主要著作・論文

http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif


・青字の書は、重要な、あるいは、研究者必携の本。
・★を後ろに付している書は、現在、市販中の本。
・「 」は、学術論文や、著作の中の文章。

  
 
< 日本 ― 8.その他の分野の(または、経歴を調査中の)お方 


〔 川喜田 八潮 (かわきた・やしお) 
評論家・駿台予備校日本史科講  師。1952〜。


『脱「虚体」論 ― 現在に蘇るドストエフスキー』
(
日本エディタスクール出版部1996年初版。)
ドストエフスキーの小説を、近代の人間の病理を鋭くえぐり、生きた生活者としての眼差しを示唆する文学と捉え、「悪霊」「カラマーゾフの兄弟」「白痴」「地下室の手記」の主要登場人物を批判的に論じている。   

    
〔 藤倉孝純 (たかすみ) 〕
文筆家・「ドストエーフスキイの会」会員。1937〜。

『神なき救済 ドストエフスキー論』
(
社会評論社1996年初版。)
「貧しき人びと」「弱い心」「死の家の記録」「虐げられた人々」「地下室の手記」の論。

悪霊論 自我の崩壊過程
(藤倉孝純著。作品社20027月初版。)
「悪霊」についての論。

 
〔 福井勝也 (かつや) 〕
旅行会社経営・「ドストエーフスキイの会」会員。1954〜。

『ドストエフスキーとポストモダン ― 現代における文学の可能性をめぐって』
 ( のべる出版企画20011月初版。)
ドストエフスキーについての論考、エッセイ。

『日本近代文学の(終焉)とドストエフスキー ― 「ドストエフスキー体験」という問題に触れて ― 』
(
のべる出版企画20082月初版。)
日本の近現代の作家や評論家のドストエフスキーの受容・体験についての評論。


〔 北岡淳也 (じゅんや) 〕
著述家・「ドストエーフスキイの会」会員。1945〜。

『ドストエーフスキイ・クライシス ― ユートピアと千年王国』
 (ビレッジサイド出版局1996年初版。)
「ユートピアと千年王国」という独自のテーマのもと、「悪霊」「地下室の手記」「罪と罰」「大審問官(カラマーゾフの兄弟)」を論じている。

    
〔 佐藤 章 (あきら) 〕
朝日新聞アエラ発行室員・文筆家。1955〜。

『ドストエフスキーの黙示録 ― 死滅した百年』
(
朝日新聞社1993年初版。)
ラスコーリニコフ、ネチャーエフ、レーニン、スターリン、ゴルバチョフの各章を設け、ソ連史上の革命活動家・政治指導者の系譜たる彼らの事跡を論じつつ、ロシア社会主義史上における、ドストエフスキーの言説の予言性に言及している。
 

〔 森 和朗 (かずろう) 〕
文筆家。1937〜。元NHK国際局チーフ・ディレクター。

『ドストエフスキー 闇からの啓示』
(
中央公論社1993年初版。)
現代科学技術文明・現代社会の状況に関する予言的洞察を示したドストエフスキーの言説を引用しつつ、現代社会に鋭い批判のメスを入れている。ドストエフスキーのことも、いろいろ紹介されている。

『マルクスと悪霊』(勁草出版サービスセンター1990年刊。)の中の第二部「ドストエフスキー」。


〔 荻野恒一 〕
精神科医。

『ドストエフスキー 芸術と病理』
(
金剛出版1971年初版。)〔『文芸読本ドストエーフスキー(T)(河出書房新社1976年初版)に、その中の一章「ドストエフスキーと 父親殺し」を所収。〕
精神医学の立場から、ドストエフスキー及びドストエフスキーの文学の本格的な病跡学的研究。


〔 田中幸治 〕
『ドストエーフスキイ山脈』 
(
近代文芸社1983年初版。)

『ドストエーフスキイ山脈 続』 
(
近代文芸社1990年初版。)  


〔 松本昌子 〕
元関東学院大学比較文化学科教授。

『ドストエフスキーの信仰』
(
八千代出版1984年初版。)   

 
〔 井上茂信 〕 
『ドストエフスキーと共産主義』
(
善本社1988年初版。)


〔 藤原藤男 〕 
『ドストエフスキー ― 生涯・文学・思想・神学』
(
キリスト新聞社1982年初版。)


〔 吉尾勝人 〕 
『現代における罪と罰 ― ドストエフスキー考』
(
新地書房1985年初版。)


〔 山田幸平 〕 
『ドストエフスキイのすべて』
(
蜘蛛出版社1973年初版。) 


〔 吉沢慶一 〕
『虚無 ― ドストェーフスキイの描いた人間』
(
塙新書。 塙書房1968年初版。 )


〔 飯島 衛 〕
『神と悪 ― ドストエフスキーの思想』
(
三一書房1958年初版。)
 

〔 池島重信 〕
『ドストエフスキーの哲學』
(
塙書房1948年初版。)


〔 佐々木 美代子 〕
『ドストエフスキーへの旅』
(
新潮社1978年初版。)
モスクワ・ペテルブルグのドストエフスキーのゆかりの地への旅行記。


〔 高木幹太 〕
『ドストエフスキーとキリスト教』
(
日本キリスト教団北千住教会文書伝導委員会1975年初版。)
 

 

http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif