覚え書き・主な作曲家とその作品 ()
(
欧米クラシック・60人選)

(更新18/08/21・作成16/05/20)

http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif

〔項〕
ベルリオーズシェーンベルク
スメタナ
フランク
フォーレ
ボロディン
リムスキー=コルサコフ
レスピーギ
エルガー
サン=サーンス
マスネ
ヨハン・シュトラウス二世
リヒャルト・シュトラウス
サティ
パッヘルベル
スカルラッティ
アルビノーニ
ウェーバー
プッチーニ
ホルスト
ヤナーチェク
ハチャトゥリアン
マスカーニ
オルフ
モンテヴェルディ
ボッケリーニ
グルック
パガニーニ
サラサーテ
グノー
〔以上、31人〜60人を選〕


〔  〕はフルネーム。その下は、分類される派・出身国(→はのちに活躍した国)、没年(享年)。※はコメント。
その作曲家の知られた曲を、楽曲のジャンル名のあとに付しました。(いまだ網羅はしていないので、今後追加記入していく予定。)
はクラシック史上の知られた傑作。は秀作。はその旋律が世間によく知られている作品や楽章。は癒やしの名品。〜〜はおすすめの名品。


ベルリオーズ
(エクトル・ベルリオーズ)
フランス。
1869

交響曲(全4曲)
「幻想交響曲」(全5楽章・52分余り)
 
第1楽章「夢、情熱」( )
 第2楽章「舞踏会」( )
 第5楽章「ワルプルギスの夜の夢」( )

歌曲
「ファウストの劫罰」
 「ラーコッツィ行進曲」
   
(=ハンガリー行進曲)
「妖精の踊り」
「鬼火のメヌエット」


歌曲集(全6曲)
「夏の夜」

オペラ
「ベンヴェヌート・チェッリーニ」序曲
 (=「ローマの謝肉祭」序曲
)

宗教音楽
「レクイエム」
「テ・デウム」


シェーンベルク
(アルノルト・シェーンベルク)
オーストリア→アメリカ。
1951(77)

弦楽六重奏曲
「浄夜」( )

弦楽四重奏曲(全4曲)
1番
2番


弦楽三重奏曲(全1曲)
作品45

管弦楽曲
「浄夜(※オーケストラ版)
「室内交響曲」
 1
 2番
「管弦楽のための変奏曲」
「五つの管弦楽曲」

室内楽曲
「ヴァイオリンのためのピ
アノ独奏付き幻想曲」

ピアノ協奏曲(全1曲)
作品42( )

ピアノ独奏曲
「5つのピアノ曲」
「6つの小さなピアノ曲」

ピアノ組曲
作品25「プレリュード」

ヴァイオリン協奏曲(全1曲)
作品36( )

交響詩
「ペレアスとメリザンド」

合唱曲
「グレの歌」
 前奏曲
( )
「ワルシャワの生き残り」

歌劇
「モーゼとアロン」(※未完)

歌曲集
「月に憑かれたピエロ」
「架空庭園の書」


スメタナ
(ベドルジハ・スメタナ)
チェコ。
1884

連作交響詩
「我が祖国」
 
第2曲「モルダウ」( )

歌曲
「売られた花嫁」
 序曲


フランク
(セザール・フランク)
ベルギー→フランス。
1890
※フランス近代音楽の父。

交響曲
ニ短調

室内楽曲
ヴァイオリン・ソナタイ長調
 
第4楽章
ピアノ三重奏曲嬰ヘ短調
弦楽四重奏曲ニ長調

ピアノ曲
前奏曲「コラールとフーガ」

ピアノと管弦楽のための変奏曲
「交響的変奏曲」

ヴァイオリンソナタ
イ長調
 第4楽章

交響詩
「アイオリスの人々」
「プシシェ」

オルガン曲
「三つのコラール」

歌曲

宗教音楽
ミサ曲「天使の糧」


フォーレ
(ガブリエル・フォーレ)
フランス。
1924(79)
パリ音楽院院長を務めるなど、フランスの近代音楽の発展に貢献した。

歌曲集
「3つの歌」
 第1曲「夢のあとに」( )
「2つの歌」
 第2曲「月の光」( )

管弦楽曲
「パヴァーヌ」( )

組曲
「ペレアスとメリザンド」
 
「シチリアーノ」

室内楽曲
ヴァイオリンナタ
 第1
ピアノ四重奏曲
 第2

ピアノ曲集
「舟歌」(全13曲)
 1番
即興曲(全5曲)
 3番
夜想曲(全13曲)
 4番

ミサ曲
「レクイエム」(全7曲)
 第4曲「ピエ・イェズ」
 第7曲「イン・パラディスム」( )


ボロディン
(アレクサンドル・ボロディン)
ロシア。
1887

オペラ
「イーゴリ公」
 挿入曲「韃靼人の踊り」( )

交響詩
「中央アジアの草原にて」

交響曲
2番「勇士」

弦楽四重奏曲
第2番
 第3楽章「夜想曲」


リムスキー=コルサコフ
(ニコライ・リムスキー=コルサコフ)
ロシア。
1908
※オーケストラの魔術師と称された。

交響組曲
「シェエラザード」
 第3楽章「若い王子と王女」
 第1楽章「海とシンドバッドの船」

歌劇
「皇帝サルタンの物語」
 間奏曲「熊蜂の飛行」
  (※のちにピアノ独奏曲に編曲)
「サトコ」
 アリア「インドの歌」

管弦楽曲
「スペイン奇想曲」


レスピーギ
(オットリーノ・レスピーギ)
イタリア。
1935

交響詩
ローマ三部作
 「ローマの噴水」
 「ローマの松」
 「ローマの祭り」


組曲
「リュートのための古風な舞曲とアリア」
 第3組曲
  
第3曲「シチリアーナ」

バレエ音楽
「鳥」


エルガー
(エドワード・エルガー)
イギリス。
1934

小品
「朝のあいさつ」( )

行進曲
「威風堂々」
 第1


サン=サーンス
(カミーユ・サン=サーンス)
フランス。
1921(86)

組曲
「動物の謝肉祭」
 第13曲「白鳥」( )

交響曲(全7曲)
3番

ピアノ協奏曲(全5曲)
4番
5番「エジプト風」
3番


マスネ
(ジュール・マスネ)
フランス。
1912

オペラ
「タイス」
 
間奏曲(タイスの瞑想曲)( )
「ル・シッド」
 第2幕第2場
  バレエ音楽「アンダルーサ」
「マノン」
「ウェルテル」

組曲
4番「絵のような風景」
6番「おとぎの国の風景」
7番「アルザスの風景」

ピアノ曲
「エレジー」


ヨハン・シュトラウス二世
オーストリア→ウィーン。
1899

ワルツ
「美しく青きドナウ」( )
「春の声」( )
「ウィーンの森の物語」
「我が人生は愛と喜び」
「皇帝円舞曲」
「朝の新聞」
「ウィーン気質」
「南国のバラ」
「千夜一夜物語」


ポルカ
「トリッチ・トラッチ・ポルカ」
「雷鳴と稲妻」
「観光列車」
「アンネン・ポルカ」
「ピチカート・ポルカ」
「狩り」
「ハンティング・ポルカ」
「ハンガリー万歳」

オペレッタ
「こうもり」
 
序曲
「千夜一夜物語」
 間奏曲
「ジプシー男爵」
 序曲


リヒャルト・シュトラウス
ドイツ。
1949(85)

交響詩
「ツァラトゥストラはかく語りき」
 
冒頭( )
「英雄の生涯」
「死と変容」
「ドン・ファン」
「ドン・キホーテ」
「マクベス」
「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」

交響曲
「アルプス交響曲」(全4曲)

オペラ
「影のない女」
「薔薇の騎士」
「サロメ」
「エレクトラ」
「平和の日」
「アラベラ」
「ナクソス島のアリアドネ」


サティ
(エリック・サティ)
フランス。
1925(59)

ピアノ曲
「ジュ・トゥ・ヴ」( )
「ジムノペディ」
 
第1番( )
「グノシエンヌ」
 
1( )
「ヴェクサシオン」
「ピカデリー」

室内音楽
「家具の音楽」

バレエ音楽
「パラード」

管弦楽組曲
組曲「パラード」


パッヘルベル
(ヨハン・パッヘルベル)
バロック中期・ドイツ。
1706

カノン
「カノンニ長調」
 第1曲( )


スカルラッティ
(ドメニコ・スカルラッティ)
バロック後期・イタリア→スペイン。
1757。父のアレッサンドロ・スカルラッティも作曲家。
※、鍵盤の魔術師。

チェンバロソナタ
(
マリア・マグダレーナ・バルバラ王女のための練習曲)(555)
L23「狩り」( )
L.104( )
L22( )
L.449
L.382
L.366
L.413
L.430

オペラ
「オッタビア」

教会音楽
ミサ曲ト短調「マドリッド・ミサ」


アルビノーニ
(トマゾ・アルビノーニ)
バロック後期・イタリア。
1751

5声の協奏曲集(全12曲)
「オーボエ協奏曲ニ短調」作品9-2
 第2楽章( )
「オーボエ協奏曲ト短調」作品9-8
ヴァイオリン協奏曲ヘ長調」作品9-10
「ヴァイオリン協奏曲ニ長調」作品9-7「ヴァイオリン協奏曲変ロ長調」作品9-1

6つのシンフォニアと6つの五声の協奏曲
5声のソナタ(シンフォニア)」
 第1番ト長調

器楽作品
「弦楽とオルガンのためのアダージョ」
(※後世におけるレモ・ジャゾットによる模作とされている)( )


ウェーバー
(カール・マリア・フォン・ウェーバー)
ロマン派初期・ドイツ。
1826(
39)

オペラ
「魔弾の射手」
 序曲


プッチーニ
(ジャコモ・プッチーニ)
イタリア。
1924

オペラ
「蝶々夫人」
 アリア「ある晴れた日に」
「ジャンニ・スキッキ」
 アリア「私のお父さん」



ホルスト
(グスターヴ・ホルスト)
イギリス。
1934(59)
(更新18/08/18)

管弦楽曲
組曲「惑星」(全7曲・52分余り)
 
第1曲「火星」( )
 第4曲「木星(ジュピター)( )
 第5曲「土星」
 第2曲「金星」
 第3曲「水星」
 第6曲「天王星」
 第7曲「海王星」


組曲
「吹奏楽のための第1組曲変ホ長調」
 第3楽章「マーチ」
「吹奏楽のための第2組曲ヘ長調」
 第1楽章「マーチ」
「セントポール組曲」
 第1楽章
 第4楽章

合唱音楽
「イエスの讃歌」


以上、50人選。


ヤナーチェク
(レオシュ・ヤナーチェク)
チェコ。
1928

管弦楽曲
「シンフォニエッタ」


ハチャトゥリアン
(アラム・ハチャトゥリアン)
ロシア。
1978

バレエ曲の挿入曲
「剣の舞」


マスカーニ
(ピエトロ・マスカーニ)
イタリア。
1945(82)

オペラ
「カバレリア・ルスティカーナ(田舎騎士道)
 間奏曲( )
「友人フリッツ」


オルフ
(カール・オルフ)
ドイツ。
1982(87)

オペラ
「賢い女」

世俗カンタータ
「カルミナ・ブラーナ」
「アフロディテの勝利」


モンテヴェルディ
(クラウディオ・モンテヴェルディ)
バロック初期・イタリア。
1643
※イタリア歌劇の祖。

オペラ
「オルフェオ」

声楽曲
「聖母マリアの夕べの祈り」
 第1曲「神よ、わが助けに 主
 よわれを助けに」


ボッケリーニ
(ルイジ・ボッケリーニ)
古典派・イタリア。
1805

弦楽五重奏曲
ホ長調
 3楽章「メヌエット」( )

チェロ協奏曲
第9番変ロ長調


グルック
(クリストフ・ヴィリバルト・グルック)
古典派・ドイツ。
1787

オペラ
「オルフェオとエウリディーチェ」
 間奏曲「精霊たちの踊り」( )



パガニーニ
(ニコロ・パガニーニ)
イタリア。
1840

ヴァイオリン協奏曲(全6曲)
2番
 第3楽章「鐘」


ヴァイオリン曲
「24の奇想曲」


サラサーテ
(パブロ・デ・サラサーテ)
スペイン。
1908

ヴァイオリン曲
「ツィゴイネルワイゼン」( )



グノー
(シャルル・グノー)
フランス。
1893(63)
、優美な旋律と洗練された落ち着いた情緒に満ち、その後のフランスのオペラや歌曲に大きな影響を与えた。

オペラ
「ファウスト」
「ロメオとジュリエット」


交響曲(全2曲)
2番
 第1楽章

1番
 第1楽章


管弦楽曲
「セレナーデ」( )
「操り人形の葬送行進曲」( )
(※アルフレッド・ヒッチコックのテレビシリーズでテーマ音楽に用いられて有名。)

室内音楽
9つの管楽器のための小交響曲」(全4楽章)
 第1楽章

劇音楽
「ジャンヌ・ダルクのミサ」

ミサ曲
「アヴェマリア」
(=グノーのアヴェマリア。※JS・バッハの曲をもとに作曲。)
 声楽曲のぶん( ・歌:ジャ
 ッキー・エヴァンコ)
 
チェロとピアノのための
 二重奏曲
( )

オラトリア
「贖罪」

宗教音楽
「レクイエム ハ長調」


以上、60人選。

 

http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif