主要著作・論文

〔 戻る 〕


・本の中の文章を中心に掲載。
・★を後ろに付している書は、現在、市販中の本。

 
   
< 日本 ― 9.ドストエフスキーについて触れている、その他の論文・文章(ある本の中の分) 

1.『世界文学101物語』(高橋康也編。新書館1996年初版)★の項「罪と罰」「カラマーゾフの兄弟」(番場 俊の筆。)

2.
『名作はなぜ生まれたか』(木原武一著。同文書院1993年初版)★の項「ドストエフスキー」p177p186

3.
『世界名作の経済倫理学』(PHP新書。竹内靖雄著。1997年初版)★の項「壮大な観念の劇画―ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』」p142p149

4.
19世紀ロシア文学とフリーメーソン』(笠間啓治著。近代文芸社1997年刊。)の中の「19世紀ロシア文学にあらわれたフリーメーソン」内の「07ドストエフスキー」。p34p40

5.
『ロシアの愛と苦悩』(小野理子著。人文書院1990年刊。)の中の「ドストエフスキー」。p119p164

6.
『ロシア的人間』(井筒俊彦著。中央公論社文庫。)の中の「ドストイェフスキー」。 

7.
『天才 ― 創造のパトグラフィー』(福島章著。講談社新書1984初版。)の「天才の父親体験」内の「ドストエフスキーの父親憎悪」。p164p169
 
8.
『ドストエフスキイへの旅』(白川正芳著。武蔵野書房1991年初版。)★の中の「ドストエフスキイと埴生雄高」「ドストエフスキイと小林秀雄」「ドストエフスキイへの旅 ― ソ連紀行」


〔 
戻る 〕