時に専用のルーフがかけられたようですね。

こちらは「西側玄関」外観。

基本的には「東側玄関」と同じなんだけど、こちらの方がちょっと造りが豪華かな(笑)?

僕が通っていた頃はこっちの玄関はほとんど使ってなかったような気がする。

下駄箱がそもそも無かったか?あるいは職員室等に近いので敬遠していたのか?

ちなみにこちらが数年前に新築された「体育館」。

昔は正面にステージがあって、その下が半地下式の倉庫になっていたんだが、今はこんな感じ。

ステージも回転して出て来るのか、せり出して来るのか、普段は壁面に収納されているらしい!?

立派なアリーナだけど、なにせ使ったことが全く無いので何の思い出も無いという。

ちなみにこの体育館は、卒業生の僕よりもこの学校に縁もゆかりもないHKT48指原莉乃の方が早く入ったことで有名です(笑)。

指原は番組だけでなく学校まで終わらせるという…(以下自粛)。

…さて校内の紹介はここまで。

最後は『閉校式典』に合わせて学内展示されていた「思い出の品々」をいくつか紹介しましょう。

こちらは創立80周年を記念して空撮されたらしい当時の荷揚町小学校全景☆

右下の『大分市役所』が現在の庁舎になっているので、

あるいは僕らが在校していた頃に撮影されたものか???

当時は学校の北側に『大分県立体育館』があって、プロレスの巡行が度々行なわれていました。

今はコインパーキングになっているけど(その向こうには『大分地方裁判所』が見える)、昔はここから体育館に入るジャイアント馬場を見たこともあります☆

プロレスには1ミリも興味無かったくせに、「馬場だー!?」「すげえ!」なんてみんなと盛り上がったフリしてたっけ(笑)。

なお廊下に並べられているのは歴代校長の写真。

この日のためにわざわざ並べたようです。

正直ひとりも見覚えが無いんだが…

左の第30代隈井校長先生は覚えていた!

卒業式の時に卒業生答辞を読んだ相手がこの校長先生でした。多分。

カマキリみたいな風貌だけど(笑)、校長室で褒められたのも隈井校長からだったんじゃないか知らん?

2才下の妹ももちろん同小学校の卒業生なんだが、もしかしたら右の第31代長野校長とか知ってるのかな?

そう思って撮影したんだけど、改めて在職年を見ると妹の卒業式当時も隈井校長だった模様。

こちらは『大分文化会館』で昭和58年に撮影されたという管楽器演奏会の写真。

当時吹奏楽部だった妹がどこかに写ってるかと思って探したんだが、全然分かんないというね(笑)。

当時は「音楽の荷揚小」と呼ばれ(僕はもう卒業していたので知らないんだが)、盛んに活動をやっていたそうな。

2時間ほどの滞在も終わり、200枚ほど写真を撮って(笑)、最初の「東側玄関」へ戻って来ました。

今は生徒が半分以下になっているので、「倉庫」とか「PTA室」とか、当時は無かった部屋(教室)も多かったですね。

1階東側「広場」に戻る直前、フと見ると卒業生の卒業記念レリーフが。

昭和57年卒業生製作とあるから「俺じゃん!?」と思ったけど、アカン、ひとりも知ってるヤツがおれへん(笑)。

早生まれなので卒業年を勘違いしてるのかいな?そう思ってさらに見て行くと、突然知ってるヤツの顔が続々現れました!どうやら最初に見ていたのは「6-1」だったらしい。たった2クラスしか無かったのに、一緒のクラスにならなければ案外知らないもんですねぇ。

右端の上から4人目が幼き日にアタクシめが彫った自画像でございます☆

出来が子どもっぽくないというか、ひとりだけ任侠映画入ってるというか(笑)。

当時締め切りまでに彫って提出した記憶はあるけど、こうしてちゃんとパネルになったのを見るのはこれが初めてだったんじゃないかな?僕の下には当時お世話になった森脇先生の顔も。これは誰が彫ったんだろう(謎)?

僕らが荷揚町小学校105回目の卒業生だったらしいけど、

だとすれば妹が107回目で、今年3月に卒業した子たちが140回目かな?

 

おそらく大分市内最古の小学校である荷揚町小学校はこれをもちまして閉校となります。

 

校舎は消えて無くなりますが、荷揚小の思い出はこれからもずっと僕らの胸に残るでしょう。

最後はたくさんの生徒と先生が今までさんざん歩き回ったあとの廊下。

色の違う部分には、僕らの思い出がたっぷりと詰まっているんですよ。

この学校に通えたこと。

本当に感謝しています!

 

さよなら、大分市立荷揚町小学校。

またいつかどこかで会おうな!

 

 

 

おわりに

 

校舎内で写真を撮っている時、ある父兄?がこう言っているのが聞こえて来ました。

 

「これで一度に2つの母校が無くなりましたよ」

 

確かにその通りなんですよね。今回僕は「小学校」と「中学校」の両方を一度に無くしてしまったワケで…。さらに言えば通っていた「高校」ももはやあって無いようなもの(笑)。校名こそ同じだけど、中身はもう完全に別物だから…(寂)。そういう意味では小中高すべての母校を失ってしまったと言えるかも知れません。

こちらは『大分市立碩田学園』。

旧『大分市立碩田中学校』を解体して完全新築されたものですが(今回写真を撮りに行って校章も変わっていることを初めて知った!)、3つの小学校と1つの中学校が合わさるとこのくらいのボリュームになるんでしょうかね。サイズ感というか威圧感がもの凄い悪魔の城、もとい要塞といった感じの巨大校舎でした(笑)。

早速この4月から使用するのかと思っていましたが、周辺工事などまだまだ完全には終わっていないように見えましたけどねぇ…。

 

 

 


  意見・反論・感想・情報などはメールでお送り下さい。

  (c) gow yamashita + atelier