ドストエフスキーとの出会いと、その後

http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif





ドストエフスキーとの出会い

私が中学一年の終わり頃、学校の図書館で、何か読もうと思って館内の本棚から適当に引き出して手に取った本が、ドストエフスキーの中編小説『貧しき人びと』だったのでした。

本の初めを開いた瞬間、その本の扉(とびら)のところの、
ペローフ作で知られるドストエフスキーの肖像
(日本では新潮文庫のドストエフスキーの小説の旧表紙で知られる、有名なドストエフスキーの肖像画。新潮文庫の表紙は、この肖像の肩より上の部分を採用しています。ペローフの描いた原画はへんに生々しいカラーですが、この本の扉の肖像は、新潮文庫の表紙と同じく肩から上の部分を採用したモノクロ印刷となっていました。)
が不意に私の目に入ってきました。その時、私はその風貌に思わず引きつけられて、しばし突っ立ったままその風貌に見入(みい)っていたことを、私は今も記憶しています。

これが、自分のドストエフスキーとの最初の対面でした。その時妙な興奮にとらえられた自分は、ともかくも、その日は、その本を借りて帰り、家ではドストエフスキー!ドストエフスキー!と口に出してその長い名前を覚えようとしながら、『貧しき人びと』を読み始めました。

『貧しき人びと』を読み終えてのち、(私の本格的なドストエフスキー体験はそのあとに読んだ『罪と罰』から始まったので、その時読んだ『貧しき人びと』については、今思い出してみても、それほど印象の強いものではなかったようです。)引き続いて、自分のドストエフスキー文学の読書が、『罪と罰』、そして、『カラマーゾフの兄弟』へと移ってからは、日々未知の世界に連れて行かれるような、私のドストエフスキー文学への入()れ込みが始まりました。

私は、その時まで、「算数」が得意・大好きで将来数学者になりたいと思っていたのですが、『罪と罰』との出会いで、「自我」と、「文学」の面白さや価値・可能性に、強烈に目覚めてしまい、私は、「文学」少年・文系学生へと変貌してしまったのでした。
大学も、文学科を選ぶことになり、
(
しかし、私は、好きであったもう一方の国文学科を選び、将来ドスト文学研究の学者を目指してロシア文学科に進学するということはしていません。ドストエフスキーの文学に対しては、学問的に究めていきたいというよりも、自己流に独自に付き合っていきたいと思っていました。)
中学一年の時のドストエフスキーとの出会いとその後のドストエフスキーの文学や思想との長年の付き合いは、私のその後の人生の方向や物の見方や精神生活に大きな影響を与えていったのでした。

 続き  http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif