ハンス・ホルバイン作
「イエス・キリストの屍
とドストエフスキー


http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif


holbein

Dostoevsky10_prv2
ハンス・ホルバイン作「イエス・キリストの屍(死んだキリスト、墓の中のキリスト)
(スイスのバーゼル博物館蔵。1521年作。)
※、下は、この絵が展示されているバーゼル博物館の館内の写真。


この絵をバーゼル博物館で目にした時のドストエフスキーの尋常ならざる動揺・関心ぶりは、
アンナ・ドストエフスカヤ著『アンナの日記』(木下豊房訳。河出書房新社1979年刊。)
の中に記されている(1867824日の日記。p345)
小説の中では、
『白痴』の中の、
2編の4(新潮文庫の上巻のp405p407)、第3編の6(新潮文庫の下巻のp160p163)
で、触れられている。
『白痴』の中のその箇所の解釈としては、
中村健之介著『ドストエフスキー・生と死の感覚』(岩波書店1984年初版。市販中。)の中の
「V「墓の中の死せるキリスト」に見たもの―生の汎神論と死の自然科学」
が参考になります。


ハンス・ホルバイン
ドイツの画家。14971543
デューラーと並ぶドイツルネサンスの大家。スイスのバーゼルのほか、英・仏・イタリアで活躍した。特に肖像画にすぐれ、肖像画家としては史上最大の画家の一人として数えられる。父や兄も有名な画家として知られ、父と同名のため、小ハンス(ハンス・ホルバイン・ジュニア)と呼ばれる。
ほかの代表作として、
「マイヤー市長のマドンナ」
「ヘンリー八世像」「ロッテルダムのエラスムス」「トーマス・モアとその家族」など。
「マイヤー市長のマドンナ」も、『白痴』で言及されている(上巻のp140)