こうざき地区では
     毎月第4日曜日午前9時から1時間の海岸清掃活動
     自然観察会の実施などで、ウミガメの産卵、コチドリの孵化や
     貴重な海浜植物の確認とその増殖を進めています。

 
 
☆☆☆ごみゼロおおいた推進活動報告☆☆☆ 
2009年3月21日 NPO法人 福祉コミュニティKOUZAKI

私たちの生活の場である神崎は、海とともにある海辺の地区です。
神崎の海を見下ろす山麓に存在する、県下1〜2の規模にランクされる前方後円墳・築山古墳(昭和11年国指定史跡)が物語るように、神崎の地は海士部族の拠点でした。


1970年代、別府湾南岸の工業開発(大分新産業都市計画)の海面埋め立てで、大分県随一の日吉原海水浴場は工場とゴルフ場になりました。

一方神崎地区民と佐賀関漁民は、広く大分市民の支援を受け、埋め立て反対運動を展開し10年を経て海を守り残しました。そして大分市民に日吉原海水浴場に代わる新しい海水浴場を提供しようと、20人余りの青年たちが話し合い、海水浴場づくりを始めました。1981年でした。

その収益金は、地域づくりの活動や地域福祉活動の財源に充てられ、大いに役立てられました。

昨年、大分県より「ごみゼロおおいた推進隊」の任命を受け、1年間環境問題に取り組んでまいりました。その報告会が2月28に県庁であり、活動の状況をパワーポイントで報告しました。
海水浴場ご利用のみなさまにもぜひご覧いただきたくホームページに追加いたしました。

うみがめの里づくりスライドショー



※パワーポイントがインストールされてなくてスライドショーをご覧できない場合は、
PowerPointViewer
からパワーポイントビュアをインストールしてください。