ドストエフスキーの簡略「年譜」

西暦

事歴 (満年齢、月日)

主要小説

1821

モスクワに誕生(10.30.)。父は医師。

  

1837

母、病没(15)。ペテルブルグの寄宿学校に入り、翌年中央工兵学校に入学。

  

1839

父、領地で農奴たちに殺害される(17)

 

1843

中央工兵学校を卒業し、工兵局製図室に勤務するが、なじめず翌年辞職・退役。

 

1845

処女作『貧しき人びと』が絶賛を受け、文壇に華々しくデビューする(23)

『貧しき人びと』完成

1846

ペトラシェフスキー主催の会を知る。

『分身』発表

1848

会のユートピア社会主義思想にしだいに共感を深め、その会合にも繁く参加。

『白夜』発表

1849

会員と共に逮捕・収監される。銃殺刑の直前で特赦を受け、シベリア流刑(28)

『ネートチカ・ネズワーノワ』発表 

1854

刑期満了。引き続いてセミパラチンスクのシベリア守備大隊に5年余り服役。

 

1857

未亡人マリヤと結婚(35)。つれ子あり。

『小英雄』発表 

1859

服役終了。ペテルプルグ居住を許され、10年ぶりに作家活動に復帰(38)

『伯父様の夢』『スチェパンチコヴォ村とその住人』発表

1861

雑誌「時代」発刊。スースロワと知り合い、以後欧州旅行で愛人関係を続ける。

『虐げられた人びと』『死の家の記録』連載

1864

療養中の妻、病没。雑誌「世紀」発刊。

『地下室の手記』発表

1866

中編『賭博者』を、婦人速記者アンナの助けを借りて完成させる(10)

『罪と罰』連載(112)『賭博者』

1867

アンナと結婚(45)妻と欧州旅行に出発(42ヶ月余りの滞在となる)

 

1868

長女ソフィヤ生後3ヶ月で病没。

『白痴』連載

1870

前年長女リュボフィ誕生。

『永遠の夫』発表

1871

帰国(7.8.)。長男フョードルが生まれる(7.16.)。以後、賭博癖、止む。

『悪霊』連載(111月、翌年1112)

1873

週刊新聞「市民」の編集に加わる。

「作家の日記」連載

1874

ペテルブルグの南の地スターラヤ・ルッサの別荘でも過ごし始める。

   

1875

次男アレクセイ誕生。

『未成年』連載

1876

月刊個人雑誌「作家の日記」の刊行が始まる。

「作家の日記」連載

1877

『カラマーゾフの兄弟』構想開始。

「作家の日記」連載

1879

前年、次男小児てんかんで病没。

『カラマーゾフの兄弟』連載(1月〜)

1880

プーシキン記念祭でプーシキン講演をし、聴衆に熱狂を引き起こす(6)

連載終了(11)

1881

ペテルブルグで急逝(591.28.)

  


http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif