主要著作・論文

http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif


・青字の書は、重要な、あるいは、研究者必携の本。
・★を後ろに付している書は、現在、市販中の本。
・「」は、学術論文や、ある本の中の文章。


<日本1-1.ロシア文学の翻訳・研究家

〔 米川正夫(よねかわ) 〕
ドストエフスキー文学を初め、ロシア文学の翻訳・研究家。18911965

元早稲田大学文学部露文科教授(在職19511962)


『ロシア文学史』
(
穂高書房1947年初版。のちに、1951年に角川文庫化。)の項「ドストエーフスキイ」。

『ドストエーフスキイ入門』
(
市民文庫39。河出書房1951年初版。)
ドストエフスキー伝、主要作品研究。

『ドストエーフスキイ研究』
(米川正夫個人訳全集の別巻。1970年初版。)
ドストエフスキー伝、主要作品研究、伝記上の参考文献、年譜、ドストエフスキー文献。

鈍・根・才
(
河出書房1962年刊、
日本図書センター1997年刊)の中の分。
米川氏のエッセイ集。

「ドストエフスキイを語る」の中の発言。
〔埴谷雄高・吉村義夫・他諸氏との座談会。1956年、1957年。『埴谷雄高ドストエフスキイ全論集』(講談社1979年初版)に所収。〕

<ドストエフスキーの著作の翻訳>
愛蔵決定版ドストエフスキー全集
(20巻・別巻1。米川正夫個人訳。河出書房新社19691971年刊)(一部)
「カラマーゾフの兄弟」★
「白痴」
「悪霊」
「未成年」
(
以上、岩波文庫)


〔 小沼文彦 〕
ドストエフスキーの文学の翻訳・研究家。19161998


『ドストエフスキー』
(日本基督教出版1977年初版。)
ドストエフスキーの評伝。

『ドストエフスキーの顔』
(
筑摩書房1982年初版。)
ドストエフスキーに関する論文・エッセイ集。

『随想ドストエフスキー』
(
近代文芸社1997年初版。)
日本におけるドストエフスキー文学の受容史、ペテルブルグの旧居探索、ドストエフスキーに関する各エッセイ、など。

<ドストエフスキーの著作の翻訳>
ドストエフスキー全集
(23巻。小沼文彦個人訳。筑摩書房19621991年刊。)(一部)
「二重人格」(岩波文庫)
「白夜」(角川文庫)
「作家の日記」(ちくま学芸文庫)
「ドストエフスキー未公刊ノート」
(小沼訳。筑摩書房19977月刊。)

『人生の知恵―ドストエフスキーの言葉』
(小沼文彦訳編。弥生書房1969年初版。1997年新装版★。)
『ドストエフスキー箴言と省察』
(小沼文彦編訳。教文館1985年初版。)
前書に比べ、ドストエフスキー自身の言葉を中心に編集したもの。

<ドストエフスキー関係の著作の翻訳>
『ドストエフスキーの信仰』
(A
‐ボイス‐ギブソン著。広瀬良一との共訳。ヨルダン社1979年初版。)

『ドストエフスキーの「大審問官」』
(J.S.ワッサーマン編。冷牟田幸子との共訳。ヨルダン社1981年初版。)
欧米の研究者の「大審問官の章」論を多数収めている論集。


〔 江川 卓 (たく) 〕
ドストエフスキー文学・ロシア文学の翻訳・研究家。19272001。元東京工業大学教授・元中京大学教授。


「ドストエフスキーとソルジェニーツィン」
(
日本アジア・アフリカ作家会議編『文学を考える』(毎日新聞社1978年刊)に所収。)

『ドストエフスキー』
(岩波新書。1984年初版。「評伝選」シリーズの特製版★あり。)
『貧しき人々』の成立におけるロシアの先行文学(メタ文学性)、語りの手法、背景としてのロシアの宗教的土着世界、ドストエフスキーの文学の時代性・現代性、などに関する論。

『ドストエフスキーの現在』
(亀山郁夫との共編。JCA出版1985年初版。)
『悪霊』を中心としたドストエフスキーの小説に関する諸氏の論文集。

「ドストエフスキーの現在」
(
上書に所収。)

「『カラマーゾフ』が予言していた現代日本人」
(
月刊「新潮45198512月号のp144p159)

『謎とき『罪と罰』
(新潮選書。新潮社19862月初版。雑誌『新潮』の19833月号〜19858月号に連載した分に加筆したもの。)
小説『罪と罰』に様々に細工され仕掛けられているからくりや表現の重層性、小説の中に出てくる読者にはわかりにくい事物や表現、などを、原文のロシア語、ロシア社会の習俗、フォークロア、当時の風俗や世相に関する知識などを駆使して新たに解き明かし、ロシア文学者江川卓氏の名を高からしめた話題の書。
『謎とき『カラマーゾフの兄弟』』
(新潮選書。新潮社1991年初版。雑誌『新潮』の19881月号〜19904月号に連載した分に加筆したもの。)
『謎とき『白痴』』
(新潮選書。新潮社1994年初版。雑誌『新潮』の19922月号〜199311月号に連載した分に加筆したもの。)
以上、『謎解き「罪と罰」』に引き続いての、江川氏の謎ときシリーズの二書。

「謎とき「悪霊」1・椋鳥の里の悲劇」
(
雑誌『新潮』19961月号に所収。)
「謎とき「悪霊」2・覇を競う父と子」
(
雑誌『新潮』19963月号に所収。)

鼎談
「ドストエフスキーの現在―『罪と罰』から『白痴』へそして未完の『カラマーゾフ』へ」
(小沼文彦・清水正との鼎談。「江古田文学」1987年春第12号に所収。p24p6619861114日に行われた鼎談。)

『新潮世界文学辞典』(新潮社1990年刊。CD-ROM版もあり。)★の中の項
「ドストエフスキイ」

『集英社世界文学大事典』(集英社1997年刊)の第3巻★の項
「ドストエフスキイ」(p169p180)

<ドストエフスキーの著作の翻訳>
「罪と罰」(旺文社文庫。全二冊。1966年初版・1968年特製版。)
「罪と罰」(学習研究社の世界文学アルバムの巻371977年初版。)
「罪と罰」(岩波文庫★。全三冊。199911月〜20002月初版。)
「カラマーゾフの兄弟」(縮約版。集英社版「世界の名作」コンパクトブックス。1964年初版。)
「カラマーゾフの兄弟」(集英社の愛蔵版世界文学全集の巻191975年初版。)
「カラマーゾフの兄弟」(集英社の世界文学全集の巻45461979年初版。)
「地下室の手記」(新潮文庫・1969年初版・1993年改訂版★。新潮世界文学の巻10★。新潮社版全集の巻6)
「悪霊」(新潮文庫・1971年初版★。新潮世界文学の巻13★。新潮社版全集の巻1112)
「貧しき人々」(集英社の世界文学全集の巻431979年初版。)
「分身」(新潮社版全集の巻11978年初版。)
「書簡(V)―作家、編集者への手紙」(新潮社版全集の巻22)


〔 中村 健之介 〕
ドストエフスキー文学の研究家。1939〜。元・東京大学教養学部教授。北海道大学名誉教授。


『ドストエフスキー・作家の誕生』
(みすず書房1979年初版。)
初期作品群や『死の家の記録』『虐げられた人たち』『地下室の手記』、『悪鬼たち(=悪霊)』のステパン氏、『未成年』のアルカージー、初期小説の成立過程、等に関する論。

『ドストエフスキー・生と死の感覚』
(岩波書店1984年初版。)
中村氏の論文集。

『ドストエフスキーと女性たち』
(
講談社1984年初版。)
 
ドストエフスキーの妻や愛人、女性の登場人物などの紹介と論。

『ドストエフスキーのおもしろさ』
(岩波ジュニア新書。岩波書店1988年初版。)
テーマに分けて、ドストエフスキーの言葉を掲げ、ドストエフスキーのことを多面的に紹介。末部に「ドストエフスキーの生涯」「主要作品解説」あり。

『ドストエフスキー人物事典』
(朝日選書399。朝日新聞社1990年初版。)
ほぼ全小説の登場人物の解説と論。

『知られざるドストエフスキー』
(岩波書店1993年初版。)
中村氏の論文集。

永遠のドストエフスキー―病いという才能
(中央公論新社20047月刊)

「ドストエフスキーの生涯と体験」
(1986
年北海道大学図書刊行会刊『近代ロシアの歴史と文学』に所収。p91p102)
「ドストエフスキー」の項
(1989
年平凡社刊『ロシア・ソ連を知る事典』のp393395)
「ドストエフスキー年代記(112)
〔『ドストエフスキー・写真と記録』(中村健之介訳。論創社1986年初版。編集代表:ネチャーエワ女史。)★に所収。〕

<ドストエフスキーの著作の翻訳>
『ドストエフスキーの手紙』
(
中村健之介編訳。北海道大学図書刊行会1986年初版。)

<ドストエフスキー関係の著作の翻訳>
『ドストエフスキーの蔵書』
(
グロスマン他編。日本ドストエフスキー協会資料センター1973年初版。)

『ドストエフスキーの青春』
(
コマローヴィチ著。みすず書房1978年初版。)

『ドストエフスキー・写真と記録』
(
ネチャーエワ編。論創社1986年初版。)
時期別に分けて、年譜と、ドストエフスキーや知人や後世影響を受けた東西の人物の言葉を列挙している。写真や肖像画、多数掲載。

『ドストエフスキーの恋人スースロワの日記』
(
ドリーニン編。みすず書房1989年初版。)

『ドストエフスキー裁判』
(N
F・ベリチコフ編・中村健之介編訳。北海道大学図書刊行会1993年初版。)
ドストエフスキーが連座したペトラシェフスキー事件の逮捕から裁判での判決までの各記録を収録している。

『ドストエフスキー蔵書目録』
(
グロスマン他編。1994年北海道大学図書刊行会。)


〔 原 卓也 〕
ロシア文学の翻訳・研究家。19302004。元東京外国語大学教授。日本ロシア文学会会長。


『ドストエフスキー』
(講談社新書。1981年講談社初版。)
各章ごとにドストエフスキーの生涯と文学における事項とテーマを取り上げて、ドストエフスキーの生涯、その文学と思想、当時のロシアの社会状況のことなどを紹介している。

「対談なぜドストエフスキーか」
(
五木寛之氏との対談。新潮社版全集発刊記念パンフ『ドストエフスキー読本』1979年発行のp10p15に所収。)

<ドストエフスキーの著作の翻訳>
「カラマーゾフの兄弟」(新潮文庫)
「賭博者」「鰐」、書簡、評論(以上、新潮社版全集)

<ドストエフスキー関係の著作の翻訳>
『ドストエフスキーとペトラシェフスキー事件』
(
小泉猛との共編訳。1971年集英社初版。)

『ドストエフスキーの一日―ルーレテンブルグ』
(
グロスマン著。1981年講談社初版。)


〔 工藤 精一郎 〕
ロシア文学者・翻訳家。192220087月。元関西大学文学部教授。

「ボジェドームカ通り界隈―ドストエフスキーの生家―」
「ドストエフスキーは変節者か―1849年のロシア社会主義者たち―」
「削られたソーニャ―『罪と罰』の受難―」
〔以上、『ロシア文学裏ばなし』(中央公論新書。1990年初版。)★に所収。〕

<ドストエフスキーの著作の翻訳>
「罪と罰」★(新潮文庫)
「死の家の記録」★(新潮文庫)
「未成年」★(新潮世界文学)
「未成年」「ステパンチコヴォ村とその住人」、書簡、他短編(以上、新潮社版全集)



http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif