主要著作・論文

戻る


・青字の書は、重要な、あるいは、研究者必携の本。
を後ろに付している書は、現在、市販中の本。
・「」は、論文や、ある本の中の文章。


<日本3.作家

〔椎名麟三〕
作家。19111973。「ドストエフスキー体験」という氏の言い方は有名。《論1 2

『私のドストエフスキー体験』(教文館1967年刊。『文芸読本ドストエーフスキー(T)(河出書房新社1976年初版)にも
一部所収。)
『悪霊ドストエフスキー』(冬樹社1970年初版。)
ドストエフスキーの小説「悪霊」を椎名氏が脚色した戯曲。
『私の聖書物語』(中公文庫。1973年初版。)の中の文章「まぼろしの門」のp35p40


〔埴谷雄高(はにや・ゆたか)
作家。19101997《論1 2 3

『ドストエフスキイ―その生涯と作品―』(NHKブックス31。日本放送出版会1965年初版。)
『埴谷雄高ドストエフスキイ全論集』(講談社1979年初版。)※、その細目
『埴谷雄高作品集10ドストエフスキイ論集』(河出書房新社1987年初版。)※、その細目
『埴谷雄高全集7ドストエフスキイ』(講談社19993月初版。)の中の分。※、その細目
「革命性の先駆者」(1981年新潮社刊『現代のドストエフスキー』に所収。)
「ドストエフスキーについて」(安原顕編講談社1985年刊『なぜ「作家」なのか』に所収。)
『謎とき「大審問官」』(福武書店1990年初版。)
ドストエフスキーに関するエッセー・論文集。
※、その細目


〔加賀乙彦(おとひこ)
作家。1929〜。《論1 2 3

『文学と狂気』(筑摩書房1971年初版)の中の分。〔『文芸読本ドストエーフスキー(U)(河出書房新社1978年初版)にも一部を所収。〕
『ドストエフスキー』(中央公論新書。1973年初版。)
精神医学や精神分析学の立場から、ドストエフスキーの性格や生活やその文学の性格、持病の「てんかん」や死刑体験などについて詳しく論じている。


〔大江健三郎〕
作家。1935〜。

「ドストエーフスキイの面白さ・分かりにくさ」の中の発言。〔埴谷雄高・荒正人との鼎談。『ドストエーフスキイの世界』(荒正人編著。河出ペーパーブックス。河出書房新社1963年刊。)、『埴谷雄高ドストエフスキイ全論集』(講談社1979年初版)に所収。〕
「ドストエフスキー―『白痴』とボールドウィン」〔評論集『厳粛な綱渡り』(文藝春秋社1965年初版。文芸春秋社の文芸文庫
で文庫本化。)P470p473。〕
「革命と死と文学―ドストエフスキー経験と現代」の中の発言。〔埴谷雄高との対談。「世界」19726月号に掲載。『文芸読本ドストエーフスキイ(T)(河出書房新社1976年初版)
『埴谷雄高ドストエフスキイ全論集』(講談社1979年初版)に所収。〕
「激励するドストエフスキー」〔新潮社版全集発刊記念パンフ『ドストエフスキー読本』(1979年発行)に所収。〕
「ドストエフスキーから」(1981年新潮社版『現代のドストエフスキー』に所収。)
「神話的な女性像()」「カーニバルとグロテスク・リアリズム」〔『新しい文学のために』(岩波新書。1988年初版)
p151p155p165p166p175p183。〕
「文学再入門」(朝日新聞社1994年初版『小説の経験』
に所収)の中の分。p16p33


〔高橋和巳(かずみ)
作家・中国文学者。19311971

「私のドストエフスキー―『死の家の記録』」〔高橋和巳エッセイ集『現代の青春』(旺文社文庫。1973年初版。)に所収。〕
「文学と政治」〔高橋和巳著『文学講座』(河出書房新社1976年初版。)に所収。p77p84。〕
『悪霊』論。


〔五木寛之〕
作家。1932〜。《論1 2

「ドストエーフスキイと私」(『文芸読本ドストエーフスキー(T)(河出書房新社1976年初版)に所収。p132p133)
『哲学に何ができるか』(廣松渉氏との対談集。春陽堂1996年初版。)
の中の「哲学と思想」のp25p26
「対談なぜドストエフスキーか」(原卓也氏との対談。新潮社版全集発刊記念パンフ『ドストエフスキー読本』1979年発行のp10p15に所収。)
「同時代の『罪と罰』」(1997年刊新潮文庫別冊12『世界文学のすすめ』
に所収。)


〔後藤明生(めいせい)
作家。19321999

「わたしの『悪霊』」〔19714月筆。『文芸読本ドストエーフスキイU』(河出書房新社19788月初版)に所収。〕
『ロシアの旅―ゴーゴリ、ドストエフスキーを求めて』(北洋社1973年刊)の中の分。
「今は許せ―ドストエフスキーの聖書」〔『特集=ドストエフスキーその核心』(ユリイカ詩と批評6月号。青土社1974年初版。)に所収。〕
「ドストエフスキーの声」(19748月『早稲田文学』に所収)
「百年後の一小説家として」(1981年の講演録。1981年新潮社版『現代のドストエフスキー』に所収。)
『ドストエフスキーのペテルブルグ』(三省堂1987年刊)


〔三田誠広(まさひろ)
作家。1948〜。

『僕のうちあけ話』(エッセイ集。集英社文庫1981年初版。)の中のドスト論。p43p47p113p124p131


〔日野啓三〕
作家。1929〜。《論1

「ドストエフスキーの向う側」(南北社1967年刊『存在の芸術』に所収。)
「『白痴』論」(三一書房1968年刊『幻視の文学』に所収。)
河出書房新社1968年刊カラー版世界文学全集第18巻『カラマゾフの兄弟』の「解説」。


〔森田草平〕
作家・翻訳家。18811949。夏目漱石に師事し、漱石にドストエフスキーの作品をすすめたことでも、知られる。漱石へのドストエフスキーの影響ぶりを記した文章も残している。

『ドストエフスキー』(倉田湖との共著。東方出版社1936年刊。)の中の「女性の二典型」。p464p478。「漱石とドストエーフスキイ」(1942年甲鳥書林刊『夏目漱石』に所収。)


〔正宗白鳥〕
作家。18791962

「『悪霊』について」(1967年新潮社刊『正宗白鳥全集』第7巻に所収。)
「『カラマーゾフの兄弟』について」(1968年新潮社刊『正宗白鳥全集』第11巻に所収。)
「ドストエフスイのことなど」(小林秀雄との対談。1968年新潮社刊『正宗白鳥全集』第13巻に所収。)
「『罪と罰』のこと」(馬場恒吾との対談。1968年新潮社刊『正宗白鳥全集』第13巻に所収。)


〔坂口安吾〕
作家。19061955《論1

小林秀雄との対談(『小林秀雄対話集』(講談社1966年刊)の中のぶん)
「ドストエフスキーとバルザック」(『坂口安吾全集』巻1(筑摩書房)に所収。19339月筆の小論。)



〔谷崎精二〕
作家・英文学者。18901971。作家の谷崎潤一郎の弟。元早稲田大学教授。

『ドストエフスキイ評伝』(春陽堂1921年初版。)


〔林逸馬(いつま)
作家。福岡県出身で、東大卒業後、地元で作家活動を行う。19031972

『ドストエフスキー―生涯とその芸術』(若い人社1943年刊。)



戻る