【第14綴】   ↓をクリックで註釈白文へ          第14綴目次へ      検索へ      

第1章  おおつち・あめのうづめの御子神、造船と操船を教える
                  次章へ(第2章 船子ら、船を操り愛媛に着く)
うえふみとうつつ
1   
おおつちおやみこあめみこ
2   
しをつつさゐたまみこさゐたまよりひめみこあま
3   
みこひめくにこしまウ
4   輿
あめいわふねつく
5   
かりおおがゐがゐたま
6   
くすあつたなさしひと
7   
ゆきうなかぶゆき
8   
かぶふたゆきながはり
9   
ひろきりひろわりともかと
10   
しろひろわりかとしろいつさめ
11   
かぶかざふたひろかけはしかど
12   
しろたてはしともかたしろ
13   
はしかけひろなみ
14   
ならくらかれおの
15   
ならくらくくかねごとまつほど
16   
ふぢゆふさわしださくかね
17   
はらくくかねいつはら
18   
がゐかばなわなわ
19   
なわたくなわををなたいやくら
20   
くらなかしたふす
21   
そエももぶねつくかイ
22   
みなふな
23   
ふねごとふね
24   
ふたふねひとうしろせ
25   
よこおもよこ
26   
とりかれおのおのふなともふね
27   
しとおし
28   

            次へ(第2章 船子ら、船を操り愛媛に着く)