主要著作・論文

戻る


・邦訳されている分を中心に掲載。青字の書は、重要な「ドストエフスキー」論書。
・★を後ろに付している書は、現在、市販中の本。
・「」は、学術論文や、ある本の中の文章。
は、現在、所持の本。(は、近辺の図書館で借り出しが可能な本。)


<ロシア3

〔ミハイル・バフチン〕
文芸学者。18951951《論1
その著作は、1960年代になって相次いで刊行され、注目を集める。

『ドストエフスキー論―創作方法の諸問題』(新谷敬三郎訳。冬樹社1968年初版。)
『ドストエフスキーの詩学』(1929年。1963年に増補改訂版が出る。望月哲男・鈴木淳一訳。ちくま学芸文庫1995年初版。上書の増補新訳。)
5章。ドストエフスキーの小説の「ポリフォニー性、カーニバル性(4)」について論じ、1970年代以降のドストエフスキー研究に大きな影響を与える。末部に、訳者の望月哲男氏による各章の内容の詳しい解説があり。

〔シクロフスキー〕
作家・批評家。18931984
ロシア・フォルマリズムに属する人物であり、氏の「異化」理論は知られている。
『ドストエフスキー論―肯定と否定』(1957年刊。水野忠夫訳。勁草書房1967年刊。)
独自の文学的視点に基づいての『貧しき人々』『分身』『地下室の手記』『罪と罰』等の論。
スターリン批判後のドストエフスキー再評価のさきがけとなったドストエフスキー論書。

〔ヴェチェスラフ・イワーノフ〕
詩人・文芸理論家。ロシアの後期象徴派の理論的指導者。1924年、ローマに亡命。
氏のドストエフスキー論は、バフチンのポリフォニー論の母胎となる。18661949
「ドストエフスキーと悲劇小説」
〔『畔道』(1916年刊)に所収。1952年に、氏の評論集の中に入れて、英訳して出版。〕

〔トゥイニャーノフ〕
ラトヴィア出身のロシア文学史家。18941943
ロシア・フォルマリズムの流れに属する人。
「ドストエフスキーとゴーゴリ―パロディーの理論に向けて」(1921)
(
水野忠夫訳。集英社年1966年刊『現代評論集』、筑摩書房1975年刊『世界批評大系』第7巻、に所収)

 

戻る