ドストエフスキーの作品を原作・題材とする芸術作品(小説以外のもの)      ( 17/04/17更新 )          http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif


                                     映画        マンガ       音楽       ゲーム
     



 映画

         
  は知られた有名な作品。  は知られた作品。  はおすすめの分。  はすでに鑑賞済み。


       <日本映画>

          ・「人生の裏路」(佐々木恒次郎監督。1929年作。松竹キネマ製作。モノクロ・無声。脚本:柳井隆雄。『白痴』の映画化。)
                     キャスト―高尾光子、結城一朗、川崎弘子

                     ビデオ・DVD―なし。
         
         ・「白痴(黒澤明監督。1951年作。松竹大船製作。モノクロ。166分。脚本:久板栄二郎・黒澤明。)   《 評:
               舞台は、北海道にしているが、原作に忠実に映画化していて、海外でも評価の高い秀作。
                     キャスト―原節子(那須妙子、ナスターシャ・フィリポヴナ)、森雅之(亀田欽司、ムイシュキン公爵)
                              三船敏郎(赤間伝吉、ロゴージン)、久我美子(大野綾子、アグラーヤ)
                     ビデオ―松竹(上下二巻)(品切れ中)。  DVD―松竹(修復デジタルマスター版、市販中。)。                     
                      劇場公開時のポスター

           ・「地の果てまで」(久松静児監督。1953年作。大映製作。モノクロ。脚本:新藤兼人。『罪と罰』を翻案・脚色化したもの。)
                    キャスト―池部良、久我美子、木村三津子、根上淳、高松英郎
                     ビデオ・DVD―なし。


        ( 近年、公開されたもの )

           ・「白夜」(小林政広監督・脚本。2009年作・9月公開。カラー。『白夜』を翻案・脚色化したもの。)   《 評:
                    キャスト―眞木大輔、吉瀬美智子
                     DVD―Happinet(市販中)



        <外国映画>    

         < ロシア本国 >   ( 15/09/27更新 )   
        
         ・「白痴(イワン・プイリエフ監督。1958年ソ連作。カラー。122分。原作の第1編の映画化。)
             キャスト―ユーリ・ヤコヴレフ(ムイシュキン公爵)、ユーリア・ポラソワ(ナスターシャ‐フィリポヴナ)
             ビデオ・DVD―なし。 
              映画の中の一シーン
      
         ・「カラマーゾフの兄弟」(イワン・プイリエフ監督・脚本。1968年ソ連作。カラー。227分。)
             キャスト―ミハイル・ウリヤノフ(ドミートリイ)、キリール・ラヴロフ(イヴァン)、リオネラ・プイリエフ(グルーシェンカ)
                   アンドレイ・ミャフコフ(アリョーシャ)、マルク・プルードキン、ワレンチン・ニクーリン、スベトラーナ・コルコーシコ
             ビデオ―アイ・ヴィーシー(「ロシア映画傑作選」の中の分)(品切れ中)、東宝(絶版中)。  
             DVD―アイ・ヴィーシー( 旧版、市販中。 新版(20074月発売)、市販中。)
              、現在、「ニコニコ動画」で、一部を配信しているようです。
             日本での劇場公開時のパンフレット。                  
    
         ・「罪と罰()(レフ・クリジャーノフ監督。1970年ソ連作。モノクロ。219分。脚本:ニコライ・フィグロフスキー。)
             キャスト―ゲオルギー・タラトーリキン(ラスコーリニコフ)、タチャーナ・ベードワ(ソーニャ)
             ビデオ―アイ・ヴィーシー(「ロシア映画傑作選」の中の分)(品切れ中)
             DVD―アイ・ヴィーシー( 旧版の分新版(20038月発売))(市販中)。 

         ・「少年たち 「カラマーゾフの兄弟」より(レニータ夫妻監督・脚本。1990年ソ連作。199011月に日本公開。
                               「カラマーゾフの兄弟」の中の少年たちの物語を取り上げて映画化したもの。)
             キャスト―D・チェルニコフスキー(アリョーシャ)、アリョーシャ・ドストエフスキー(コーリャ・クラソートキン)
             ビデオ・DVD―なし。  
             日本での劇場公開時のパンフ。    

            ・「おかしな男の夢(アレクサンドル・ペトロフ制作のアニメ映画。1992年ソ連作。カラー。20分足らず。)
             DVD―「アレクサンドル・ペトロフ作品集」(ジェネオンエンタテインメント20077月発売。字幕無し。市販中。)に所収。
              こちらのページでその動画(字幕なし)が観れます。「ニコニコ動画」でも配信中のようです。
              
      
               他に、 
               ロシア革命以後では、  
                  ( ドストエフスキーの文学が発禁処分とされたスターリン政権の時期(1930年代後半〜1953)には、
                   ソ連国内では、ドストエフスキー文学の映画製作も無し。)               
                「死の家の記録」(1932年作、V・フョードロフ監督、V・シウロフスキー脚本)               
                 「白夜(1933年作、グリゴーリ・ロシャーリ監督、映画原題名「ペテルブルグの夜」)
                 「白夜」(1959年作、イワン・プイリエフ監督)
                 「おとなしい女」(1960年作)
                 「カラマーゾフの兄弟」(1962年作、アナトリー・ヴェホートコ監督)
                 「伯父様の夢」(1966年作)
                 「いやな話」(1966年作)
                 「賭博者」(1972年ソ連・チェコ作)
                 「虐げられた人びと」(1990ソビエト・スイス作、アンドレイ・エシェパイ監督)
                 「悪霊」(1992年作、ドミ−トリイタランキン&イーゴリ・タランキン監督)
               が映画化されている。
                  ( サンクト・ペテルブルグのドストエフスキー文学記念博物館にある映画室では、現在も、
                   毎週土・日に、旧ソ連・ロシアで映画化されたドストエフスキーの作品が上映されている。)

                ロシア革命以前では、
                 「罪と罰」(1905年作、ワシリー・ゴンチャロフ監督。1913年作、ニコライ・コズロフスキー監督。)
                 「カラマーゾフの兄弟」(1910年代初め、トゥルジャンスキー監督。1915年作、ニコライ・コズロフスキー監督)
                 「悪霊」(1915年作、ヤコブ・プロタザーノフ監督・映画原題名「ニコライ・スタヴローギン」)
                 「白痴」
                 「主婦」
               が製作されている。


               また、ドストエフスキーの生涯の一時期を描いた実録映画として、
                 「FM・ドストエフスキー」
                    (1956年ソ連作。SD・ブルリク監督。)
                 「ペテルブルグのドストエフスキー」
                    (1966年ソ連作。20分。B・シュレイベル監督。)
                ドストエフスキーの生涯の26()
                    ( 1980年ソ連作。カラー。82分。監督アレクサンドル・ザルヒ。
                     キャスト― アナトーリー・ソロニーツィン(ドストエフスキー)
                            エフゲーニヤ・シーモノワ(アンナ・スニートキナ)、 
                            エヴァ・シクリスカ(アポリナーリヤ・スースロワ)
                     ビデオ・DVD―なし。 
                     日本では、19814月に劇場公開された。
                     また、19988月には、ケーブルテレビの「シネマ・ジャパネスク」という
                     チャンネルで放映されている。)
                       ※、全編はRuTubeこちらで観れます。
                がある。
                2010年にロシアのドストエフスキーの伝記のテレビドラマ(全8話)が製作され放映された。( 監督:ウラジーミル
                ・ホティネンコ、主演:エフゲニー・ミローノフ。201010月に撮影終了。) 2011年にはロシア語版DVD(英語
                語字幕のDVD)発売された(全7部)。  (記事(各話の内容など):  )
                     ※、そのロシア版DVDのぶんはこちらで、テレビ放映のぶんはこちで観れます。
                        英語字幕DVDの購入はこちらで。

                また、テレビドラマで放送されたぶんのDVDとして、
                 日本語字幕で日本で発売のぶん
                    ・「白痴(2003年に放送。20106月に発売。)  ※観れるロシア語版DVD(  )
                    ・「悪霊(2006年に放送。2017年3月末に発売)  ※観れるロシア語版DVD(2014)(  )
                    ・「罪と罰(2007年に放送。20112月に発売。)  ※観れるロシア語版DVD(  )
                    ・「カラマーゾフの兄弟(2008年に放送。201010月に発売。)  ※観れるロシア語版DVD(  )
             
          日本でまだ未発売のぶん
                    ・「未成年(1983年に放送)  ※、観れるロシア語版のぶん(  )
                がある。

      
         < 欧米・その他の国 >

            ( 戦前の作品 )      

             ・「カラマーゾフの兄弟(カール・フレーリッヒ監督。1920年ドイツ作。)
                キャスト―エミール・ヤニングス(ドミ−トリイ)、フリッツ・コルトナー(フョードル)
                       ウェルナー・クラウス(スメルジャコフ)

             ・「カラマーゾフの兄弟(フョードル・オツェエップ監督。1930年ドイツ作。映画原題名「殺人者ドミ−トリイ・カラマーゾフ」)
                キャスト―フリッツ・コルトナー(ドミ−トリイ)

             ・「罪と罰」(デベッシュ監督。1916ハンガリー作。)              

            ・「罪と罰(ロベルト・ウイーネ監督。1923年ドイツ作。映画原題名「ラスコーリニコフ」。)
                キャスト―グレゴリー・フマラ(ラスコーリニコフ)

            ・「罪と罰(ピエール・シュナール監督。1935年フランス作。)
                キャスト―ピエール・ブランシャール(ラスコーリニコフ)、アリ・ボール(ポルフィーリイ)

             ・「罪と罰」(ジョセフ・フォン・スタンバーグ監督。1935年アメリカハリウッド作。)
                キャスト―ピーター・ローレ(ラスコーリニコフ)

             ・「罪と罰」(エリク・ファウストマン監督。1945スウェーデン作。)
                キャスト―エリク・ファウストマン(ラスコーリニコフ)
 
             ・「白痴(カール・フレーリッヒ監督。1921年ドイツ作。)               

             ・「白痴」(ループ・ピク監督。1921年ドイツ作。)   

             ・「Rollende Kugel, Die(Rudolf Biebrach監督。1919年ドイツ作。「賭博者」の映画化。)    
        

            ( 戦後の作品 )

            ・「カラマゾフの兄弟(リチャード・ブルックス監督・脚本。1957年アメリカハリウッド作。カラー。146分。)
                キャスト―ユル・ブリンナー(ドミートリイ)、マリア・シェル(グルーシェンカ)、リチャード・ベースハート(イヴァン)
                       ウィリアム・シャトナー(アリョーシャ)、クレア・ブルーム(カチェリーナ)、アルバート・サルミ(スメルジャコフ)
                ビデオ―PonyCanyon(廃盤)。   DVD―なし。
                劇場公開時のチラシ

             ・「罪と罰」(フェルナンド・デ・フェンデス監督。1950メキシコ作。)

            ・「罪と罰(ジョルジュ・ランパン監督。シャルル・スパーク脚本。1956年フランス作。)
                キャスト―ロベール・オッセン(ラスコーリニコフ)、マリナ・ヴラディ(ソーニャ)、ジャン・ギャバン(ポルフィーリイ)
                ビデオ・DVD―なし。 
                日本での劇場公開時のカタログ

             ・「罪と罰」(デニス・サンダース監督。1958アメリカ作。)  

            ・「罪と罰 白夜のラスコーリニコフ (アキ・カウリスマキ監督。1983フィンランド作。)     《 評:
                キャスト―マルック・トイッカ(ラスコーリニコフ)、アイノ・セッポ、エスコ・ニッカリ
                ビデオ―ユーロスペース(現在品切れ中)。  DVDユーロスペース(紀伊國屋書店)(市販中)

             ・「Schuld und Suhne(罪と罰)(アンジェイ・ワイダ監督。1988年作。)

             ・「罪と罰」(フランシスコ・ロンバルディ監督。1994年ペルー・フランス作。)  
         
            ・「白痴(ジョルジュ・ランパン監督。シャルル・スパーク脚本。1945年フランス作。モノクロ。98分。)  
                キャスト―ジェラール・フィリップ(ムイシュキン公爵)、エドウィージュ・フィエール(ナスターシャ・フィリポヴナ)
                       リュシアン・コエデル(ロゴージン)
                ビデオ―なし。  DVD―タキコ−ポレ−ション(品切れ中。20035月発売。)

              ・「白痴」(Mani Kaul監督。1991年インド作。)

            ・「ナスターシャ」(アンジェイ・ワイダ監督。1994年ポーランド日本合作。「白痴」の映画化。カラー。100分。)
                キャスト―坂東玉三郎(ナスターシャ・ムイシュキン公爵の二役)、永島敏行(ロゴージン)
                ビデオ―ブロードウェイ(品切れ中)。   DVD―松竹(市販中)。            
        
            ・「悪霊」(アンジェイ・ワイダ監督。1987年フランス作。カラー。116分。)
                キャスト―ランベール・ウィルソン(スタヴローギン)、オマー・シャリフ(ステパン氏)
                       イエジー・ラジビオビッチ(シャートフ)
                ビデオ―ビクターエンタテインメント(品切れ中)ヘラルドネルソン(廃盤)。   DVD―なし。
                劇場公開時のパンフ。  映画のあらすじ。                            
                  
            ・「白夜(ルキノ・ヴィスコンティ監督。1957年イタリア作。モノクロ。107分。脚本:スーゾ・チェッキ・ダミーゴ。   《 評:
                    1992年に、ニュープリント修復版ができる。)
                キャスト―マルチェロ・マストロヤンニ(マリオ=主人公)、マリア・シェル(ナタリア=ナースチェンカ)、ジャン・マレー
                ビデオ――アイ・ヴィー・シー(品切れ中)。 DVD―ビクターエンタテインメント(20022月発売。品切れ中。)
                
            ・「白夜」(ロベール・ブレッソン監督・脚本。1971年フランス・イタリア合作。カラー。83分。)
                キャスト―ギョーム・デ・フォレ(主人公)、イザベル・ベンガルテン(ナースチェンカ)
                ビデオ・DVD―なし。  
                  ( 日本では、1978年・1980年・1999年に劇場公開され、テレビでも放映されたことがあり。)
                劇場公開時のポスター
          
            ・「やさしい女(ロベール・ブレッソン監督。1969年フランス作。カラー。89分。)
                キャスト―ドミニク・サンダ(主人公の幼妻)、ギイ・フライジャン(主人公の男)
                ビデオ・DVD―なし。
                劇場公開時のポスター。 

             ・「やさしい女」(マリウシ・トレリンスキ監督。1995ポーランド作。)

             ・「永遠の夫」(Jacques Doillon監督。1989年フランス作。)

             ・「地下室の手記」(ゲイリー・ウォルコー監督。1995年アメリカ作。) 

            ・「勝負師」(クロード・オータン・ララ監督。1958仏・伊作。カラー。103分。「賭博者」の映画化。)
                キャスト―ジェラール・フィリップ(主人公)
                ビデオ――アイ・ヴィー・シー(品切れ中)。  DVDアイ・ヴィーシー(市販中。199910月・20034月発売。旧盤)。 

             ・「賭博者」(Karoly Makk監督。1997年ハンガリー・イギリス作。)



                          *        *        *



        < ドストエフスキーの作品を踏まえて制作されている欧米の映画 >  

             ・「若者のすべて(1960年イタリア・フランス作。ルキノ・ヴィスコンティ監督。モノクロ。180分。
               出演:アラン・ドロン、他。
               ドストエフスキーの『白痴』『カラ兄弟』を下地にしている。)
               ビデオ―パイオニアLDC (品切れ中)。   DVDパイオニアLDC (品切れ中)。         
                
             ・「地獄に堕ちた勇者ども(1969年イタリア・スイス作。ルキノ・ヴィスコンティ監督。カラー。155分。
               出演:ヘルムート・バーガー、他。
               ドストエフスキーの『悪霊』を下地にしている。)
               ビデオ―ワーナー・ホーム・ビデオ(市販中)。   DVD―ワーナー・ホーム・ビデオ(20044月に発売予定)

                 ・「スリ(1959年フランス作。ロベール・ブレッソン監督。
               ドストエフスキーの『罪と罰』を下地にしている。)  
               ビデオ―アイ・ヴィー・シー(品切れ中)。   DVDアイ・ヴィー・シー(市販中)。   
 
                 ・「パートナー(1968年イタリア作。ベルナルド・ベルトリッチ監督。
               ドストエフスキーの『分身』を下地にしている。)
               ビデオ・DVD―なし。    

            ・「私生活のない女(1984年フランス作。アンジェイ・ズラウスキー監督。カラー。114分。
               出演:ランベール・ウィルソン、他。
               ドストエフスキーの『悪霊』を下地にしている。)
               ビデオ―東芝映像(品切れ中)。    DVD―なし。 

            ・「狂気の愛(1985年フランス作。アンジェイ・ズラウスキー監督。カラー。100分。
               出演:ソフィー・マルソー、他。
               ドストエフスキーの『白痴』を下地にしている。)
               ビデオ―パイオニアLDC (品切れ中)。   DVDアイ・ヴィー・シー(市販中)パイオニアLDC(品切れ中)。  

            ・「女の復讐(1989年フランス作。ジャック・ドワイヨン監督。
               ドストエフスキーの『永遠の夫』を下地にしている。)
               出演:ベアトリス・ダル、イザベル・ユペール、他。
               ビデオ―コロムビアミュージックエンタテインメント(品切れ中)。  DVD―なし。                

            ・「静かなる一頁(1993年ロシア・ドイツ作。アレクサンドル・ソクーロフ監督・脚本。77分。
               出演:アレクサンドル・チェレドニク、他。
               ドストエフスキーの『罪と罰』を下地にしている。) 
               ビデオ―イメージフォーラム(市販中)。  DVD―なし。

            ・「クライム・アンド・パニッシュメント(2000年アメリカ作。ロブ・シュミット監督。100分。
               出演:ヴィンセント・カーシーザ、モニカ・キーナ、他。
               ドストエフスキーの『罪と罰』を下地にアレンジしている。) 
               ビデオ―アミューズソフト(品切れ中)。  DVDアミューズソフト(市販中)

            ・「あなたにも書ける恋愛小説(2004年アメリカ作。ロブ・ライナー監督・脚本。95分。  
               出演:ケイト・ハドソン、ルーク・ウィルソン、ソフィー・マルソー、他。
               ドストエフスキーの『賭博者』と、ドストエフスキーと速記者の奥さんのエピソードを下地にしている。) 
               DVD日活(市販中)。       (※「こん」さんからの情報提供です)

            ・「Who Killed Norma Barnes(2006年に劇場公開。マルコム・マッケイ脚本・監督。
               出演:レイフ・ファインズ、エミリー・モーティマー、他。
               ドストエフスキーの『白痴』を下地にアレンジしている。) 
               ビデオ・DVD―なし。

                          



                                ◯ ドストエフスキーの作品の〔映画公開・TV放映〕情報

                                ◯ ドストエフスキーの作品の〔公演(舞台)〕情報



                       マンガ


                        〔刊行本〕

                            ・手塚治虫画『罪と罰』
                               ( 1953年東光堂初版。1995年に角川書店が文庫本化し、現在市販中。)

                            ・
汐見朝子画『罪と罰』
                               ( 世界文化社19966月初版・現在市販中。20024月に双葉社より文庫化)
 
                            ・
大島弓子画『ロジオン・ロマーヌイチ・ラスコーリニコフ=罪と罰より=』
                               ( サンコミックス1974年別冊少女コミック1月〜3月号に連載。朝日ソノラマ1976
                                 9月刊。現在品切れ中。)

                            
落合尚之『罪と罰』
                               
( 双葉社刊。全10巻(1077月刊〜巻10124)。現在市販中。)

                         
   『罪と罰 1 (BUNCH COMICS)(F画太郎著。新潮社201110月刊・BUNCH COMICS
                                                以後、巻2・20125月刊、巻3・201210月刊。)

                         
   『カラマーゾフの兄弟 1』(及川由美著。幻冬舎バーズコミックス20103月刊。)
                                『カラマーゾフの兄弟 2』(及川由美著。幻冬舎バーズコミックス20117月刊。) 
                                 ※、巻2でおしまいにし、続巻は刊行しないとのこと。(125)

                            ・『罪と罰 まんがで読破』
                               ( バラエティ・アートワークス企画。イースト・プレス200710月初版。現在市販中。)
                            ・
『カラマーゾフの兄弟 まんがで読破』 (  )
                               ( バラエティ・アートワークス企画。イースト・プレス20081月刊。現在市販中。)
                         
   『悪霊 まんがで読破』 (  ) 
                               ( バラエティ・アートワークス企画。イースト・プレス200812月刊。現在市販中。)
                         
   『地下室の手記 まんがで読破』 
                               ( バラエティ・アートワークス企画。イースト・プレス20119月刊。現在市販中。)

                            『罪と罰 (マンガで読む名作)(日本文芸社20104月刊)  
                              『カラマーゾフの兄弟 (マンガで読む名作)(日本文芸社201011月刊) 

                              ルドルフ-パイレス画『罪と罰』
                               
( Newton Classicsシリーズ・1941年刊。日本のNewton Press1997年刊。)


                       
 〔Web上での連載〕

                              『カラマーゾフの兄弟』(作:及川由美) 
                               ( 幻冬舎の「webコミック GENZO」にて、091月号からを連載中。)



                       

音楽

                          ・歌劇「死者の家から」(1927年〜1928年作。ヤナーチェク作曲。) ( 記事 ) 

         ※、ドストエフスキー『死の家の記録』を原作としている。

 

  ・幻想序曲「ラスコーリニコフ」(No. 1No. 3。1925年・19291930年作。レズニチェク作曲。)

         ※、ドストエフスキー『罪と罰』を原作としている。

 

  ・オラトリオ「大審問官」(1942年作。B・ブラッヒャー作曲。ナチス統治下のドイツで作られた。)

        、ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』の中の大審問官の章を原作としている。

 

  ・歌曲「レビャートキン大尉の4つの詩」(ショスタコーヴィチ作曲。20067月発売(現在市販中)) ( 記事   )

        ※、ドストエフスキー『悪霊』の中の登場人物レビャートキン大尉を原作としている。

 




                       ゲーム

                            ○ ゲームソフトとして、
                                
『サンクト=ペテルブルグの冒険』
                                  
(各登場人物を選んで、『罪と罰』のストーリーをゲーム者が独自に楽しめるゲーム。)
                               が、あり。(※、1990年前後に発売されていたゲームソフト。販売元は、現在調査中。)




http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif