主要著作・論文

戻る


・邦訳されている分を中心に掲載。青字の書は、重要な「ドストエフスキー」論書。
・★を後ろに付している書は、現在、市販中の本。
・「」は、学術論文や、ある本の中の論文。
は、現在、所持の本。(は、近辺の図書館で借り出しが可能な本。)


<ロシア以外の諸国(欧米)2

〔アンドレ・ジイド〕
フランスの作家・批評家。18691951《論123

『ドストエフスキー』(190819221923年刊。
邦訳として、
『ドストエフスキー』武者小路実光・小西茂也訳、日向堂1930年初版。
『ドストエーフスキイ論』秋田滋訳、芝書店1933年初版〔1936年に改造社より文庫本化〕。
『ドストイエフスキイ研究』竹内道之助訳、三笠書房1933年初版。
『ドストエフスキー』武者小路実光訳、日本社1946年初版。
『ドストエフスキー』寺田透訳、新潮文庫1955年初版。
がある。)
「書簡集によってみたドストエフスキー」
「『カラマーゾフの兄弟』について」
「ドストエフスキー小論
(
ドストエフスキー生誕百年を祝い、ビュー‐コロンビエ座において朗読した小演説)
「ビュー‐コロンビエ座における連続六回講演」
「付録」
を所収。〔「ドストエフスキー生誕百年を祝い、ビュー‐コロンビエ座において朗読した小演説」は、『文芸読本ドストエーフスキー(T)(河出書房新社1976年初版)にも所収。〕


〔カミュ〕
フランスの作家・劇作家・批評家。19131960《論1

「救いの拒否」(2章のp454p460)「シガリョフ的思想」(3章のp556p559)。〔1951年。清水徹訳。評論『反抗的人間』(新潮世界文学49「カミュ(U)」★)の中の文章。〕
「キリーロフ」(p374p381)1942年。佐藤朔・白井浩司訳。評論『シーシュポスの神話』(新潮世界文学49「カミュ(U)」★)の章「不条理な創造」の中の文章。〕
キリーロフ論。


DH・ロレンス〕
イギリスの作家・詩人。18851930

「ドストエフスキーの「大審問官」1930年筆。島田太郎訳。『特集=ドストエフスキーその核心』(ユリイカ詩と批評6月号。青土社19746月初版。)に所収。〕


〔モーム〕
イギリスの作家。18741965《論1

「ドストエフスキーと『カラマーゾフの兄弟』」〔『世界の十大小説』(西川正身訳。岩波新書1960年初版、1997年岩波文庫(下巻))に所収。〕
ドストエフスキーの「生涯・各主要小説」に対するクールな論。
『読書案内』(西川正身訳。1997年岩波文庫★。)の中の項「ドストエフスキー」。p81p85


〔ヘッセ〕
ドイツ生まれのスイスの作家・詩人。18771962

「ドストエフスキイの長編小説」(19141915)
『未成年』論
「『白痴』随想」「カラマーゾフの兄弟、あるいはヨーロッパの没落」(『混沌を見る』(1920)に所収。)
「ドストエフスキイ」(1925)
〔以上は、『静かに思う』(弘文堂世界文庫・1940年初版)に所収。〕


〔モーリアック(モーリヤック)
フランスのカトリック作家。188519701952年にノーベル文学賞を受賞。

『小説家と作中人物』(川口篤訳。ダヴィッド社1957年初版。)の中の、「小説論」のp29p33、「小説家と作中人物」のp81p82


〔サロート(ナタリー・サロート)
フランスの女流作家。1902〜。

「ドストエフスキーからカフカへ」〔1947年。『不信の時代』(白井浩司訳。紀伊国屋書店1958年初版。)に所収。〕


〔ゼーガース(アンナ・ゼーガース)
ドイツの、社会主義リアリズムの立場に立った女流作家。1900〜。

『トルストイとドストエフスキー』(伊東勉訳。未来社1967年刊。)の中の、
「トルストイとドストエフスキーの長編小説におけるナポレオン的権力の観念」
「ドストエフスキーの長編小説の人間像―ことにシラーとの関連において―」


〔ツワイク(シュテファン・ツワイク)
オーストリアの作家。18811942《論1

『ドストエーフスキイ』(高橋禎二訳、弘文堂1950年刊。下書の「ドストエフスキー」の部分の訳。)
『三人の巨匠―バルザック・ディケンズ・ドストイェフスキイ』〔1919年刊。竹内道之助・菅谷恒徳訳、三笠書房1936年刊。神品芳夫訳、みすず書房1961年刊。神品芳夫・小川超・柴田翔・渡辺健共訳、みすず書房1974年刊ツワイク全集巻8に所収。〕


〔トロワイヤ(アンリ・トロワイヤ)
ロシア生まれのフランスの小説家・伝記作家。1911〜。《論12

『ドストエフスキイ伝』(1946年刊。村上香住子訳。中央公論社1982年刊。1988年に、同社より文庫本化)
大部の伝記。途中、主要作品論も含む。


〔ウラジミール・ナボコフ〕
ロシアの名門貴族出身のアメリカの作家・詩人。18991977《論12

『ロシア文学講義』(小笠原豊樹訳。1992TBSブリタニカ初版。)の中の「フョードル・ドストエフスキー」p123p174
『罪と罰』『地下室の手記』『白痴』『悪霊』『カラマーゾフの兄弟』に関するクールな論。


 

戻る