【第40綴】   ↓をクリックで註釈白文へ          第40綴目次へ      検索へ      

第8章  盗人の眼を抜いて子取り男に貶す
            前章へ(第7章 橿原に宮居を営む      次章へ(第9章 旧き世の訓りに則り人民の長生を図る)
よりしぬたけえら
1   使
よりしぬづみうつかまかづらな
2   
わもくくやつよるひと
3   
しぬたからもうばひところ
4   
かれくくまを
5   
かれおみかみともがら
6   
ともがきとりあまみこ
7   
いたなげやれころしぬ
8   
ひだりみぎりまなみヤぬち
9   
はぐいやしこおみ
10   
11   
12   

戻る            次へ(第9章 旧き世の訓りに則り人民の長生を図る)