主要著作・論文

戻る


・青字の書は、重要な、あるいは、研究者必携の本。
・★を後ろに付している書は、現在、市販中の本。
・「」は、学術論文や、ある本の中の文章。


<日本5.思想家・哲学者・評論家

〔西谷啓治〕
哲学者。19001990。元・京都大学教授。《論1

『共同討議―ドストエフスキーの哲学、神・人間・革命』(西谷啓治・和辻哲郎・高坂正顕・唐木順三・森有正による座談形式の共同討議。弘文堂1950初版。)
『ロシアの虚無主義―ドストエフスキイのニヒリズム』(弘文堂アテネ文庫1949年初版)の中のドストエフスキー論。
『ニヒリズム』(弘文堂1949年初版。創文社1972年増補版。)の中のドストエフスキー論
「観想としてのニヒリズム―『地下生活者の手記』」〔『文芸読本ドストエーフスキー(T)(河出書房新社1976年初版。)に所収。〕


〔唐木順三〕
評論家・思想家。19041980

「ドストイェフスキー―三人称世界から二人称世界へ」
(1948年筆。筑摩書房1967年刊『唐木順三全集』第3巻に所収。『文芸読本ドストエーフスキイU』(河出書房新社19788月初版)にも所収。)
「ドストエフスキーの世界」(筑摩書房1968年刊『唐木順三全集』第8巻に所収。)
「ドストエフスキー論考」(筑摩書房1968年刊『唐木順三全集』第10巻に所収。)


〔森有正(ありまさ)
哲学者。19111976《論1

『ドストエーフスキー覚書』
(
筑摩叢書82、筑摩書房1967年刊。旧版は、創元社1950年刊。筑摩書房1978年刊「森有正全集」巻8にも所収。ちくま学芸文庫・20124月刊(再版)★。)
主要作品・登場人物論。


〔滝沢克己(かつみ)
哲学者。19091984。元・九州大学文学部教授(哲学・倫理学)。カール‐バルトに師事し、キリスト教神学の立場からの作家(ドストエフスキー以外に漱石・龍之介など)論も著している。

『ドストエフスキーと現代』(三一書房1972年初版)
『地下室の手記』論・「大審問官の章」論。


〔久山康(くやま・やすし)
哲学者。19151994。元・関西学院大学教授。西宮市の「土曜会」(「ドストエフスキー研究」発行)主宰。《論1 2

「ドストイエフスキイの世界―『罪と罰』について―」(1953年筆)
「完全な美しい人間の形象―『白痴』のムイシュキンについて―」(1965年筆)
「ドストイエフスキイにおける生と死の問題―『白痴』をめぐって―」(1963年筆)
「ドストイエフスキイにおける愛の問題―『カラマーゾフの兄弟』をめぐって―」(1958年筆)
〔以上、『文学における生と死』(創文社1972年刊)に所収。土曜会発行「ドストエフスキー研究」(「学生の読書」第17集、1978年初版)にも所収。)
「ドストエフスキイの魅力」〔土曜会発行「ドストエフスキー研究」(「学生の読書」第5集、1965年初版)に所収。〕
「キェルケゴールとドストイエフスキイ」〔土曜会発行「ドストエフスキー研究」(「学生の読書」第13集、1973年初版)に所収。〕
「ドストイエフスキイと現代」〔勝田吉太郎氏との対談。土曜会発行「ドストエフスキー研究」(「学生の読書」第13集、1973年初版)に所収。〕
「ドストエフスキーをめぐって」〔佐々木徹氏・土曜会会員との座談。土曜会発行「ドストエフスキー研究」(「学生の読書」第17集、1978年初版)に所収。〕
『夏目漱石とドストエフスキイ』(創文社1990年刊)
『共同討議・ドストエフスキーの哲学』(久山康編。日本国際研究書1967年初版。創文社1971年初版。)


〔中村雄二郎〕
哲学者。1925〜。明治大学法学部教授。

「ドストエフスキーと悪」〔『悪の哲学ノート』(岩波書店1994年初版)★の中の第2部。P149p339。〕
『白痴』・『悪霊』・「大審問官の章」論。


〔梅原 猛〕
古代日本の研究家・哲学者。1924〜。現在、日本ペンクラブ会長。《論1 2

『心の危機を救え―日本の教育が教えないもの』(光文社199510月刊)★の中のドストエフスキー論。p22p38p117p118p205
「ドストエフスキーと神」(河出書房新社刊『ドストエフスキー全集』第19巻の「月報」に所収。)
「神の問題」(『文芸読本ドストエーフスキー(U)(河出書房新社1978年初版)に所収。)


〔柄谷行人(からたに・こうじん)
評論家。1941〜。

「ドストエフスキーの幾何学」(講談社学術文庫『言葉と悲劇』1993年刊★に所収。)
「無限としての他者」(『探求T』講談社1986年刊★に所収。)
ともに、バフチンのドストエフスキー論(ポリフォニー論)を検討しつつ、ドストエフスキーを論じている。


〔松本健一〕
評論家。1946〜。
『ドストエフスキーと日本人』(朝日新聞社1975年初版。)
近代・昭和(〜昭和25)のドストエフスキー受容論。


〔吉本隆明(たかあき)
評論家・詩人。1924〜。

「ドストエフスキー断片」(1981年新潮社版『現代のドストエフスキー』に所収。)


戻る