主要著作・論文

〔 戻る 〕


・青字の書は、重要な、あるいは、研究者必携の本。
・★を後ろに付している書は、現在、市販中の本。
・「 」は、論文や、ある本の中の文章。

< 日本 ― 4.文芸評論家 >

〔 小林秀雄 〕
文芸・美術評論家。19021983《論 1 2 3 4 5

『ドストエフスキイの生活』 … ドストエフスキーの評伝。
〔 1939年創元社初版。新潮文庫1964年初版(1971改訂版)。  新訂「小林秀雄秀雄全集」第5巻★に所収。〕
「「罪と罰」について(T・U)
「「白痴」について(T・U)
「「悪霊」について」
「「カラマアゾフの兄弟」」

「「地下室の手記」と「永遠の良人」」
「「永遠の良人」」
「「未成年」の独創性について」
(
以上は、新訂「小林秀雄秀雄全集」第6巻★に所収。)
「ドストエフスキイ七十五年祭に於()ける講演」
「ドストエフスキイの時代感
(
他のドストエフスキーに関する雑考も含め、新訂「小林秀雄秀雄全集」第5巻★に所収。)
『ドストエフスキイ全論考』
(
講談社1981年初版。旧版は、講談社1966年初版『ドストエフスキイ』。)

〔 河上 徹太郎 〕
評論家。19021980

『わがドストイエフスキー』 (河出書房新社1977年初版)
氏の過去のドスト論の文章を収めている。
 
〔 阿部六郎 〕
ドイツ文学者・文芸評論家。19041957。元東京芸大教授。 『三太郎の日記』で知られる阿部次郎は兄。

『神の影像』(壮文社1947年刊)の中の分。
『虚無と実存』(新潮社1948年刊)の中の分。
 〔「『未成年』について」は、『文芸読本ドストエーフスキー(U)(河出書房新社1978年初版)に所収。〕
『ドストエフスキー』 (生ける思想叢書。新潮社1949年初版。)
  
〔 荒 正人 〕
文芸評論家。1913〜。 《論 1

『ドストエーフスキイの世界』 (荒正人編著。河出ペーパーブックス。河出書房新社1963年刊。)
ドストエフスキーに関して、総合的に紹介している。ドストエフスキーの生涯、四大長編のダイジェスト、主要作品解説、 作品論、後世への影響、背景や環境、座談会、識者のエッセイ、など。
「ドストエフスキー」(1968年毎日新聞社刊『思想の流れ』に所収。)

〔 佐古 純一郎 〕
文芸評論家。1918〜。

「『罪と罰』におけるキリストの弁証」(1961年春秋社刊『佐古純一郎著作集』に所収。)

〔 寺田 透 〕
文芸評論家。1914〜。

『ドストエフスキーを読む』 (筑摩書房1978年初版。)

<ドストエフスキー関係の著作の翻訳>
 『ドストエフスキー』(アンドレ・ジイド著。新潮社1955年刊。)
 
〔 秋山 駿 (しゅん)
文芸評論家。1930〜。

「イッポリートの告白 ― 抽象と現実」
〔他のドストエフスキー論の文章も含め、『内部の人間』(南北社1967年初版。新版として、晶文社1972年初版)に所収。『文芸読本ドストエーフスキー(T)(河出書房新社1976年初版)にも所収。〕
『地下室の手記』(徳間書店1974年初版。日本文芸社1991初版。)の中のドストエフスキー論。
「批評家の究極へ向かう自我 ― ドストエフスキー」
〔埴谷雄高氏との対談。『特集=ドストエフスキーその核心』(ユリイカ詩と批評6月号。青土社1974年初 版)に所収。〕

〔 桶谷秀昭 (おけたに) 〕
文芸評論家。1932〜。 《論 1

『ドストエフスキイ』 (河出書房新社1978年初版。)
「死の家と地下室」、及び、五大長編論を所収。
〔 「死の家と地下室」は、『特集=ドストエフスキーその核心』(ユリイカ詩と批評6月号。青土社1974年初版)にも所収。〕

〔 遠丸 立 (とおまる たつ) 〕
文芸評論家・詩人。1926〜。 《論 1

『無知とドストエフスキー』 (国文社1981年初版。)
「概説・ドストエフスキー論について」
〔特集「ドストエフスキー」(現代のエスプリNo.164。至文堂1981年刊。遠丸立編集・解説。)に所収。〕

〔 横尾和博 〕
文芸評論家。

『村上春樹とドストエフスキー』 (近代文芸社1991年初版。)
ドストエフスキーについての横尾氏のそれまで各雑誌に掲載された論文・エッセイを収めている。

〔 高橋康雄 〕
文芸評論家。 1940〜。

『ドストエフスキーの天使たち』 (大和書房1989年初版。)
子供が描かれていることが多いドストエフスキーの作品を、「子供」という観点から論じている。



〔 戻る 〕