主要著作・論文

http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif


・青字の書は、重要な、あるいは、研究者必携の本。
・★を後ろに付している書は、現在、市販中の本。
・「」は、学術論文や、ある本の中の文章。


<日本1-3.ロシア文学の翻訳・研究家

〔 木下豊房 (とよふさ) 〕
ドストエフスキー文学の研究家・ロシア文学者。1936〜。元・千葉大学国際言語文化学科教授、「ドストエーフスキイの会」代表。

「ドストエフスキイの世界と芸術方法」
〔『理想(No.459)・特集ドストエフスキー』(理想社1971年刊)に所収。〕

「ドストエーフスキイ文献解題」
〔『文芸読本ドストエーフスキー(U)(河出書房新社1978年初版)に所収。〕

『近代日本文学とドストエフスキー―夢と自意識のドラマ』(
成文社1993年初版。)★

「ドストエフスキー文学の魅力―言葉なき対話について」
〔『ドストエフスキーを読む』(佐藤泰正編。笠間書院1995年初版。)★に所収。〕

「ドストエフスキーにおける“サストラダーニエ”の問題をめぐって」
1999年刊『ドストエーフスキイの広場』第8号★に所収。〕

『論集・ドストエフスキーと現代―研究のプリズム』
(木下豊房・安藤厚・編著、多賀出版20012月刊。)

『ドストエフスキーその対話的世界』
(20022月成文社初版。)

『ドストエフスキーの作家像』
(2016
8月鳥影社初版。)

<ドストエフスキー関係の著作の翻訳>
『ドストエフスキーとカント―「カラマーゾフの兄弟」を読む』
(
ゴロソフケル著。みすず書房1988年初版。)

『アンナの日記』
(
アンナ‐ドストエフスカヤ著。河出書房新社1979年初版。)


〔 井桁貞義 (いげた) 〕
ドストエフスキー文学の研究家、ロシア文学者。1948〜。
現在、早稲田大学ロシア文学科教授。19954月より19973月まで「NHK
レビ・ロシア語会話」の講師をつとめる。

『私・他者・世界―ドストエフスキイにおける「意識」の問題』
(
清信社1972年初版。)
「シラーとドストエフスキイ」
〔「比較文学年誌」14(19783月号)に所収。〕

「ドストエフスキイとナポレオン―19世紀ロシア思潮の中で」
〔「理想」552(19795月号)に所収。〕

「ドストエフスキイにおける<分身モチーフ>」
〔「文集ドストエフスキイ」3(19835月号)に所収。〕

「大地―聖母―ソフィア」
〔「ドストエフスキイ研究」T号(1984年刊)★に所収。〕

「ファウスト伝説のなかの『悪霊』」〔『ドストエフスキーの現在』
(JCA
出版1985年初版)に所収。〕

「ドストエフスキイとピョートル大帝」
〔「ヨーロッパ文学研究」34(1987年刊)に所収。〕

『ドストエフスキー』
(センチュリーブックス・人と思想。1989年清水書院初版。20148月新版。)

ドストエフスキイ・言葉の生命
(
井群像社刊。200332刊。)

『ドストエフスキイと日本文化―漱石・春樹、そして伊坂幸太郎まで』
(教育評論社刊。20113月刊。)

『ドストエフスキイ文献集成』
〔本間暁氏との共編。大正期から戦後直後の期間の、日本で出版されたドストエフスキー研究の「著作・翻訳書」を復刻して収めている。全22巻。大空社1995年〜1996年刊。〕★

<ドストエフスキー関係の著作の翻訳>
『やさしい女白夜』
(
講談社文芸文庫。20108月刊)


〔 亀山郁夫 (かめやまいくお) 〕
ロシア文学・ロシア文化論専攻。1949〜。
現在、名古屋外国語大学総長。元東京外大総長

「スタヴローギン―使
嗾する神―
(
『ドストエフスキーの現在』(江川卓・亀山郁夫共編。JCA出版1985年初版。)に所収。)

「小説という名の怪物が生まれ、二人の予言者が現れた。」
「観念という狂気」
「人間の深淵を描く」
(
週刊朝日百科『世界の文学』第15号「ドストエフスキー、トルストイ」(199910月刊)に所収。)

ドストエフスキー父殺しの文学(上・下)
(NHKブックス、日本放送出版協会20047月刊。)

『『悪霊』神になりたかった男』
(みすず書房20056月刊。)

大審問官スターリン
(2006
125日小学館刊。)

「カラマーゾフの兄弟」続編を空想する
(光文社新書。20079月光文社刊。)

ドストエフスキー―謎とちから
(文春新書。200711月青土社刊。)

ドストエフスキー共苦する力
(2009
4月東京外国語大学出版会刊。)

『罪と罰』ノート
(20095月刊。平凡社新書。)

『ドストエフスキー『悪霊』の衝撃』
(光文社新書。20124月刊。)

『謎とき『悪霊』』
(新潮選書。20128月刊。)

『偏愛記:ドストエフスキーをめぐる旅』
(
新潮文庫。20135月刊。『ドストエフスキーと59の旅』(106月日本経済新聞出版社刊)を改題し文庫化したもの。〕

100de名著ドストエフスキー『罪と罰』
(NHK
テレビ放送でのテキスト。201312月刊。)


『そうか、君はカラマーゾフを読んだのか。::仕事も人生も成功するドストエフスキー66のメッセージ』
(
小学館。201412月刊。)

『新カラマーゾフの兄弟』
(
河出書房新社201511月刊。続カラマーゾフの兄弟として戦後の日本を舞台にした小説。)

<ドストエフスキー関係の著作の翻訳>
『カラマーゾフの兄弟』
(
光文社古典新訳文庫。20069月〜20077月刊。全5巻。)
『罪と罰』
(
光文社古典新訳文庫。200810月〜20097月刊。全3巻。)
『悪霊』
(
光文社古典新訳文庫。20109月〜201112月。全3巻。別巻・20122月。)
『新訳地下室の記録』
(
集英社20133月刊。)
『白痴』
(
光文社古典新訳文庫。全
四巻。巻1・201511月初版、巻2・20172月初版、巻320181月初版。)


〔 望月哲男 〕
ロシア文学者。1951〜。現在、北海道大学スラブ研究センター教授。

「決疑論の展開―『カラマーゾフ兄弟』の一面―」
〔『ドストエフスキーの現在』(JCA出版1985年初版)に所収。〕

「ドストエーフスキイ論の地平」
〔「ドストエフスキイ研究」V号(1986年刊)に所収。〕

「『作家の日記』について」
(
「ちくま」199711月号に所収。)

<ドストエフスキー関係の著作の翻訳>
『ドストエフスキーの詩学』
(
鈴木淳一との共訳。「解説」担当。ちくま学芸文庫1995年初版。)

『白痴』
(
河出文庫。20107月〜9月刊。)
『死の家の記録』
(光文社古典新訳文。20133月初版。)


〔 高橋 誠一郎 〕
ドストエフスキー文学の研究家。1949〜。元・東海大学外国語教育センター教授。

「ドストエーフスキイにおける良心観―その変遷と意味」
(
『比較思想研究』第17号。比較思想学会。1991年。)

『「罪と罰」を読む―「正義」の犯罪と文明の危機―』
(刀水書房1996年初版。200111月新版。)

『欧化と国粋―日露の文明開化とドストエフスキー―』
(刀水書房20021月初版。)

ロシアの近代化と若きドストエフスキー「祖国戦争」からクリミア戦争へ
(成文社20077月初版)

『黒澤明で「白痴」を読み解く』
(
成文社2011年9月初版成文社
)

『黒澤明と小林秀雄―「罪と罰」をめぐる静かなる決闘』
(成文社20148月初版)


〔 糸川紘一 (いとかわこういち) 〕
ロシア研究家。現在、新潟産業大学人文学部教授。

『「カラマーゾフ」の天地』
(
私家版)

「「生の家」の記録―異説『死の家の記録』」
1992年刊『ドストエーフスキイの広場』第2号★に所収。〕

「カザフ大草原―ドストエフスキー・復活の大地」
1993年刊『ドストエーフスキイの広場』第3号★に所収。〕

「『悪霊』の逆説―「僣称者」スタヴローギンの明暗」
1998年刊『ドストエーフスキイの広場』第7号★に所収。〕

<ドストエフスキー関係の著作の翻訳>
『「罪と罰」注解』
(
ベローフ著。糸川紘一訳・江川卓監修。群像社1990年刊。)

『ドストエフスキーの妻』
(
ベローフ著。響文社1994年刊。)


〔 金澤 美知子 〕
ロシア文学者。現在、東京大学スラヴ語スラヴ文学研究室教授。《論  1 

「若きドストエフスキイとフランス・ロマン主義」(ActaSlavicaJaponica,vol.9)

『ロシア文学』
(
放送大学教育振興会1994年初版。)★の中の項「ドストエフスキイ」。

「ドストエーフスキイの「文体」―生き生きとした文学的表現を求めて」〔1993年刊『ドストエーフスキイの広場』第3号★に所収。〕


〔 杉里直人 (すぎさとなおと) 〕
ドストエフスキー文学の研究家・ロシア文学者。

「ドストエフスキイの文学的出発」
(
「早稲田大学大学院文学研究科紀要」別冊第14集。1987年。)

「罪と罰」「悪霊」「カラマーゾフの兄弟」の項。
1988年友人社刊『一冊で世界の名著100冊を読む』★〕

「ゴリャードキン化する語り手、ゴリャードキン化する読者―『分身』のナラティブについて」
1993年刊『ドストエーフスキイの広場』第3号★に所収。〕

 


http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif